公開日:2017/06/26最終更新日:2017/06/27
英語のコト

英語はできなくても生きていけるけど、英語は絶対出来た方がいいと私が思う5つの理由

こんにちは。英語はほぼ独学で習得したシズです。

日本に住んでいると、別に英語ができなくても問題なく生きていけます。

でも英語ができるようになると、「英語ができて良かった!」と思う場面が多々あります。

 

スポンサーリンク

友達の幅が広がる

英語ができると、日本人以外の友達を作ることができます。

世界にはいろんな文化があるので、日本人とは全く異なる考え方を持った友人ができます。

私は海外の文化に興味があるので、海外の友人と話すことが大好きです。

自分の知らなかったことを知れたり、新たな発見がたくさんあります。

 

なかなか話が合う人がいない…

そんな人は海外の人と話せば、意外と話が合ったりするかもしれません。

私は日本の「建前」という文化が好きでないので、建前がない海外の友人と話すのがラクで好きです。

 

出会いの幅が広がる

英語を話せると出会いの幅がグンと広がります。

例えば婚活をしているとします。

日本語しか話せない場合、当然相手は日本人(もしくは日本語が話せる外国人)となります。

これが英語を話せると、日本人に加えてネイティブ・英語が話せる外国人も入ってきます。

そうなると出会える異性の幅はグンと広がります。

 

なかなかいい人に出会えない…

そんな方は英語を勉強してみてはどうでしょうか?

 

入って来る情報量が増える

英語ができると入って来る情報量が増えます。

例えば何か知りたいことがあってネット検索するとします。

日本語しか分からないと、日本語のサイトからしか情報を得ることができません。

 

これが英語を読めると、英語のサイトからも情報を得ることができます。

海外旅行へ行く時など、英語が読めればよりお得な情報等を得られる機会が増えます。

 

仕事の幅が広がる

英語ができると仕事の幅が広がります。

例えば就職・転職活動をしているとします。

英語ができれば応募できる職種の幅が広がります。

また、海外での就職という選択肢も出てきます。

 

多様な考え方でできるようになる

海外の友人と話していると、日本人にはあまりない考え方を持っている人がたくさんいます。

何かで悩んだときやアドバイスが欲しいとき、外国人に相談すると新たな発見があったりします。

 

私がブログを書いて生活したいということを姉に相談すると、

考えが甘い。それで成功できる人は一握りだけ。

と厳しい意見が返ってきました。

ところがアメリカ人の旦那に相談すると、

それが本当にやりたいことならやった方がいいよ。

とポジティブな意見が返ってきました。

 

まとめ

英語は絶対出来た方がいい! とかえらそうなことを言いましたが、私の英語力はたいしたことありません。

TOEICは660点(リスニング400点、リーディング220点)だし、CASECは700点くらいです。

文法とか間違えまくります。

それでも外国人とコミュニケーションは問題なくとれます。

 

私くらいの英語力であれば、独学で十分習得できます。

視野を広げたい!

人生をもっと楽しくしたい!

そんな方はには是非、英語の習得をオススメします。

 

私が独学で英語を学習した方法がコチラ⇓