就職・転職

アラフォー未経験からWEBデザイナーを目指す!⑤最終面接で落ちて思ったこと

こんにちは。WEBデザイナーを目指して転職活動中のシズです。

前回最終面接に行ってきたお話をしましたが、残念ながら採用とはなりませんでした。

ただ、今回の面接で得たことや気付きもたくさんありました。

スポンサーリンク

連絡がなく不採用に

最終面接のときに「一週間以内に連絡します」と言われたので、てっきり採用不採用関係なく連絡が来るものだと思ってました。

でも一週間経っても連絡来なかった(泣)

最終面接でしかも応募者も6人しか残ってなかったのに、まさか不採用者には連絡なしとなるとは思ってもいませんでした。

実は最終面接の日程を連絡をもらったときも、

「○日の○時~○時の間でご希望のお時間をお知らせください。」

と言われたので、「では○時でお願いしたいのですがよろしいでしょうか?」と返信してから連絡がなく、面接日当日の面接時間1時間前に

「本日の○時で面接お願いいたします。」

って連絡来たんですよね…

だからむしろ入社出来なくて良かったのかもしれません。

本当にWEB制作会社でやっていけるのか?

最終面接でWEB業界の厳しさを知ったこともあり、今回不採用となって改めて「本当にWEB制作会社でやっていけるのかな…」って考えちゃいました。

WEBデザインのスキルを身に付けるには制作会社がいいなと思っていたのですが、果たして本当にそれが自分にとっていいことなのだろうか?

未経験なのにいきなり制作会社ってそもそもハードルが高すぎるし、そこにこだわりすぎて全然就職出来なかったら意味がないんですよね…

最近コーディングしたりバナー模写したりする中で自分のスキルの低さを実感してるし、私が制作会社の社長だとして自分を雇うかと言われたら正直「う~ん」って感じ。

今の私って、0からいきなり10を目指してるような感じじゃないのかなって思ったんです。

やっぱり何事も0から1、1から2…という風に、段階を踏んでステップアップしていく方が継続しやすいし結果的にゴールにも早くつくような気がします。

やっぱり自分の得意なことは活かしたい

面接で「話すのが得意なのに何で真逆のWEBデザイナーという職種を目指すの?」と言われた私ですが、やっぱり得意分野って活かしたいなと思いました。

業界のことは働いたことがないのでよくわかりませんが、WEBデザイナーとは言ってもいろんな働き方があるんですよね。

制作会社でがっつりデザイン業務のみを行う人もいれば、企業のIT事業部に所属して自社のWEBサイトを管理する人もいるし、

WEB制作だけでなく他の事業も行っている会社なら、デザイン以外の仕事を任されることもあるだろうし。

そう考えたら、コミュニケーションスキルや今までの事務経験を活かしながらWEBデザイナーとして働いた方が、負担も少ないし就職も成功しやすくなるんじゃないかなって思ったんです。

できれば英語力も活かしたいしな。

ECサイト運営・管理もアリかも

制作会社のWEBデザイナーとなると求人数は少なくなりますが、ECサイト運営・管理なら結構求人があるんですよね。

私のTwitterのフォロワーさんで同じく転職活動をしている方がいるのですが、その方がちょうど企業のEC事業部の求人に応募して面接に行かれたそうで、

そのお話を聞いたら「そういう働き方もいいかも」って思ったんです。なんか自分は視野が狭かったなぁと思いました。

ECサイトの運営管理なら制作会社とは違って求められるスキルのハードルも下がるし、未経験者の私がWEBデザイナーとして仕事をスタートするにはちょうどいいのかなと。

制作会社とEC系の求人の違い

早速EC系の求人を探してみたら、結構良さそうな会社がいくつか見つかりました。

「とにかく早く仕事見つけて働きたい!」と今すごく転職活動へのモチベーションが上がってるので、この三連休でポートフォリオサイトを作って2社に応募してみました。

求人内容を見たところ、制作会社とECサイト運営系の仕事には一つ大きな違いがありました。

それは残業の有無。

制作会社では残業は当たり前ですが、EC系の求人はほとんどが残業ナシでした。

あとアルバイトの時給も制作会社よりEC系の方が高かった。

がっつり制作の現場で働けばスキルが身に付くのも早そうですが、体壊しちゃったり心を病んでしまったら意味がないですからね。

私は我慢に対する耐性がありないので、もしかしたらEC系の仕事の方が向いているかもしれません。