フリーターからの就職

フリーターをやっていて後悔した5つのこと【やめて本当に良かった!】

「フリーターやってるけどこのまま続けてもいいのかどうか悩んでいる。今のところ特に不都合はないけど、フリーターってやっぱり後悔するのかな?実際にフリーターから就職した人に話を聞いてみたい。」

こんな疑問にお答えします。

私は29歳までフリーターとしてアルバイト生活をやった後、30歳で就職しました。

フリーターをやっているときには分かりませんでしたが、就職するとフリーターのデメリットがものすごくよく分かります。

今回は私が後悔したことと、就職してどのように生活が変わったのかということをお話します。

スポンサーリンク

フリーターをやっていて後悔した5つのこと

フリーターをやめて初めて自分がどれだけ損をしていたのかを知りました。

フリーターは休むと給料が少なくなる

アルバイトは時給で働いているので、働く時間や日数が少なくなると給料も当然少なくなります。

体調を崩して一日休んだだけでも、一日分の給料が丸々飛んでいってしまいます。時給1,000円で8時間働いているとしたら、一日休むと8,000円収入が少なくなるわけです。

仮にインフルエンザにかかって1週間休まないといけなくなった場合、週5勤務だったとして4万円も給料が減ってしまいます。

これ、めちゃくちゃ痛くないですか?

私は正社員のときに風邪をこじらせて3週間くらい欠勤したことがあったのですが、このとき給料は1円も減りませんでした。

このとき初めて「正社員ってこんなにフリーターと違うんだ!」って気付き、フリーターをやっていたことを後悔しました。

フリーターにはボーナスがない

フリーターは働いた時間分しか給料がもらえず、どれだけ頑張ってもその頑張りは時給に反映されません。

たまに時給がアップすることはあるかもしれませんが、一気に給料が増えるなんてことは絶対にあり得ません。

給料を増やすためには働く時間を増やすしかなく、相当頑張ったとしても月に30万くらいが限度かと思います。

私は初めて正社員になったときにボーナスが30万くらい出たのですが、このとき「何でもっと早く就職しておかなかったんだろう!」とめちゃくちゃ後悔しました。

だって、普通に働いているだけでボーナスと給料を合わせて50万以上もらえたんですよ。フリーターだったらこの金額は到底稼げないですよね?

フリーターはステップアップが出来ない

アルバイトは専門知識やスキルが必要ない仕事が多いので、どれだけ長く働いても給料もスキルも対して増えません。

つまり、長く続けても収入面やスキル面でステップアップ出来ず、続けるメリットが全くと言っていいほどありません。

私はパチンコ店で5年くらいアルバイトを続けましたが、収入はほとんど変わらなかったし特別なスキルが身につくこともありませんでした。得たものは腰痛くらいですかねぇ…

就職してからはスキルと経験を増やして少しずつステップアップし、収入も増えたし今ではフリーランスとして独立することも出来ました。

でも私がもっと早くフリーターを卒業していればもっと早く今の生活を手に入れられたと思うので、フリーターを長くやってしまったことは後悔しています。

フリーターは結婚しにくい

フリーターをやっていると、出会う人も必然的にフリーターが多くなります。そしてフリーター同士が付き合うと、経済面の問題からなかなか結婚に踏み切れません。

私もフリーター時代はフリーターの人と付き合っていたのですが、結婚の話は出るものの経済面での心配が拭いきれず、結局結婚には至りませんでした。

周りの同級生がどんどん結婚していく中、「どうして私は結婚できないのだろう…」と悩むこともあったのですが、どう考えてもフリーターをやっていたからだと思います。

今の生活には満足しているので結婚に関しては後悔していないのですが、フリーターをやっていると結婚面で不利になったり苦労することは間違いありません。

フリーターは社会的地位が低い

アルバイトが悪いというわけではありませんが、実際フリーターは社会で生きづらいです。

例えばクレジットカードを作ったり家を借りたりする場合、フリーターはどうしても不利になります。

私もフリーター時代はなかなかクレジットカードの審査が通らず、フリーターでも通りやすいと言われているカードすら作ることが出来ませんでした。

30歳で就職した後にカードを申し込むとあっさり審査に通り、フリーターの社会的地位の低さを改めて実感しました。

別に生活に困らないしフリーターでも問題ないやって思ってましたが、自分はただ見ている世界が狭かっただけだったんだなと視野が狭かったことを後悔しました。

フリーターやめて本当に良かった!

就職したら収入も休みも大幅に増えました。出来ることが増えたおかげでフリーター時代よりも人生が圧倒的に豊かになりました。

アルバイトよりも派遣社員の方が楽

世間ではアルバイトも派遣社員も非正規だからそこまで変わらないなんて意見もありますが、はっきり言って大きく変わります。

私は30歳で派遣社員として就職したのですが、派遣社員として働くのとアルバイトとして働くのとでは大きく違いました。

アルバイト時代は有給休暇なんてものは一切なかったのですが、派遣社員になると有給は必ずもらえます。

休みもアルバイトのときよりも派遣社員のときの方が取りやすく、ぶっちゃけアルバイトよりも派遣社員の方が楽でした。

派遣社員になると会社と自分の間に派遣会社が入ってくれるので、仕事に応募するときに履歴書を用意する必要もないし、辞めるときも会社ではなく派遣会社に伝えるので精神的にかなり楽です。

フリーターからいきなり正社員というのはハードルが高いって人は、とりあえず派遣社員から始めてみることをおすすめします。

正社員の待遇に感動!

私は初めて正社員になったとき、待遇の良さに感動しました。

正社員とアルバイトでは待遇が大きく違いますが、この違いは実際に正社員になってみないと分かりません。

一番感動したのはやっぱりボーナス。給料とは別にそれ以上の金額がもらえるとか控えめに言っても最高すぎます。

給料だけで生活はしていけるので、もらったボーナスは丸々貯金することが出来ます。海外旅行に行ったりちょっと大きな買い物をすることだって出来ちゃいます。

土日祝休みの会社に入ればGWも年末年始も休めるし、有給休暇を使えば休みはもっと増えます。

フリーター時代より休みも収入も増えたので、やりたいことがたくさん出来るようになりました。

お金に余裕が出来た

就職してから貯金が一気に増えました。

お金に余裕が出来たので、10万円くらいする全身脱毛を受けたり50万くらいかけて歯並びを綺麗にしたりもしました。

もしフリーターを続けていたら、自分のやりたいことにここまでお金をかけることは絶対に出来ませんでした。

29歳のときに「このままではヤバイ」と気付いて就職活動をして本当に良かったなって思います。

30代でフリーターを続けていたら、「収入が少ない→お金がない→就職しようにも仕事が見つからない」という負のループで確実に苦しんでいたと思います。

フリーターをやめたら人生がガラリと変わった

フリーターをやめた後は32歳で英語を習得し35歳で国際結婚、37歳で離婚して38歳で独立と8年間で人生が大きく変わりました。

恥ずかしい話、私は高卒フリーターだったので11年間フリーターをやっていたのですが、この11年で人生が大きく変わることはありませんでした。

フリーターを続けることで悪い方向へ人生が変わることはありますが、いい方向へ人生がガラリと変わることはまずありません。

フリーターをやっていると「就職するよりアルバイトの方が気が楽」って思いますが、はっきり言って就職した方がいろんな面で楽です。

30代になってから「働いても働いてもお金が増えない」「生きるために働いているのか働くために生きてるのか分からない」なんてことになったらそれこそ悲惨です。

フリーターを続けるかどうか悩んでいるなら答えは一つ、「一日でも早くやめるべき」です。

就職活動のやり方はこちら