フリーランス

初心者におすすめのランサーズ案件と受注できる提案文の書き方

こんにちは!WEBデザイナー兼ブロガーのシズです。

最近はWEBデザイナーやWEBプログラマーといったWEB系スキルを身につけようと頑張っている人が多いですが、そういう方の多くは最初の仕事受注にランサーズなどのクラウドソーシングを利用するかと思います。

でもランサーズってベテランの方も多く、初心者にとっては案件を受注するハードルが高く感じられたり、そもそも案件を自分のスキルでこなせるのだろうかと不安になる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、初心者におすすめのランサーズ案件と受注できる提案文の書き方をご紹介します。

私もWEBデザイナーとしては経験がまだまだ短くスキルもそこまで自信はありませんが、こんな私でも受注できたので大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

初心者におすすめのランサーズ案件

ランサーズの案件をちょくちょくチェックしていると、結構簡単な案件が出ていたりします。初心者はこういう案件を積極的に取っていくのがおすすめです。

既存サイトの修正はかなり狙い目

簡単な案件の例として、既存サイトの修正があります。

作業内容はサイト内の画像を差し替えたりテキストを変更したり、ちょっとしたデザイン変更などもあります。

私が最近受注した案件だと、WordPressサイト(個人ブログ)のロゴ画像変更とタイトル変更の方法を教えて欲しいというものがありました。

正直、これくらいの修正であればWEBデザインやプログラミングのスキルがなくても、WordPressでブログを運営している人なら多くの人が対応できる内容ですよね。

予算が5,000円以内ということだったので、私はこの案件を3,000円で受注しました。作業時間でいえば数分で終わるような作業なので、3,000円でも結構おいしいです。

サイト表示速度の改善も難易度低め

ちょくちょく出ている案件で比較的難易度が低いのがサイト表示速度の改善案件。

WEBデザイナーにとってはあまり関係のない仕事かもしれませんが…それでもWEBサイトを制作する上でこういう知識もあれば役には立ちますからね。

サイト表示速度の改善方法はググればいくらでも出てくるので、知識はあまりなくても対応出来るのではないかなと思います。

私も一度この案件を受注したことがありますが、10,000円くらいで受注しました。作業時間は数時間程度だったと思います。

最初は簡単な案件をこなして実績を増やすのがおすすめ

最初は実績もなく提案してもなかなか受注できないと思うので、単価が安くても簡単な案件をこなして実績を増やしていくのがいいと思います。

当然ながら簡単で狙い目の案件は他の人もすぐに目をつけるので、定期的にランサーズで新着案件をチェックしておくことをおすすめします。

ランサーズ

ランサーズで受注できる提案文の書き方

実績が少ない初心者でも、提案文の書き方次第で受注しやすくなります。

ランサーズで提案してもなかなか受注できないという方は、こちらを参考に提案文を見直してみてくださいね。

提案文は予めテンプレ化しておく

提案文に何を書くかということは予めテンプレ化しておきます。私の場合、

  • 簡単な自己紹介・実績
  • 見積り金額
  • 納品予定日数

上記3つはデフォルトで入れます。

提案文テンプレ例

はじめまして。WEB制作会社を経て現在はフリーランスとして活動しておりますWEBデザイナーのシズと申します。今回の◯◯(案件)に提案させていただきます。見積もり金額は◯◯円、◯営業日以内に納品させていただきます。

もし提案する案件に関する過去の実績があれば、これも自己紹介の後に加えます。例えばサイト表示速度改善案件だった場合、

過去にPageSpeed Insightsで◯から◯へ速度改善した実績があります。

といった文言を付け加えます。

SEO関連の案件であれば、ブログの運営実績も記載します。

ただ、これだけでは不十分で他者と差別化できないので、さらにここからもう一つ付け加えます。

自分だけのプラスアルファを提案する

デフォルトの提案文はおそらく他の人も同じようなことを書いていると思われるので、それだけで案件を受注することはかなり難しいと思います。

なので、さらに「自分だけの付加価値」を提案して他者と差別化を図ります。

例えば既存サイトの修正案件の場合、

もし私に受注いただけましたら、追加で一つデザインに関する無料相談に乗ります。簡単な作業であれば追加費用なしで作業も行います。

こんな感じで依頼内容だけでなく、プラスアルファのサービス提案すると受注しやすくなります。

提案は早ければ早いほど有利になる

良さそうな案件を見つけたら、締切まで余裕があったとしてもすぐに提案した方がいいです。なぜなら提案は早ければ早いほど有利になるからです。

依頼者は締切まで待った上で全ての提案を見て、その中から良さそうな人を一人選ぶというよりも、「この人にお願いしたい」という人がいれば締切を待たずに発注する人が多いです。

