Amazonプライムビデオ

【神回】第1回M1グランプリの決勝進出コンビが豪華すぎ!【人気芸人】

こんにちは。シズです。

高校生の頃は芸人の追っかけをするくらい、お笑いが大好きでした。

今でもお笑いは大好きな私ですが、今日突然M1グランプリの第1回目が観たくなったのでAmazonプライムビデオで配信されている動画を観たんです。

そしたらM1グランプリの第1回目、いろいろスゴくて衝撃的でした。

今から約15年前2002年行われた第1回目ですが、これは神回かもしれません。

スポンサーリンク

2組を除いて決勝メンバーは全員売れっ子芸人

第1回目の決勝メンバーを1組残らず覚えているという人は、ほとんどいないのではないでしょうか?

私も覚えていたのは、優勝した中川家と準優勝だったハリガネロックだけです。

ハリガネロックは、私が追っかけをしていた高校生の頃に一番好きな芸人さんでした。

今は残念ながら解散してしまい、ユウキロックさんはピン芸人として活動を続けています。

ユウキロックさんとはお話をさせていただいたこともあるのですが、めちゃくちゃイイ人でファンをとても大事にしている人だなという印象でした。

そして他の決勝メンバーですが、こんなに豪華だったんです…!!

  • ますだおかだ
  • 麒麟
  • フットボールアワー
  • キングコング
  • チュートリアル
  • DonDokoDon
  • おぎやはぎ
  • アメリカザリガニ

アメリカザリガニ以外は全員売れっ子!

あ、DonDokoDonって今では知らない人もいるのかな?

DonDokoDonは、ぐっさんことあの山口智充さんと影がかなり薄い平畠啓史さんという方が組んでいたコンビです。

ぐっさんがコンビでM1の第1回目に出てたなんて、全然覚えていませんでした。

今では売れっ子のおぎやはぎですが、結果は断トツで最下位だったんですよ。ビックリですよね。

ちなみに第1回目の点数結果は以下の通りです。

  1. 中川家:829
  2. ハリガネロック:809
  3. アメリカザリガニ:796
  4. ますだおかだ:770
  5. 麒麟:741
  6. フットボールアワー:726
  7. キングコング:707
  8. チュートリアル:637
  9. DonDokoDon:614
  10. おぎやはぎ:540

トップバッターでネタを披露した中川家が1位に、ラストでネタを披露したハリガネロックが2位という結果でした。

今では上位3組がもう一度ネタを披露して優勝者が決まるというルールですが、このときはトップ2組のガチンコ決戦でした。

審査員松ちゃんの評価がかなり厳しい

第1回目ということもあり、点数の付け方はかなり難しかったんだと思います。

審査員は島田紳助・松本人志・鴻上尚史・ラサール石井・春風亭小朝・青島幸男・西川きよしの計7人。

鴻上尚史さんという見慣れない方がいますが、この方は演出家さんです。

トップの点数を取ったのは中川家でしたが、中川家につけた松ちゃんの点数は70点。結構厳しい点数ですよね…

その他のコンビにも、松ちゃんはかなり低い点数をつけています。

  • フットボールアワー:55点
  • チュートリアル:50点
  • おぎやはぎ:60点
  • キングコング:55点
  • 麒麟:75点
  • ますだおかだ:70点
  • DonDokoDon:65点
  • ハリガネロック:60点

一番高い麒麟でも75点というかなりの厳しさ。最低のチュートリアルとか50点ですからね。

最近だと70点代すらあまり見ないですよね。

漫才のレベルが上がったのか、それとも点数の付け方が変わっていったのか…

司会者のアシスタントがグダグダすぎる

M1グランプリ第1回目の司会者は島田紳助でしたが、そのアシスタントとして赤坂泰彦と菊川怜が務めていました。

このアシスタントの2人のグダグダっぷりがスゴイ。

赤坂は中川家のことを石川家って間違えたかと思うと、今度はハリガネロックのことをアメリカンロックという始末。

コンビ名間違えすぎだろ。

そして菊川怜ですが、トップバッターでネタを披露した中川家にインタビューしてくださいと島田紳助から言われ、無言で中川家にマイクを突き出します。

「なんか言うてくださいよ」と礼二に突っ込まれた菊川怜は、

「言いたいことを仰ってください」

と一言。いやいやいや、そんなインタビューの仕方ある!?ヘタクソすぎでしょ(笑)

こんな風にグダグダだった二人は当然、2回目にはアシスタントを外されていました。

最近は上戸彩がアシスタントをしていますが、安定しているから安心して観られますね。

芸人さんがめっちゃ若くて新鮮!!

今から15年も前なので、芸人さんがめちゃくちゃ若くて新鮮です。

フットののんちゃんは髪の毛がふさふさでまだハゲてる様子はないし、後藤さんもめっちゃ若い。

チュートの徳井さんは髪の毛ツンツンに立ててるし、福田さんとか顔が全然違う!

今売れている芸人さんの若い頃っていうのも、なかなか新鮮で面白いです。

中にはほとんど変わってないような人もいますけどね(笑)

お客さんの反応もすごいシビア

M1の第1回目、お客さんの反応もすごいシビアで芸人さんは漫才やりにくかっただろうなーって思います。

芸人さんが一生懸命漫才をしているわけですが、お客さんが全く笑わないという場面も結構あります。

点数が断トツで低かったおぎやはぎですが、今見たらそんなにつまらない感じでもないんですけどね。

今のおぎやはぎを知ってるからそう思うのかな?

はっきり言って、お客さんの反応を見てたら誰が高得点出るかってすぐ分かります。

やっぱり中川家とハリガネロックはウケてましたからねー。

準優勝のコンビが売れるというジンクスがなかった第1回

何回目からでしょうか?準優勝のコンビが売れるというジンクスが生まれましたよね。

南海キャンディーズとかオードリーとか。千鳥や麒麟も売れましたよね。

でも第1回の準優勝コンビ、ハリガネロックは全然売れませんでした…悲しすぎる。

私はファイナルのネタ、ハリガネロックの方が面白かったんだけどなー。

3位のアメリカザリガニも全然売れなかったですよね。

でも第1回に出場したコンビのうち3組(ますおか・フット・チュート)が後に優勝者になってるというのはスゴイですよね。

M1グランプリ第1回は神回

出場コンビの豪華さだけでも、M1グランプリの第1回って神回になるのではないでしょうか。

今ではテレビでネタを観ることがないおぎやはぎやキングコングのネタも観れるし、ぐっさんの漫才も観れますからね。

そして売れっ子芸人が思いっきりスベってる場面も見ることができます(笑)

久しぶりに観たらなかなか面白かったので、他の回も観てみようかなーなんて思ってます。

過去のM1グランプリを観る方法

過去のM1グランプリは、Amazonプライムビデオで見ることができます。

Amazonプライムビデオは、Amazonのプライム会員になると利用することができます。

AmazonはHuluやNetflixなど、他の動画サービスに比べると月額料金が400円とめちゃくちゃ安いです。

これだけ安いのに、動画以外にもいろいろな音楽が聴けるAmazonミュージックや本が無料で読めるPrime Readingなど、さまざまなサービスを利用することができます!

特にお笑い系の番組は、地上波では見れないような放送ギリギリのものがたくさん揃ってます。

芸人同士の密室笑わせ合いサバイバル「ドキュメンタル」は本当に面白いので、まだ観てない方は是非チェックしてみてください!

無料体験なら、30日間無料でAmazonプライムの全てのサービスを利用することができますよ。