ブログカスタマイズ

WordPressでパンくずリストを設定する方法とカスタマイズ

こんにちは、シズです。

パンくずリストはSEO的にも読者のためにも設置したほうがいいということだったので、設置することにしました。

今回は私が使用したプラグインやその設定、カスタマイズ方法などを紹介します。

スポンサーリンク

まずはプラグイン「Breadcrumb NavXT」をインストール

パンくずリストを設定するために、私は「Breadcrumb NavXT」というプラグインを選びました。

日本語で設定できることと、設定が簡単そうだったのでこのプラグインにしました。

プラグインメニューから新規追加を選び、検索窓でBreadcrumb NavXTを検索し、インストールします。

インストールが完了したら、プラグインを有効化します。

header.phpにコードを追加する

プラグインを有効化しても、ブログにパンくずリストはまだ表示されません。

表示させるためには、header.phpにコードを追加する必要があります。

外観→テーマの編集から、header.phpの編集画面に行きます。

そして以下のコードを最後に追加します。

これでひとまず、パンくずリストの設置は完了です。

Breadcrumb NavXTの設定

まず一般タブについては、「ホームページパンくず」の「パンくずにホームページを含める」にチェックを入れます。

その他の項目はデフォルトのままで大丈夫です。

そして投稿タイプタブは、「投稿階層表示」の「パンくずリストで投稿を下記の設定に基づいて階層化して表示します」にチェック。

投稿階層はカテゴリを選択します。

最初の設定はこれだけでOKです。

パンくずリストの一番最初の表記をブログタイトルから任意の文字に変更する

設置後にブログを見てみると、パンくずの一番最初の表記がブログタイトルになってしまっています。

これをBreadcrumb NavXTの設定画面から、任意の文字に変更します。

設定画面の「一般タブ」にあるホームページテンプレートのコードをいじることで、任意の文字に変更することができます。

コードの中から、「<span property=”name”>%htitle%</span>」の表記を探します。

見つかったらこのコードの「%htitle%」の部分を任意の文字に変更します。

私は「Home」に変更をしました。

すると、パンくずリストがこのように変更されます。

パンくずリストのフォントサイズを変更する

パンくずリストの文字の大きさを変更したい場合は、CSSにコードを追加するだけでOKです。

外観→テーマの編集からスタイルシート(style.css)の画面を開き、最後に以下のコードを追加します。

私は10pxにしていますが、この部分を変更すれば、好きな文字サイズに変更することができます。

トップページを開いたときに表示されるサイトタイトルを非表示にする

パンくずリストを設置すると、トップページにはサイトタイトルが表示されるようになります。

これも設定画面から非表示にすることができます。

設定画面の一般タブからホームページテンプレート(リンクなし)のコードにある、「%htitle%」の部分を削除します。

すると、トップページに表示されていたサイトタイトルが、非表示になります。

削除する代わりに任意の文字に変更すると、その文字が表示されるようになります。

「TOP」や「ホーム」などを表示させたい方は、これらの文字を%htitle%を削除した部分に入力してください。

回遊率を上げるためにも、パンくずリストの設定は必須!!

ブログを始めて5ヶ月でようやくパンくずリストを設置した私ですが、やっぱりパンくずリストの設置は必須ですね!

よくよく考えると、パンくずリストがないと読者側からしたらちょっと不便ですよね。

回遊率を上げるために内部リンクはとても重要ですが、パンくずリストも大事です!!

まぁ、有料テーマを選べばパンくずリストもデフォルトで設置されているような気もするのですが…。

「めんどくさいカスタマイズは今後したくない!」 という方は、デフォルトでいろいろ揃っていてカスタマイズの必要がないWordPressテーマ「ストーク」をおすすめします。