公開日:2017/04/27最終更新日:2017/05/23
国際結婚のコト

アメリカ人旦那が絶賛する日本のアニメ6選

こんにちは。最近旦那とよくアニメを見ているシズです。

日本のアニメってやっぱり世界一面白いですよね!

私は今までアニメはあまり見なかったのですが、アメリカ人旦那が日本のアニメが好きな影響でよく見るようになりました。

今回はそんなウチのアメリカ人旦那絶賛のアニメをご紹介します。

 

スポンサーリンク

HUNTER×HUNTER

アメリカ人旦那一番のお気に入りアニメが「HUNTER×HUNTER」 です。

私もコミックで途中まで読みましたが、ハンター試験のところが一番面白かったなという印象です。

旦那のお気に入りキャラは「ヒソカ」 です。私は「レオリオ」が好きです。

 

黒子のバスケ

影が薄く背も高くない「黒子」 という水色ヘアーの男の子が主人公のバスケットボールアニメです。

中学時代に奇跡の世代と言われた天才プレイヤー5人と主人公の黒子が高校へ進学し、それぞれがライバルとなり対戦します。

やっぱりアメリカ人はバスケが好きなんですね~。

このアニメを見ると、実際のバスケの試合が見たくなります。

 

ジョジョの奇妙な冒険~ダイヤモンドは砕けない~

杜王町(もりおうちょう)という町を舞台に繰り広げられるストーリーなのですが、「スタンド使い」 と呼ばれるキャラクターがたくさん出てきます。

スタンドは簡単にいえば特殊能力でしょうか。

私はこのアニメのタッチがイマイチ好きになれず敬遠していたのですが、旦那に勧められて見てみると見事にハマりました。

日本でこれだけ人気となった理由が分かります。

 

進撃の巨人

タイトルの通り巨人が町に進撃してくるストーリーなのですが、私が最初にこれを観た感想は「気持ち悪い!」 でした…。

巨人の見た目がとにかく気持ち悪いんです。

完全に大人向けアニメですね。まぁ、ストーリーはまぁまぁ面白かったです。(でもやっぱり巨人が気持ち悪い)

 

僕のヒーローアカデミア

人口の80%が超常能力を持つ超人社会で、能力を持たない主人公の少年がヒーローを目指す物語です。

特殊能力持ってる系のアニメって人気ですよね。

こういう平凡な男の子がヒーローになっていくというストーリーって、やっぱり男の人は好きなんでしょうか?

一人一人のキャラクターの能力が個性的で面白いです。

私が一番ウケたのは、「瀬呂範太(せろはんた)」というキャラクターです。

肘からセロハンテープが飛び出てくるんです(笑)

 

デス・ノート

このアニメは私も好きです。

「名前を書かれた人物が死ぬ」 というデスノートを拾った主人公が次々に犯罪者をノートに書いて殺していくというストーリー。

主人公と主人公を止めようとする「L(エル)」 との頭脳戦がめっちゃ面白いですよね。

 

アメリカ人は日本のアニメのどこが好き?

思いのほか色んなアニメを見ていたウチの旦那。

アメリカ人は日本のアニメのどこが好きなんでしょうか?

「アニメオタクなん?」って聞いてみると、「アニメオタクじゃなくてストーリーオタクなの!」 というよく意味の分からない返事が返ってきました。

アメリカ人にとって日本のアニメは「ストーリーが素晴らしい」 みたいです。

日本語を勉強するためにもアニメをよく観ているウチの旦那ですが、「八つ裂きにしてやるの八つ裂き ってどういう意味?」 と聞かれた時には返答に困りました。

とりあえずCut(切る) 8parts(8個に)」 と適当に答えておきました。こんな私は彼からよく「悪い先生」 と言われます…

 

いろいろ改名されている欧米バージョン

日本のアニメって実は欧米バージョンになると、ところどころ改名されているのです。

例えば「ジョジョの奇妙な冒険~ダイヤモンドは砕けない~」 の場合。

主人公の「東方 仗助(ひがしかた じょうすけ)」 のスタンドは「クレイジーダイヤモンド」 ですた、欧米バージョンは「シャイニングダイヤモンド」 と改名されています。

また、主人公の親友「広瀬 康一(ひろせ こういち)」 のスタンドは「エコーズ」 から「リバーブ」 へ改名されているんです。

ちなみにエコーは反響、リバーブは残響という意味です。

以前にテレビゲームの描写も日本とアメリカでは全然違うという話をしましたが、アニメもアメリカではこんな風に変えられているんですね~。