フリーターからの就職

フリーター卒業したい!と思ったらまずやるべきこと【就職活動の始め方】

「フリーター卒業したいけど自分に出来る仕事って何なんだろう?」
「アルバイト経験しかないけど就職活動ってどうやればいいの?」
「フリーターから正社員への転職って難しいのかな?」

こんな疑問にお答えします。

今回の内容

  • 自分の経験やスキルで出来る仕事を調べる方法
  • 無料でスキルを身につける方法
  • フリーターから正社員への転職は難しくない
  • フリーターを卒業して始めて分かるデメリット

私は29歳までフリーターでしたが、30歳でフリーターを卒業して現在はフリーランスとして働いています。

フリーターを卒業して就職してからは給料も休みも増え、スキルを身につけることでフリーランスという働き方を選ぶことも出来ました。

今では毎朝決まった時間に起きる必要がないし、会社の人間関係で悩むこともないので正直すっごい楽です。

若いときはフリーターでも特に問題ないですが、年をとるたびにしんどくなることは確実なので、ぜひこれを読んで脱フリーターを目指してください。

スポンサーリンク

フリーターを卒業したいと思ったらまずやるべきこと

就職活動をする前にまずは、「自分には何が出来るのか?」を考えなければいけません。

自分の経験やスキルで出来る仕事を調べる方法

「自分のやりたい仕事=自分が出来る仕事」というわけではないので、自分のやりたい仕事がある人はその仕事に求められる条件やスキルを調べる必要があります。

何がやりたいかはっきり分からないという人も、まずは自分の経験やスキルで応募出来る仕事を確認しておきましょう。

自分のできる仕事を調べる方法は、3つあります。

  1. 求人サイトをチェックする
  2. 派遣会社を利用する
  3. 転職エージェントを利用する

一番簡単なのは、求人サイトで実際に求人を探してみる方法。

リクナビNEXTであれば求人数も多いので、やりたい仕事や気になる仕事で検索してみてください。

そして、派遣会社や転職エージェントを利用するという方法もあります。

これらを利用すれば仕事の紹介をしてもらえるので、自分で探す手間が省けます。ただ、どちらも登録してカウンセリングを受ける必要があります。

無料でスキルを身につける方法

やりたい仕事はあるけど自分のスキルや経験が足りないという場合、派遣会社に登録をしていれば無料でスキルアップ研修を受けることが出来ます。

例えば私も登録しているマンパワーの場合、基本的なパソコンスキルやITスキルを身につけることが出来ます。

上記はどちらもオンラインで受講できるので、自宅にいながら無料でスキルを身につけることが出来ます。

自宅にパソコンがない人は、マンパワーのオフィスで受講することも出来ます。

マンパワーは仕事紹介も多いので、就職活動をするならとりあえず登録しておいて損はありません。

マンパワー
☆登録・スキルアップ研修無料

フリーターから正社員への転職は難しくない

未経験からでも目指せる職業はたくさんあるので、フリーターから正社員へ転職することはそこまで難しくありません。

ただ、未経験OKの正社員募集求人はブラックなところも多いので、ここは注意が必要です。

フリーター卒業の第一歩は、正社員より派遣社員や契約社員の方が無難かもしれません。私も最初は派遣社員として働きスキルと経験を身につけ、正社員として転職しました。

派遣会社では「紹介予定派遣」と呼ばれる、派遣社員として数ヶ月働いた後に正社員になれるという求人もあるので、こういった求人を狙うのもいいと思います。

フリーターを卒業して始めて分かるデメリット

フリーターを卒業すると、フリーターには思っていたよりデメリットが多いことに気が付きます。

フリーターを続けるデメリット

  • フリーターは稼げない
  • フリーターは休みが少ない
  • フリーターをしていると視野が狭くなる

フリーターは稼げない

アルバイトでも時給の高い仕事はありますが、時給で働いている限り稼ぐ金額には限界があります。

例えば時給1,000円だった場合、8時間働いて8,000円、20日出勤でもたったの16万円しか稼げません。

収入を増やそうと思った場合、働く時間と日数を増やすしか方法がなく一日12時間・25日働いてやっと30万円です。

正社員だとボーナスで30万円くらい出ることは珍しくないので、これだけでもフリーターと正社員の収入って大きく違ってきます。

私も初めてボーナスをもらったときは、「もっと早く就職しておけばよかった!」と後悔しました。

フリーターは休みが少ない

アルバイトも条件を満たせば有給休暇はもらえますが、実際はちゃんと有給をもらえるところってあまりないですよね。

私もフリーター時代は有給休暇なんてもらったことは一度もありませんでした。

それにサービス業なんかの場合、GWや年末年始もシフトに入らないといけなかったりします。

仮に週5で働いていた場合、年間休日数は100日程度です。

これが土日祝休みの会社に就職すると、年間休日数は120日くらいになるので20日も休みが多くなります。

フリーターをしていると視野が狭くなる

フリーターをしていると「このままでも不自由はないし別に就職しなくていいか」なんて思ったりしますが、これは見えている世界が狭いからです。

フリーターをしていると必然的に出会う人間はフリーターが多くなります。そのため、フリーターの世界が全てになってしまいます。

就職してスキルを増やせば収入もどんどん増やしていくことが出来ますが、フリーターを続けている限り収入もスキルもたいして増えません。

フリーターを卒業するなら絶対早い方がいい

私は30歳のときに派遣会社に登録して仕事を紹介してもらい、フリーターを卒業することが出来ました。

フリーター期間が長くなればなるほど就職するのが難しくなるので、卒業するなら絶対早い方がいいですよ。

就職してスキルが増えると収入も増えます。そして収入が増えれば出来ることも増えます。

お金がなくてやりたいことが出来なくなるのは嫌ですよね。

そしていざ就職しようと思ったときには遅すぎて全然仕事が見つからない…なんてことになったらもう、それこそ手遅れです。

そうならないためにも、これを読んだ後はさっそく行動に移してみて下さい。

おすすめ派遣会社

マンパワー
☆パソコン・IT等の無料スキルアップ研修あり

おすすめの就職支援サービス