公開日:2017/07/07最終更新日:2017/07/13
美味しんぼ

アニメ【美味しんぼ】第1話「究極のメニュー」はまさに確信をついている

こんにちは、シズです。

古いアニメってたまに無性に見たくなりませんか?

私もつい先日、Huluで「美味しんぼ」 を見つけて無性に見たくなりました。

すごい古いアニメですが、第1話はまさに確信をついた内容でした。

 

スポンサーリンク

時代を感じさせるところが面白い

美味しんぼは1988年~1992年にテレビ放映されていたアニメです。

なんと今から30年くらい前のアニメなんですね…!!

それだけ古いアニメなので、随所に時代を感じさせる描写があります。

最初にぷぷっと笑ってしまったのが、ヒロイン「栗田ゆう子(くりたゆうこ)」 の登場シーン。

1話の最初に栗田ゆうこがナレーション風に自ら自己紹介をしている場面があるのですが、

好きなタイプは少年隊の東

うわ~めっちゃ時代感じるわ~

って思っちゃいました。

ちなみに少年隊の東とは、東山紀之のことです。

 

主人公の山岡士郎がイメージと違った

美味しんぼって有名だから知ってたけど、実はちゃんと観たことはなかったんですよね。

だから主人公の山岡士郎(やまおかしろう)って、紳士的なキャラだと勝手に思ってたんです。

そしたら全然違った。

会社で一夜を明かして雑巾で洗った顔を拭き、勤務中に競馬場へ行く始末…

こんなダメキャラだったのか。

 

山岡士郎のするどい指摘はまさに確信をついている

新聞社で働く山岡士郎と栗田はるみは第1話で、「究極のメニュー」 作りのメンバーとして抜擢されます。

各界の食通の先生らが集まるその打ち合わせで先生たちは皆、究極のメニューの食材として以下のようなものを提案します。

  • 黒海のキャビア
  • タイのツバメの巣
  • フランスのフォアグラ

これを山岡は一刀両断。

外国人が上手いって言うからその尻馬に乗ってありがたがってるけど、有名ブランド商品をありがたがるのと同じ。中身じゃなく名前をありがたがってるだけなんじゃないの?

確かにフォアグラとかキャビアって世界三大珍味と呼ばれてるから、美味しくなくても美味しいような気がしてしまうよね。。。

あれ? 私どっちか食べたことあったっけ?? …ないわ。

もっと身近なもので言うと、「アンリシャルパンティエ」のケーキって人気だけど、私はあんまり好きじゃない。

 

山岡が提案した食材とは?

フォアグラをバカにした山岡は、食通の先生たちに一番いいと思うフォアグラを用意してもらうよう依頼をします。

そして、それより遥かに旨いものを味わわせると約束。

そんな山岡が用意したものは、

 

あんこうの肝

 

自ら漁について行き、捕れたその場でさばいたものを用意したのです。

 

あん肝がフォアグラより美味しい理由に納得

あん肝を食べた食通たちは美味しいにもかかわらず、「こんな下等なものがフォアグラを上回るはずがない」 と納得しません。

そこで放った山岡の一言に、私はすごい納得させられました。

深海の自然の中で育った健康そのもののあんこうの肝臓と、人間の小賢しい悪知恵で作りだした病的な肝臓と果たしてどちらが上手いか

フォアグラってガチョウに茹でたとうもろこしを大量に食べさせ、運動をさせずに太らせてその肥大化した肝臓で作られてるんですよね。

これを聞くとフォアグラってめっちゃ人工物やん!! って思っちゃいません?

そしてさらに追い打ちをかける一言。

このあんこうは捕れたその場で調理した。フランスから送って来たフォアグラとは鮮度も天と地の差がある

ここまで言われたらもう、納得せずにはいられないですよね。

これを観て、私の中でフォアグラの地位は一気に下がってしまいましたw

 

第1話を観た感想まとめ

私は美味しんぼを、「美味しい料理がいっぱい出てくるマンガでしょ?」 って思ってました。

「観てて美味しいアニメ」 として軽い気持ちで観はじめたのですが、思ってた以上に深かった!!

めっちゃ昔のアニメなのに、今観ても納得させられるような内容ってちょっとすごいですよね。

予想以上に面白かったので、引き続き観ていこうと思います。

 

美味しんぼはHuluで観れます