病気・ケガの体験談と予防

離婚うつでどん底だった私が薬を一切飲まずにうつ抜けした方法

こんにちは、シズです。

つい最近まで人生のどん底にいました。

寝ること以外、何もできなかった私ですが、薬を一切飲まずに自力でうつ抜けしました。

 

スポンサーリンク

うつから私を救ったのは乳がん検診でした

離婚うつになって、全く外出しなくなりました。

食べることすら苦痛になり、生きるために食べるという動作をする日々が続きました。

そんなある日、小林麻央さんが乳がんで亡くなったというニュースを目にしました。

死んでもいいかなと思う毎日を過ごしていましたが、このニュースを見て自分はまだ死にたくないと思いました。

(乳がん検診を受けに行こう)

そう思って近くの婦人科に連絡をしたところ、運よく翌日で予約が取れました。

乳がん検診で異常がないと分かり、自転車で病院から自宅へ帰っていたとき、ふと思いました。

(あれ? 何か気持ち楽かも。)

乳がん検診のために久しぶりに早起きして、久しぶりに外を自転車で走って気持ちいいと思ったのです。

ここで私は思いました。

(そうか、無理やりにでも体を動かせば気持ちが楽になるのか)

その日から私は体を動かすため、ウォーキングやヨガを始めました。

 

うつ病になったら精神をコントロールできなくなる

うつになって初めて知りましたが、うつ病は気持ちや精神の強さで乗り越えることはできません

うつのときって、どう頑張っても物事をポジティブに考えることができないんです。

こんなに自分の気持ちが支配されてしまうのか!? と驚くくらい、どうにもできません。

自分のことをありえないくらい非難してしまい、自分で自分を責めまくります。

どこから出てくるの!? ってくらい涙も止まらなくなります。

本当にめちゃくちゃ辛かったです。

 

精神はコントロールできなくても、体は物理的に動かせる

うつ病になって何もやりたいことがなくなりました。

ベッドから起き上がるのですら、めんどくさいという状況でした。

この状態になると、

やる気でない⇒何もしない⇒もっとやる気なくなる⇒何もしない

この無限ループに陥ってしまいます。

ただうつ病になっても、物理的に手足は動かすことができます。

人間不思議なもので、体の動きに合わせて気持ちも連動します。

体を動かすだけで、気持ちがすごく楽になるんです。

もしあなたがうつ病で苦しんでいて、物理的に手足が動かせる状態なら、無理やりにでも体を動かしてみてください。

 

とりあえず踊ってみるといいよ

私はウォーキングから始めましたが、これでもハードルが高いって思う人もいるかもしれません。そんな方は、

とりあえず思いっきり全身を使って踊ってみてください。

その場ですぐにできますよね。

ダンスとか別に知らなくても大丈夫です。

自分で考えた即興の変な踊りでいいんです。

全身を使って踊るダンスって、幸福感を与えてくれる効果があるんですよ。

どっかのエライ人がそう証明しています。

ストレスを軽減させて、痛みを和らげる効果もあるんですって!!

「うつになったらダンスなんてできる気分じゃないよ」って思うかもしれませんが、物理的に手足が動くならできます。

 

心より先に体を動かす!

たいていの人って、気持ちを気持ちでどうにか対処しようとします。

でもこれってすごいエネルギー使うし、しんどい。

落ち込んだ気分を楽しくしたいなら、ポジティブに考えようとするのではなく、スキップしてる方が効果があります。

気持ちを切り替えるのではなく、体を動かす!

そうしたら自然に気持ちも切り替わりますよ。

 

薬が悪いわけではない

私は薬を飲むのが嫌だったので飲みませんでしたが、決して薬が悪いわけではありません。

薬を飲んだ方が早く良くなる場合もあると思います。

うつ病とは言っても、人それぞれ症状の重さも異なります。

体を動かすことでうつ抜けした私の症状は、まだ軽い方だったのかもしれません。

今回お話しした私の経験談については、参考程度に心に留めていただければと思います。