なので少しでも早く提案しないと、他の人に案件を持っていかれてしまいます。いい案件であればあるほどすぐになくなっちゃいますからね。

だから「コレ!」という案件を見つけたらその場ですぐに提案した方がいいですよ。

さっそくランサーズで案件を探してみる

受注後の作業の進め方とクライアントから信頼を得るコツ

実際に案件を受注した後の作業の進め方や、クライアントから信頼を得るために私がやっていることをご紹介します。

連絡は迅速丁寧が基本。でも休むときはちゃんと休む

フリーランスは守ってくれる会社がないので、個人で信頼を築かなくてはいけません。そしてクライアントとの信頼を築くための基本が迅速丁寧な連絡です。

ただ、あまりにこれを徹底すると自分をしんどい立場へ追い込んでしまいます。

フリーランスって会社員のように明確な休みがないので、クライアントからの連絡にいつでもすぐに返信していると、「24時間365日対応可能」みたいに思われてしまいます。

特にクライアントが個人の場合、夜中に連絡してきたりすることも珍しくありません。

だから私は自分の中で営業時間を決め、営業時間外は緊急時以外返信しないようにしています。

そして用事があって終日休みにするときは、クライアントにもしっかり「明日は終日お休みを頂きますため今後の連絡は◯日以降となります」と伝えるようにしています。

自分を追い込んでまで無理して働くと体が持たないので、フリーランスとはいえオンオフの切り替えはしっかりやっておいた方がいいと思います。

依頼内容をこなすだけでなくプラスアルファのサービスを提供する

案件を受けた場合は依頼内容だけでなく、プラスアルファのサービスも提供するよう心掛けています。

例えば私が最近受注した簡単な修正案件の場合、WordPressのログイン画面が初期設定のままだったので依頼内容には関係なかったもののクライアントに下記のような提案をしました。

サイトを拝見したところ、ログインページのセキュリティ対策がされておらずハッキングされやすい状況になっております。SiteGuard WP Pluginというプラグインの導入でセキュリティを向上して頂けますのですぐに導入されることをおすすめします。

このようにクライアントが気付いていないところを指摘して改善策を提案してあげれば、「教えてくれてありがとう!」ってなるのでこれだけでもクライアントから信頼を得ることができます。

単価の安い案件でも気になる点や改善策を提案すれば、追加作業を受注することができたりリピーターになってくれる可能性もあります。

依頼内容に関係のない相談や作業を依頼された場合の対応方法

簡単な案件ほど依頼内容に関係のない相談をされたりすることが多いです。特にクライアントが個人の場合。

正直どこまで対応するのかという線引が難しいところですが、何でもかんでも答えていたらキリがなくなってしまうのである程度の線引はしておいた方がいいです。じゃないと消耗しちゃいますからね。

私の場合、簡単な質問であれば依頼内容に関係なくても答えるようにしています。

ただ、一つ答えたことに対して次々と質問が重なってくるような場合には、「通常は費用を頂いて相談に乗らせて頂いていますのでこれ以上の要望があれば追加費用を頂いた上で対応いたします」と伝えます。

たまに依頼内容が完了した後に「これも可能ですか?」みたいに追加作業をサラッと言ってくる方もいますが、作業に多少時間がかかりそうな場合は「可能ですが別途作業が発生するので改めてお見積りさせていただきます」と追加費用をもらうようにしています。

誰にでも失敗はあるから失敗は恐れなくても大丈夫!

ランサーズで初めての案件を受注するって「完了できなかったらどうしよう…」とか「分からないことがあったらどうしよう…」ってすっごい不安になりますよね。

でも失敗したことない人なんていないから、そこまで心配しなくても大丈夫です!

私も途中終了されちゃった案件もあるし、イマイチな評価を付けられたこともあります。

「前に依頼した人が最後まで完成させらなかった」「途中で連絡が取れなくなった」という理由で再依頼を出すクライアントさんも結構います。

ぶっちゃけランサーズって地雷ランサーも結構いて、めっちゃ適当な仕事をしているランサーもいます。

だから最初は当たり前のことを当たり前にやる、問題が起こったらすぐにクライアントに報告する、最悪完了出来なかったら正直に伝えて謝る、ということをしっかりやっていれば大丈夫です。

そして一番ダメなのは、失敗を恐れて行動しないこと!

そもそも失敗せずにスキルと実績を積み上げていくなんてことは不可能です。だから最初は失敗を恐れずに行動あるのみですよ。

さっそくランサーズで案件を探してみる