フリーランス

ランサーズのバナーコンペに応募して気付いたこと【意外とレベル低い】

こんにちは。フリーランスWEBデザイナーのシズです。

最近デザインの勉強も兼ねてちょくちょくランサーズのコンペ案件に応募しています。

応募する前に私は必ず既に提案されている作品を全てチェックするのですが、作品を見ていて気付いたことがありました。

ランサーズって地雷クライアントの話はよく聞くけど、何気に地雷ランサーもめっちゃ多くない?

スポンサーリンク

ランサーズのバナーコンペは初心者が多い

初めてランサーズのバナーコンペに提案されている作品を見て思ったことは、

あれ?なんかデザインイケてなくない??

失礼ながらこんなことを思ってしまいました。

いうても私もデザインに関してはスキルも知識も少ないのですが、そんな私が見てもイケてないって思う作品が多かったんですよ。

そこで提案者のプロフィールを見てみると、案の定実績が少ない(もしくはゼロ)の人がほとんどでした。

恐らくランサーズ始めたばかりって実績0の状態で受注が難しいから、コンペに応募して実績を少しでも増やそうと考える人が多いんですよね。

私も同じ理由でコンペに応募しようと思ったし。

クライアントの依頼文をちゃんと読んでない人も結構いる

中にはクライアントの依頼文をちゃんと読んでない人も多くて、「ピンクベースで」って書かれてるのに青系ベースで提案していたりする人もいます。

クライアントの希望を汲み取ってピンクベースと青系で2つ提案するっていうのならまだ分かるんですが、全く希望とは別の色だけで提案とか自分の好み押し付けすぎでしょ(笑)

ひどい人の場合はクライアントの指定しているテキストを間違えている人なんかもいて、デザイン以前の問題だよねって思う人もいる。

ちゃんと文章が読めない人、日本語が理解できてない人って結構多いんだなって思いました。

バナーコンペに応募してる人の半分くらい独学者なのでは!?

これはなんとなくの予想なのですが、バナーコンペに応募している人の半分くらい(もしくはそれ以上)はWEBデザイン独学者な気がします。

WEBデザインって独学でも十分勉強できるし、今とか独学からフリーランスになる人も珍しくないですしね。

私がそもそもランサーズのコンペに応募しようと思ったのも、「これなら私でも勝負できそうだな」って思ったからでした。

よくよく考えれば実績のある人ならランサーズなんか利用しなくても受注出来そうだし、独学者や私のように経験少ない人が力試しに応募してるパターンが多そうな気がします。

ランサーズバナーコンペの賢い使い方

最近ランサーズのコンペ案件を見るのが趣味のようになっているのですが、使い方によってはすごく役に立つのでWEBデザイン勉強中の方は是非使ってみてください。

私がいつもどのように使っているのかと言うと、まず提案数が5件以上あるコンペを選び、提案されている作品を見ます。

一つ一つの作品を見ながら自分が思う悪いところ、いいところを書き出していきます。

悪いところはどうすれば改善されるのか?を考え、いいところは盗みます。

これらを踏まえた上で、自分でデザインを作成していきます。

既存バナーを模写するのも勉強になると思うのですが、このようにランサーズのコンペを利用すれば、実践的にデザインを勉強することが出来ます。

ランサーズ

WEBデザイン勉強中の人にはランサーズのコンペがおすすめ

実績のない人はポートフォリオに載せるために架空のバナーやサイトを作成する人も多いと思いますが、ランサーズのコンペを使用すれば、実践的に制作することが出来ます。

架空で制作する場合は向こう側にクライアントはいませんが、コンペの場合はクライアントが存在するのでクライアントの要望をいかに満たすかということを考えなくてはいけません。

架空のものを制作する場合はどうしても自分の好みのテイストになりがちだと思うので、幅広いデザインに対応出来るようになるのにもランサーズのコンペは利用して損はないと思います。

それにもし自分の作品が当選すれば、お金がもらえちゃいます。

どうせ制作するならお金が発生する可能性がある方が、モチベーションも上がるしいいですよね?

ランサーズ