国際恋愛・結婚

【外国人配偶者】日本で仕事を探す方法【日本語話せなくてもOK】

こんにちは。元国際結婚妻のシズです。

外国人が日本で仕事を探すのって結構大変ですよね。特に日本語があまり話せない場合は仕事探しに苦労すると思います。

私の元夫も日本語があまり話せないアメリカ人でしたが、日本に来てから1ヶ月程で無事に仕事を見つけることができました。

今回は私たち夫婦が仕事を探すときに使ったサービスや方法について、ご紹介します。

英語圏出身の外国人で配偶者ビザを持っている人であれば、仕事を見つけるのはそんなに難しくありませんよ。

スポンサーリンク

①外国人雇用サービスセンター

外国人雇用サービスセンターは、外国人専用のハローワークです。

私は関西に住んでいるので、大阪にある外国人雇用サービスセンターへ元夫と一緒に行きました。

大阪では月曜日~金曜日午後1時~6時まで英語の通訳さんがいるので、日本語が話せない人でも仕事の相談や登録をすることが可能です。

私たちが行ったときは、50代くらいの女性通訳者がとても親切に対応してくれました。

ただ結果をいうと、あまりいい仕事は見つかりませんでした。

というのも、元夫は日本でいう短大卒業資格しかなく、日本語も初級レベルだったからです。

この条件で応募できる仕事は、肉体労働や日本語があまり必要とされない工場の仕事だけでした。

アジア系の留学生などは日本語も堪能で文句を言わずコツコツとよく働くようで、日本企業も彼らのような労働者を欲しがっているみたいです。

【外国人雇用サービスセンター情報】

大阪センター:10:00-18:00(平日のみ)
東京センター:10:00-18:00(平日のみ)
名古屋センター:9:30-18:00(平日のみ)

外国人専用の求人サイト

一番手軽に仕事を探せるのがネットの求人サイトです。

でも求人サイトもいろいろあるので、どれを使ったらいいのかって迷っちゃいますよね。

私たちが利用した中で一番良かったのは、GaijinPot という求人サイトです。

このサイトは英語表記に変換できるので、日本語が読めなくても利用することができます。

求人の中で一番多いのが、英語講師の求人です。2番目に多いのはIT関連です。

サイト内でレジュメ(履歴書)を作成でき、そのレジュメで求人に応募することができるので便利です。

私の元夫もこのサイトで英語講師の仕事(正社員)を見つけることができました。

英会話スクールへ直接問い合わせる

ネットで住んでいる場所の近くで求人がなかった場合、近くの英会話スクールを探して直接問い合わせるという方法もあります。

まずネットで「○○(地名) 英会話」などのワードで検索し、近くの英会話スクールを探します。

英会話スクールの中には、スクールのホームページに採用情報を載せているところも結構あります。

採用情報があればそちらから応募し、ない場合は電話して採用を行ってないか問い合わせてみます。

採用情報をホームページに載せていない場合でも、採用を行っているということはあります。

もし採用を行っているなら応募方法を聞いて応募します。

とにかく仕事が見つかるまでは、どんどん積極的に問い合わせてみることをおすすめします。

頑張り過ぎないことも大事

仕事がなかなか見つからないとモチベーションも下がってくるし、生活の面でも不安になってくると思います。

私も夫が求職中のときは、二人とも精神的に結構やられました。

でも上手くいかないときは、一度仕事のことは忘れて2人の時間を楽しんでみてください。

仕事が決まらないことでケンカしちゃったり、二人の仲が険悪になるのは悲しいですよね。

私も最初は「日本語が話せない夫が仕事を見つけるなんて無理なのかもしれない…」と思ったことがありましたが、実際は全然そんなことありませんでした。

日本語が話せなくても英語ネイティブであれば、仕事を見つけるのはそこまで難しくありません。

頑張りすぎてしんどくならないよう、たまには息抜きもしてくださいね。