公開日:2017/05/03
英語のコト

オンライン英会話は安くて便利だけど初心者には向いていないと私が思う理由

こんにちは! 英語はほぼ独学で学んだシズです。

オンライン英会話って安くて便利ですよね。実は私も以前、DMM英会話でレッスンを受けていました。

私は英語をもっとスムーズに話せるようになりたいと思って始めたオンライン英会話ですが、やってみてこれは初心者向けじゃないなと感じました。

今回は私が「オンライン英会話は初心者には向いていない」 と思う理由について、お話します。

 

スポンサーリンク

講師のほとんどがフィリピン人

オンライン英会話は講師のほとんどがフィリピン人です。彼らはもちろん、日本語が話せません。つまり、オンライン英会話の授業は全て英語で進められます。

初心者の場合、まず講師が言っている英語が理解できません。ここでフラストレーションが溜まります。そして日本人に多いのが、「分からないのに分かったフリをする」 ということ。

これが原因で結局講師が何を言っているのかよく分からないまま授業が進み、何も得られないまま授業が終わってしまいます。

 

オンライン英会話に必要な英語レベル

では、オンライン英会話を受講するにあたってどのくらいの英語レベルがあればいいのでしょうか? 私は最低これくらいは必要だと思います。

  • 英語で自己紹介ができる
  • 英語で質問ができる

オンライン英会話にはたくさんの講師が在籍しています。初めての講師の場合は大体自己紹介から授業が始まります。ここで自己紹介ができないことには何も始まりません。

また、分からないことがあったときに質問できないと意味がありません。なので、最低でも「英語で自己紹介ができる」「英語で質問が出来る」 この2点はクリアしておくことをお勧めします。

 

自己紹介に使える英語表現

では、英語初心者の方でも簡単に覚えられる自己紹介に使える英語表現をいくつか紹介します。

 

名乗り

  • My name is Shizu.(私の名前はシズと言います)
  • I’m Shizu.(私はシズと言います)

「My name  is~」 の方がちょっとかしこまった感じになります。私は「I’m~」 の方をよく使います。

 

出身地

  • I was born in Hyogo.(私は兵庫で生まれました)
  • アイ ワズ ボーイン ヒョーゴ
  • I grow up in Hyogo.(私は兵庫で育ちました) 
  • アイ グローナッピン ヒョーゴ
  • I live in Hyogo.(私は兵庫に住んでいます)
  • アイ リヴィン ヒョーゴ

読み方もカタカナで書いてみました。カタカナなのでちょっと変ですが、上記のように読んでもらえるとよりネイティブっぽく聞こえるかと思います。

東京や大阪であれば外国人でも知っていることが多いですが、それ以外の地名の場合は補足説明ができるとなお良いです。

  • Hyogo is next to Osaka.(兵庫は大阪の隣です)
  • ヒョーゴ イズ ネクストゥ オーサカ
  • Akita is north area in Japan.(秋田は日本の北の方にあります)
  • アキタ イズ ノースエリア イン ジャパン

 

趣味・好きなもの

  • I like Traveling.(私は旅行が好きです)
  • ア ライク トゥラベリング
  • I’m into writing blogs.(私はブログにハマっています)
  • アム イントゥ ライティング ブログ
  • I love cats.(私は猫が大好きです)
  • ア ラブ キャッツ

趣味といえば思い浮かぶのは「Hobby」 というワードですが、ネイティブはほとんどこのワードは使いません。もちろん、「My hobby is~」 でも十分伝わりますが、上記の言い方の方がナチュラルなのでオススメです。

I’m into~」 を使えば「今○○にハマっています」 という表現になります。intoの後ろは動名詞を使用することがポイントです。動名詞とは「Playing」とか「Watching」とか動詞にingを付けることで名詞になるワードです。

LikeとLoveの使い分けは単純に、

  • 好きなもの=Like
  • 大好きなもの=Love

で使用すればOkです!

発音ですが、「I」は「アイ」ではなく「ア」と発音した方がネイティブっぽくなります。

 

質問するときに使える英語表現

では続いて質問するときや分からないことがあった場合に使える英語表現を紹介します。

 

  • もう一度言ってもらえますか?:Can you say that again?
  • ケニュー セイダラゲン?
  • もう少しゆっくり話してもらえますか?:Can you speak a little slower?
  • ケニュー スピーカ リル スローワー?
  • もう少し大きな声で話してもらえますか?:Can you speak a little louder?
  • ケニュー スピーカ リル ラウダー?
  • あなたの言っていることが分かりません:I don’t understand what you said.
  • アィ ドン アンダースタン ワッチューセッ

 

カタカナ発音部分何コレ? って感じかと思いますが、騙されたと思って使ってみてください。普段初心者が使いがちなカタカナ英語よりも絶対通じます。私が出来るだけネイティブっぽくなるように考えました。

「~してもらえますか」 というときは「Can you~」 を使います。どちらかというとカジュアルな表現ですが、オンライン英会話であればこの表現でいいと思います。

ちなみに「Would you~」に置き換えるとかなり丁寧な表現となります。フィリピン人講師はフランクで気さくな人が多いので、カジュアルな英語で全然OKです。

 

オンライン英会話は学んだことを実践する場所

私はオンライン英会話は「英語を学ぶ場所」というよりも「学んだ英語を実践する場所」 だと思っています。なので、初心者の人はいきなりオンライン英会話を始めるのではなく、ある程度自己学習してから使用するのがベストだと思います。

オンライン英会話のほとんどがレッスン20分~30分程度です。この短い時間で英語を学ぶのはかなり難しいです。なので、この短い時間をより効率的に使うためには予習がかなり重要になってきます。

DMMのオンライン英会話はいろいろなテキストが用意されているので、事前に自分に合ったテキストで予習しておけば授業をスムーズに進めることができます。