生き方

一人でも生きていける女になりたい

こんにちは、バツイチ独身のシズです。

私は離婚してからずっと、心のどこかにぽっかりと穴が空いたような感じでした。

そして、早く心から信頼できるパートナーを見つけたいと思っていました。

でも、心の寂しさを誰かで埋めようとしたり、寂しいときに誰かに頼らないと生きていけない女にはなりたくないなって思いました。

私は一人でも生きていける女になりたい。

スポンサーリンク

私は自分をもっと大事にしたい

「なんで私のことを分かってくれないの?」「私はこんなにもあなたに尽くしているのに…」

こういう女からは卒業したい。

人は人の行動や考え方を変えることはできない。それなのに今までの私は相手を変えようとしていたんだと思う。

それで自分の思い通りにならなかったら、勝手に傷ついたり機嫌悪くなっていた。

相手がじゃなくて、自分が自分を傷つけていたような気がする。

すっごい独りよがりだったような気もする。

勝手に相手に全力を注いで、自分の思ったことが返ってこなかったらがっかりしていた。

私が全力を注ぐべきものは他人ではなく自分なのに、それすら分かっていなかった。

私は自分をもっと大事にしないといけないなって思った。

私は与えられる人間になりたい

落ち込んだり元気がないときは誰かに励ましてほしい。

そう思っていたから、気持ちが沈んだときは優しい友達にばかり頼っていた。

自分が望んでいる言葉を与えてくれる友達を選んで、自分が欲しい言葉をもらっていた。

でも、自分が落ち込んだり元気がないときは、誰かに励ましてもらうのではなく、誰かを楽しませることで元気になりたい。

何かが足りないって思ったときは、もらおうとするんじゃなくて誰かにそれを与えようって思った。

何かを得ている人って何かを与えられる人だと思う。

だから自分が何かを得たいときは、まずは自分が与えないといけない。

これからはもらう立場じゃなくて、与えられる人間になりたい。

人と比べるのはもう止めたい

結婚して家族がいる人がずっと羨ましかった。

自分は結婚したけどうまくいかず、37歳でバツイチになってすごいみじめだった。

結婚したときは7歳も年下のアメリカ人と国際結婚したってことで、勝手に勝ち組のような気分になって調子に乗ってた。

だから離婚したときは誰にも言いたくなかったし、言えなかった。

結婚を快く認めてくれた両親にも、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

同年代の人は普通に結婚して家庭を築いているのに、それができない自分は欠陥のある人間なんだって思ってた。

でも誰かと比べて自分にはないからとか、自分にはできないからってそれがイコールダメ人間ってなるわけじゃない。

私の何がダメかって言ったら、自分の幸せを自分のものさしでなく他人のものさしで測っていたこと。

勝手に他人と比べてみじめになっているなんて、バカバカしい。

バツイチで独身でも、私は他人と比べずに自分の幸せを見つけたい。

一人でも生きていける女になりたい

結婚しなくても彼氏は欲しいなって思っていたけど、それって結局男の人に頼りたいなっていう甘えの気持ちだった。

寂しいときにそばにいて欲しいとか、優しくしてほしいとか、女性として扱ってほしいとか。

でもそういう人がいなくても、楽しく幸せに生きていける女に私はなりたい。

経済的にも精神的にも自立した、一人で生きていける女になりたい。

一人で生きていくっていうことは何も孤独に生きていくということではなくて、私には友達もいるし姉もいるし両親もいる。

これからだって新しい人との出会いはあるし、そういう人たちとの関係を大切にしながら、一人で生きていける女になりたい。

誰かが困っているときに何も考えずに手を差し伸べてあげられるような、器の大きい人間になりたい。

こんな風に思える私の今の人生は、バツイチで独身で無職だけどすごく幸せだと思う。