公開日:2017/04/24最終更新日:2017/07/13
就職・転職

30歳で未経験の私が事務職への転職を成功させた方法

こんにちは。20代はフリーターだったシズです。

20代のときにずっと接客バイトを続けていた私は30歳になったとき、「デスクワークがしたい!」 と思い、転職をしました。

今回はアルバイト経験しかなかった私がどのように事務職への転職を成功させたのか、お話します。

 

スポンサーリンク

事務職未経験ならコールセンターが狙い目!

私は30歳のときにコールセンターへ転職しました。コールセンターってあまりいいイメージないですよね?

私もそうでした。ではなぜコールセンターが狙い目なのか、お話していきます。

 

未経験OK

コールセンター求人の多くは「未経験歓迎」 です。というのは、入社後の研修制度が整っているから。

私は今まで3つのコールセンターを経験しましたが、どこも1ヶ月以上の研修期間がありました。

業種によっては研修期間に資格を取得できるところもあります。

私は自動車保険のコールセンターで働いていたのですが、ここでは保険の資格を取得させてもらえました。

 

学歴不問

コールセンターは学歴不問のところがほとんどです。

なので私のような高卒の方でも学歴を気にせずに応募することができます。

 

大量採用している

コールセンター求人は大量採用していることも多いです。そのため、面接に通りやすいです。

これ以外にも、同期入社がいると心強いというメリットもあります。

 

コールセンターで得られる経験・スキル

いいイメージのないコールセンターですが、ここで得られるスキルは事務職に直結するものばかりです。

 

タッチタイピング

私は30歳までタッチタイピングができませんでした。そして私はタッチタイピングをコールセンターで覚えました。

私が30歳で入社したコールセンターではタッチタイピングの研修もあったのです。

タッチタイピングは「慣れ」 なので、コールセンターで働けば確実にタイピングスキルを上げられます。

私は入社3ヶ月後には10分間で800字程度は入力できるようになっていました。

 

電話応対

まぁ、コールセンターなので電話対応は当たり前のようにできるようになります。

事務職の人でも電話が苦手という人は多いと思いますが、私は初めてがコールセンターだったので今は全く抵抗ありません。

コールセンターの場合、話し方やアクセントの研修もあるので電話に慣れるだけでなく、スムーズな電話対応ができるようになります。

私はこのおかげで、電話対応についてはどの会社でも綺麗だと褒められました。

ある会社では、受付時間外の留守メッセージの声を頼まれたこともあります。

 

専門知識

コールセンターで働くと、その業種の専門知識が得られます。

実は私は運転免許をもっていないのですが、自動車保険のコールセンターで働くことでかなり保険についての専門知識を得ました。

保険の資格はその後の転職にも活かせることができたので、最初はコールセンターでは働きたくないと思っていましたが、結果的に働いて良かったなと今では思います。

 

 

コールセンターの給料

コールセンターは完全な事務職よりも給料が高いです。それだけ大変な部分も多いですが。

私の場合、最低でも手取り18万円は稼いでいました。多いときだと24、5万円くらいでした。給料は業種によっても変わってきます。

一番給料が多かったのは携帯会社系列のコールセンターでした。(派遣社員で時給は1,600円くらいだったと思います)

 

スキルを身につけたあと事務職への転職

コールセンターでスキルを身につけるとその後、事務職への転職がしやすくなります

私はコールセンターを辞めた後は、留学カウンセラーや一般事務の仕事に就くことができました。

コールセンター経験があったからこそ、そこからステップアップできたのです。

正直30歳で未経験から事務職へ、いきなり転職するのは難しいです。

なので、まずは入社しやすいコールセンターでスキルと経験を積んでから、事務職へ転職することをオススメします。

※ちなみに派遣社員仲間の中で、一番評判の良かった派遣会社はリクルートスタッフィングでした。