コラム

頑張れば頑張るほど報われない会社員という働き方が私はイヤだった

こんにちは!シズです。

私は会社員という働き方がイヤで、38歳でフリーランスになりました。

会社員として働く中でイヤなことはいろいろあったのですが、その中でも「頑張れば頑張るほど報われない」というのがすごくイヤでした。

会社員って真面目な人ほど損をして、いい加減な人ほど楽してるっていう感じじゃないですか?

スポンサーリンク

会社員は頑張れば頑張るほど報われずに消耗する

私は負けず嫌いな性格なので、会社員時代は人一倍仕事は頑張っていました。

女だからと言って男には負けたくなかったし、やるからには人よりも成果を出したいっていう気持ちも大きくて。

だからコールセンターで働いていたときは、同期の中でも処理件数はトップの方だったし、成績優秀者として表彰されたこともありました。

留学カウンセラー時代もカウンセリングをしたお客さんから結構申し込みは取っていたし、仕事の処理件数も他の人より多かったと思います。

でもこんな風に仕事を進めていく中で、私にはいつも不満に思うことがありました。それは、

仕事を早くこなせばこなすほど自分の仕事がどんどん増えていき、同じ給料で働いている他の人よりも自分だけ明らかに仕事量が多い。

確かに仕事が早かったりこなす仕事の量が多いと上司からは評価される。でもそれが給料や昇進に直結するわけではない。

結局会社の中でどれだけ頑張っても報われるどころか自分が消耗するだけなんですよね。

こんな状況の中で働いているうちに、真面目に働いている自分がだんだんバカらしくなっていきました。

会社員はいい加減な人や手を抜いている人の方が得をしてる気がする

会社で働いているときにいつも思っていたのですが、手を抜いている人やいい加減な人の方が楽をしていてストレスなく働いてません?

私は変に完璧主義というかプライドが高かったので、自分が失敗することを許せなくて失敗しないようにいつも気を張って仕事をしていたのですが、お気楽な同期なんかはミスは多いものの、それを特に気にせず働いていました。

でもそういう子に限って愛嬌があったり愛想が良くて、ミスをしてもそこまで責められることはなくむしろ先輩や上司に可愛がられてたりするんですよね。

私は分からないことや理解できないことがあると自分がちゃんと理解できるまでトコトン聞いてしまう性格だったので、きっと上の人からは「めんどくさい子」って思われていたと思います。

会社員時代はいつも、いい加減な人や手を抜いている人を見て「この人たちの方が自分より絶対得してるよなー」って思っていました。

手を抜いたら楽になるかもしれない。でもそんなの全然楽しくない

真面目に頑張っている自分がバカらしくなって手を抜こうと思ったこともあるのですが、やっぱり手を抜いて仕事するのってなんか自分の中で違和感があって。

会社員って極端な話、どれだけ仕事ができなくても勤務時間会社にいれば給料はちゃんともらえるじゃないですか?

だから自分が手を抜こうが一生懸命頑張ろうが給料は変わらないんだけど、それでも私は「手を抜いて働く」っていうのがどうしてもできませんでした。

「給料がもらえればそれでいいやー」って思う人もいるのかもしれないけど、私はそんな働き方って全然楽しくないなって思うんです。

どんな仕事であったとしても、工夫したり頭を使ってその仕事をこなせば自分の中で何かしらのスキルアップに繋がると思うんですね。

でも何も考えずにただ目の前のことをこなしているだけだったら、人間いつまで経っても成長しないですよね?

どうせ仕事をするなら給料をもらうためだけに働くのではなく、私は自分を成長させるために働きたいです。

みなさんはどんな風に働きたいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA