国際恋愛・結婚

アメリカ人はノロに罹っても平気らしい…!!

こんにちは。シズです。

旦那がまだアメリカに住んでいたときの話しですが、ある日こんなメッセージがLINEに送られてきました。

「I have the norovirus.(ノロになっちゃった)」

ノロといえばあの死ぬほど辛いと言われているウィルスです。急いで旦那に連絡をすると、普段と変わらない様子の旦那声が聞こえてきました。

どうやら日本人とアメリカ人って症状が違うようです…

スポンサーリンク

アメリカ人はノロに慣れている!?

私はノロに今までかかったことがないので実際どれくらい辛いのかはわからないけど、ネットで調べると「死んだ方がマシ」とか出てきて、絶対感染したくない! って思いました。

ノロはアメリカ発症の病気

急いで旦那に連絡をした私は旦那に聞きました。

「ノロって死ぬほど辛いって聞いたけど、大丈夫なん!?」

そうすると旦那は一言。

「たいしたことないよ。」

え? そうなん?? 聞くところによると、ノロはもともとアメリカ発症の病気だからアメリカ人の体はウィルスに慣れているのだとか。

日本人が死ぬほど症状に苦しむのに、アメリカ人はたいしたことないってちょっとビックリですよね。

アメリカ人がノロに感染しても大丈夫なワケ

看護師の友人にこのことを話すと、ちょっと面白い話を聞くことができました。

ノロはアメリカ発症ということもありアメリカ人の場合、多くの大人がこれまでノロウィルスに感染しています。そのため、アメリカではノロウィルスは大人から大人へ感染するパターンが多いのです。

大人から感染した場合、ウィルスは前の人の体の中で免疫力にある程度やっつけられて弱くなっています。その弱くなったウィルスに感染するので、症状があまりひどくならないというわけ。

日本人がノロにかかると辛いワケ

日本の場合、ノロは子供が感染することが多いのです。子供は大人に比べてウィルスと戦う力が弱いため、子供から感染すると強いままのウィルスが体内に入ることになります。

私たちはその強敵と戦わなければいけないので強い吐き気や下痢といった症状が出てしまうのです。症状が出るということはウィルスと戦っているということですもんね。

ノロウィルスをやっつける薬はない

なんと、こんなに医学が進歩している今でもノロを治す薬はまだ開発されていないのです。つまり、感染すると死ぬほど苦しまなくてはなりません…なんて恐ろしい。

ではなぜノロを治す薬はいまだ開発されていないのでしょうか? 調べてみると、ノロウィルスは人間の体内でのみ培養可能なウィルスなのです。

人の腸内でしか増殖しないウィルスなので、このウィルスに有効な薬の研究が非常に難しいというのが現状です。

つまり、感染を予防するしか苦しまない道はないのです!!

アメリカ人にとってのノロは、全然たいしたことないみたいでした

旦那からノロに罹ったと連絡を受けたとき、ちょうど数日後に旦那が来日する予定でした。

ウィルスを持ってこられちゃたまらん、絶対移されたくない!と思っていたのですが、無事私はノロに罹ることなく平穏に過ごすことが出来ました。

ノロに罹ると死ぬほど辛いと思っていた私ですが、アメリカ人の彼にとっては全然たいしたことないみたいでした。