クレジットカード

セゾンアメックスはアメックスが発行しているクレジットカードではないって知ってましたか?

こんにちは、シズです。

ステイタスカードと言われているアメックスのクレジットカード。

アメックスカードはさまざまな種類がありますが、セゾンアメックスの発行元はアメックスではないって知っていましたか?

 

スポンサーリンク

アメックスが発行している個人カードは13種類

アメックスブランドが付いているカードはたくさんありますが、その中でも本家のアメックスが発行している個人カードは全部で13種類。

  • アメックスグリーン
  • アメックスゴールド
  • アメックスプラチナ
  • アメックスセンチュリオン
  • スカイトラベラー
  • スカイトラベラープレミア
  • ANAアメックス
  • ANAアメックスゴールド
  • ANAアメックスプレミアム
  • デルタアメックス
  • デルタアメックスゴールド
  • ペルソナSTACIA
  • SPG

以上のカードはアメックスが発行しているので、何かあった場合はアメックスに電話すれば対応してくれます。

航空会社との提携カードについても、マイル以外の問い合わせは全てアメックスが対応してくれるので安心です。

 

セゾンアメックスはアメックスが発行したカードではない

セゾンアメックスって年会費が安いですよね?

なのでアメックスのプロパーカードではなく、セゾンアメックスを保有している人も多いのではないでしょうか?

でもセゾンアメックスの発行元は、アメックスではなくクレディセゾンです。

カードについてのお問い合わせから手続きまで、アメックスに電話をしても何も対応してくれません。

アメックスと言えばコールセンターの対応が素晴らしいことで有名ですが、セゾンアメックス保有者はこのサービスを受けることが一切できません。

そもそも発行元がアメックスではないので、アメックスはセゾンアメックス保有者の顧客情報は一切管理していないのです。

 

カードフェイスの違い

アメックスのプロパーカードとセゾンアメックスのカードフェイスを比較してみると、結構違うことが分かります。

▼アメックスゴールド

▼セゾンアメックスゴールド

セゾンアメックスは右上に「SAISON CARD」と書かれています。

やっぱりプロパーカードの方が、高級感が漂っています。

 

セゾンアメックスの年会費が安い理由

アメックスカードは年会費が高いことで有名です。

先ほどで紹介した13種類のカードの中で、一番年会費の安いカードはANAアメックスですが、それでも7,000円(税抜)します。

それに比べてセゾンアメックスの場合、一番年会費の安いセゾンパールアメックスは1,000円(税抜)です。

年会費だけで見ると、同じアメックスならセゾンでいいんじゃないの? って思ってしまいますよね。

 

セゾンアメックスはポイント還元率が低い

カードを利用した時に付与されるポイント。これって結構重要ですよね?

アメックスの場合は100円で1ポイント付きますが、セゾンアメックスは1,000円で1ポイントです。

ポイントの還元率が、大きく違います。

私は毎月10万円程度はカード利用するのですが、アメックスだったらこの場合年間12,000ポイント付きますが、セゾンアメックスは1,200ポイントしか付きません。

 

海外での安心感が違う

アメックスはやっぱり海外に行ったときにその威力を発揮します。

国内だけでなく、海外でのサポート体制も抜群なのがアメックスのすごいところ。

例えばカードの紛失・盗難に遭ってしまった場合、アメックスならすぐにカードの再発行をしてくれます。

私の友人の話ですが、カードを紛失した翌日にホテルにカードが届いたそうです。

これ、すごくないですか?

アメックスは海外のいろんな地域に拠点があるため、海外でカードを紛失してもすぐに対応してくれるのです。

万が一普段利用しないような高額利用をした場合は、カードは一時的に利用停止され、すぐにアメックスから連絡が入ります。

これも友人の話ですが、スマホアプリのゲームに課金しすぎてアメックスから連絡が来たそうです。

アメックスでは不正利用を常に監視しているそうで、少しでも不審な利用があった場合は契約者に連絡が入るようです。

 

充実した特典とサービスを受けたいならアメックス発行のカードがおすすめ

もちろんセゾンアメックスにはセゾンアメックスの良さがありますが、アメックスならではの充実した特典とサービスが受けたいなら、アメックス発行のカードを作るべきです。

セゾンアメックスをアメックスプロパーカードと同じように思っていると、いざというときの対応の違いに愕然とするかもしれません。

やっぱり年会費が高いということは、それなりのサービスが付帯しているということなんです。

年会費だけを見て選ぶのではなく、カードに付帯しているサービスや特典をよく理解した上でカードを選ぶことを強くおすすめします。

セゾンアメックスの詳細を見る