Netflix

【Netflix】アレクサ&ケイティのあらすじと感想

こんにちは。Netflixドラマが大好きなシズです。

最近はサスペンス系ばかり観ていたのですが、今回は新たに配信された「アレクサ&ケイティ」を観たのであらすじと感想をお届けします!

1話30分程度のコメディ&青春ドラマです!

スポンサーリンク

アレクサ&ケイティのあらすじ

主人公のアレクサとケイティは親友で大の仲良し。

中学を卒業して新しく始まる高校生活に胸を躍らせる二人ですが、アレクサは白血病を抱えているので普通の女子高生と同じような生活はできません。

病気でツライ想いを抱えるアレクサを親友のケイティが支え、どんなときも一緒に乗り越えると約束します。

アレクサとケイティの友情を描いた物語ではありますが、しんみりしたものではなくバックに笑い声が入るようなコメディタッチのドラマとなっています。

アレクサが病気を隠したい理由

白血病の主人公であるアレクサは、学校では自分が病気だということを隠しています。

病気のせいで行動を制約されるアレクサですが、病気を隠しているので出来ない理由を言うことができません。

いっそ病気のことを言ってしまえばわざわざ理由を考える必要もないのに…と思うのですが、アレクサが病気を隠したいのには理由がありました。

私は大きな病気になったことはないのでアレクサの気持ちは分かりませんが、やっぱり病気であるということで自分だけ特別扱いされるのって嫌なんでしょうね。

周りから優しくされるのは嫌なことではないものの、あまりにそれがいきすぎるとウンザリしてしまいます。

コメディドラマながらも「病気を抱える思春期の女の子がどんなことを考えているのか」ということがよく分かり、考えさせられるドラマです。

学校で始まる「病気の子」探し

アレクサの病気のことを知っているのは親友のケイティとその他仲のいい友達二人だけでしたが、このうちの一人が「白血病の子が学校にいる」ということを話してしまいます。

それから学校ではいろんな生徒が「病気の子」探しを始めます。

「いつも顔色が悪い○○がきっと病気なんだ」とか、「○○が白血病らしいよ」など、学校内では全く根も葉もない噂がどんどん広まっていきます。

自分の関係ないところで勝手に噂が広まっていくのってすごい嫌ですよね。

アレクサ&ケイティを観た感想

とりあえず配信されてすぐに1話を観てみましたが、正直そこまで面白いとは思いませんでした。

後ろに笑い声が入っているのもなんか古い感じがします。

笑い声が入るコメディといえば「フルハウス」や「フレンズ」を思い出しますが、このドラマの笑いはそこまで面白くないんですよねぇ…。

「白血病を抱えた女の子」というシリアスな背景をコメディにしちゃうのは結構斬新だと思うのですが、笑いのクオリティがちょっと低いなという印象でした。

ただ1話25分程度でサクっと観れちゃうので、暇なときに少しずつ観ています。

少しずつ面白くなってくるかな~と期待しながら観ているのですが、6話まで観たところでまだそこまで盛り上がりはない感じです。

Netflix以外でおすすめの動画サービス

私は現在Netflix以外に、HuluAmazonプライムビデオを利用しています。

Huluは「Huluプレミア」というサービスがあり、他の動画サービスでは配信されていない日本初上陸の海外ドラマを最速で観ることができます。

Huluの無料トライアルなら2週間無料で全動画が見放題ですよ。

そしてAmazonプライムビデオは、地上波では絶対に見られないような放送禁止レベルのバラエティ番組が見られます。

特にダウンタウンの松ちゃんがホストを務める、芸人同士の密室笑わせ合いサバイバル「ドキュメンタル」は必見です!

Amazonは30日間の無料お試しがあるので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?