旅のお役立ち情報集

関空で一夜を過ごすならリフレッシュスクエアが安くておすすめ!

こんにちは。シズです。

私は海外旅行が好きなのですが、LCCのキャンペーンで安いチケットを取ったら出発時間が朝だったため前日に空港に前乗りしなくてはいけなくなってしまいました。

私は関西在住なのでいつも関空から飛行機に乗っているのですが、今まで早朝便は取ったことがなかったので出発前日に関空に前乗りして宿泊するという経験がありませんでした。

「前乗りするとは言ってもホテルは高いから使いたくない」
「でもさすがにベンチで寝るのは嫌だからちゃんと寝るスペースは確保したい」

そんな思いで関空で一夜を過ごせる格安のスポットを探していたところ、「リフレッシュスクエア」という施設が良さそうだったので利用することにしました。

実際に利用してみると安い割には結構快適だったので、関空に泊まるならリフレッシュスクエアがおすすめですよ!

今回は施設内の様子やお得に利用できる方法などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

関空のリフレッシュスクエアはこんな施設

関空のリフレッシュスクエアは分かりやすくいうとマンガ喫茶のような感じです。

このようにブースが並んでいます。入り口スペースは空いていて壁も結構低めなので個室って感じではないですが、私はさほど気になりませんでした。

ブースの種類は「グループルーム」と「個人ブース席」の2種類あり、個人ブースは「フラット」と「リクライニングチェア」があり、フラット席は床に横になって寝ることが出来ます。

リフレッシュスクエアの設備・料金

リフレッシュスクエアの個室内には下記の設備が付いています。

  • コンセント2つ
  • 簡易テーブル
  • ライト
  • ゴミ箱
  • 荷物入れ(かごタイプ)

Wifiも無料で使えるので、一晩過ごす分には特に不便はありませんでした。

施設内にはドリンクコーナーもあり、ドリンクは無料で飲み放題です。

ただ、施設内にトイレはないので、トイレはリフレッシュスクエアと同じフロアにあるローソン横のトイレまで行かなくてはいけません。

個室は入り口がオープンになっているので、トイレに行くときは貴重品などは必ず持参した方がいいですよ。

スーツケースはそのままブースに置いたままにしてましたが、特に問題はありませんでした。

リフレッシュスクエアの利用料金は下記の通りです。

  • 4時間まで:30分260円
  • 4時間以降:30分150円

関空のリフレッシュスクエアを使ってみた感想

施設内は思っていたよりも静かでした。空調は暖かい温度に設定されているので、寒くて寝れないということはないかと思います。

ただ、入ったときはちょうどいい温度だなと思っていたのですが、寝てたら暑くなってきたので室内の温度は少し高いくらいです。暑がりの人にとっては暑いくらいかもしれません。

私が利用したときは個室のフラットタイプが満室で仕方なくリクライニングチェアのお部屋にしたのですが、 ちょっと寝にくかったです。

足を置くオットマンがあるので足を伸ばして寝ることは可能です。

空室があるなら横になって寝れるフラットタイプの方が絶対いいと思います。

今後また関空で一夜を過ごさないといけなくなったら、私はまたリフレッシュスクエアを利用したいです。

リフレッシュスクエアを半額で利用する方法

関空のリフレッシュスクエアは8時間の利用だと3,280円かかりますが、この利用料金を半額にする方法があります。その方法は、

KIX-ITMカードを提示する

KIX-ITMカードとは、関空と伊丹空港でいろいろな優待サービスを受けられるカードです。年会費無料で作れるので、今後も関空・伊丹空港を利用するのであれば絶対作っておいた方がいいですよ。

カードはネットで会員登録を完了させ、空港で受け取ります。

KIX-ITMカードの詳細

カードを持っていればリフレッシュスクエアだけでなく、エアポートラウンジも半額で利用出来るようになります。

その他飲食店や免税店でも優待割引が適用されます。

関空のリフレッシュスクエアを利用するときの注意点

関空にはいくつか一夜を過ごせる施設がありますが、リフレッシュスクエアは安いので遅い時間になると満室になっている可能性があります。

私は22:30頃にチェックインをしたのですが、個人ブースのフラットタイプは既に満室でした。

その後23時頃には全室満室になっていたので、リフレッシュスクエアで一夜を過ごすなら22時頃にはチェックインしておいた方がいいと思います。

夜の時間帯に行くと受付が真っ暗で閉まっているように見えますが、受付に行けばスタッフの方が出てきてくれます。

関空で一夜を過ごすならリフレッシュスクエアが安くておすすめ

関空で一夜を過ごす方法はホテル・ラウンジ・ベンチ等がありますが、安くて人の目を気にせず寝たいのであればリフレッシュスクエアが断然おすすめです。

私はKIX-ITMカードを事前にネットから登録して当日空港で受け取ったので、22:30頃~6時頃までの利用で1,560円でした。

完全な個室というわけではありませんが、静かでプライベートな空間を確保できるので夜~朝まで過ごすくらいなら十分かなと思います。