生活の知恵

一人暮らしでゴキブリが出たときのベストな対処法

こんにちは、虫関係は大の苦手なシズです。

一人暮らしでゴキブリが出たら、自分で何とかしなくてはいけません。

でもゴキブリって見るだけで気持ち悪いし、触るのなんてとんでもないですよね?

そんなあなたに、ゴキブリが出たときのベストな対処法を教えてあげます。

スポンサーリンク

ゴキブリのベストな対処法

今住んでいるマンションは一度もゴキブリが出たことがなかったのですが、この前洗濯物を取り込んだときに外からゴキブリが入り込んできたんです。

ゴキブリを見た瞬間、恐怖と気持ち悪さで一瞬すくみましたが、このとき私は頭の中で瞬時にこう決断しました。

ゴキブリを一刻も早く部屋から出す!!

小さめのゴキブリだったのでティッシュを2枚重ねにしてゴキブリを掴み、外に出しました。

最初に言いましたが、私は虫関係が大の苦手です。

それでも私がゴキブリをティッシュで掴んだのは、これがベストな方法だと確信したからです。

一人暮らしでゴキブリが出たときのベストな対処法は、1分1秒でも早くゴキブリを退治すること!

一瞬の気持ち悪さとずっと続く気持ち悪さどっちがいい?

ゴキブリを掴むのは気持ち悪いです。でも気持ち悪いのは一瞬です。

この一瞬さえ我慢したら、後は安心して過ごすことができるのです。

でもゴキブリを退治するのに躊躇していたら、その時間だけ不快な時間を過ごさなくてはいけません。

もしゴキジェットを取りに行ってる間にゴキブリを見失ったら?部屋のどこかにゴキブリがいる恐怖をその後ずっと感じ続けることになります。

1分1秒でもゴキブリと過ごす時間を減らしたいのであれば、一刻も早く退治するのがベストです。

大きいゴキブリが出た場合のベストな対処法

さすがに大きいサイズのゴキブリは、ティッシュで掴むのは無理です。

すぐに退治できなさそうな大きさのゴキブリが出たときは、掃除機で吸い込んでやりましょう!

ただ、掃除機で吸い込んだとしてもゴキブリは死にません。でも掃除機で吸い込むと一時的に気絶するみたいです。

ゴキブリが気絶している間に、即座に掃除機からゴキブリを捨ててましょう!

一人暮らしの場合、コンパクトタイプの掃除機を使っている人が多いと思います。

このタイプは掃除機に溜まったゴミは掃除機をパカっと開いて捨てるタイプなので、直接ゴキブリを触らないで済みます。

念のために軍手をしておけばバッチリです。

軍手は100均で売ってあるので、常に家に常備しておくことをおすすめします。

ゴキブリを瞬殺できるのは打撃か熱湯

ゴキジェットとか洗剤で殺すという方法もありますが、これだとゴキブリを瞬殺できません。

どちらも部屋が汚れるので、後片付けも大変です。

ゴキブリを瞬殺できるのは、熱湯か打撃しかありません。

大きいゴキブリの場合、それこそ思いっきり叩かないと一撃で倒すのは難しいです。しかもこれだと接近戦になります。

熱湯をかけたらゴキブリを瞬殺できますが、そもそも熱湯を用意するのに時間がかかります。

ポットなどで常に熱いお湯が準備できている場合でないと、この方法は使えません。

まとめ

一人暮らしでゴキブリが出たときのベストな対処法は、瞬殺すること。

小さいタイプならティッシュで掴む、もしくは何かで叩いて殺す。

大きいタイプなら掃除機で吸って捨てる。

どれだけゴキブリと対峙する時間を減らすかがポイントです。

ゴキブリ退治するときは、ゴキブリをまともに見ないことも大事です。決してゴキブリに焦点を合わせてはいけません。

ゴキブリを直視すると、気持ち悪さで退治できなくなります。

攻撃を外さない程度に焦点をゴキブリから少しずらし、ボヤっと見えるくらいで退治するのがベストです。

モタモタしているとその分、記憶にゴキブリの印象が残ってしまいます。

怖いけど思い切って素早く退治すれば、その後は安心して過ごせるし気持ち悪さも後を引きません。