WEBデザイン

イラストレーターで初めてロゴを作ったゾ!

こんにちは。WEBデザイン勉強中のシズです。

38歳にして初めてイラストレーターというものを触りました。

イラストレーターってなんとなく「絵が描けるもの」という認識はあったのですが、実際に使ってみると多機能すぎて驚くのを通り越して、「こんなん使いこなせへんわ!」ってイラついてしまいました。

そんな不器用な私ですが、イラストレーターを使って初めてロゴを創ってみました!

人に見せるのは恥ずかしいですが、自分の成長の記録としてこのブログに残しておこうと思います。

スポンサーリンク

作品No.1:ケーキショップのロゴ

今回は架空のケーキショップのロゴを創ってみました。

お店の名前は「Pole Pole(ポレポレ)」。ポレポレとは、スワヒリ語(アフリカ地域で使われている言語)で「ゆっくり」という意味を持つ言葉です。

ポレポレっていう言葉の響きがものすごく可愛くて、その意味がすごくいいなぁって思ったのでお店の名前にしてみました。

絵に関しては丸い図形しか使っていないので相当簡単なデザインですが、色を考えたり字のフォントやサイズを考えたり、微妙な位置調整とかしてたら数時間かかりました。

微妙に位置とかスタイルを変えていくつかロゴを創り、見比べながら最終的にこれで落ち着きました。

デザインってこれという正解がないので、こだわりすぎると何時間でもやっちゃうんですよね…そこが楽しいところでもあり、難しいところでもあります。

そしてロゴを創るだけでは面白くないので、お店のキャッチコピーとコンセプト・ターゲットユーザーも考えてみました。

ポレポレのキャッチコピーとコンセプト

ケーキショップポレポレのキャッチコピーは、

幸せ、100円で買えます

ポレポレで売っているケーキは、全て100円で買うことができます。

有名ブランドのケーキ屋さんとは違い、いわゆるインスタ映えするようなオシャレなケーキではなく、お母さんが作ってくれるような家庭的なケーキを売りにしています。

ケーキって言うと、誕生日やクリスマス・記念日などのお祝いをするときに食べることがほとんどです。

でもポレポレのケーキは悲しいときやつらいとき、しんどいときに食べて欲しいのです。

このケーキを食べると、暖かい春の日におひさまの下でひなたぼっこをしているような、心がふんわりと温かくなる幸せに包まれます。

悲しいことやつらいことを忘れ、ゆっくりと流れる癒しの時間を過ごすことができます。

…とこのようなコンセプトの元にショップネームを考えてロゴを創ったので、ロゴの絵はおひさまの絵にしたわけです。

ポレポレのターゲットユーザー

ケーキショップポレポレのターゲットユーザーは、小学生です。

ポレポレのケーキが全て100円なのは、小学生でもお小遣いで買えるからです。

友達がいなくて学校に行くのがつらい子、いじめられている子、勉強についていけない子、両親が共働きで帰っても一人だという子…

学校や家庭でつらいことや悲しいときがあったとき、ポレポレのケーキを食べて少しでも幸せな時間を過ごしてほしい。

小学生のときって学校と家庭が世界の全てで、その両方につらいことがあると逃げ場がもうないんですよね。

お金もないし、一人でできることも少ない。嫌なことがあると、それが永遠に続くかのように思えてしまう。

そういうときに100円を握りしめて、「ささやかな幸せ」をポレポレに買いに来て欲しいなって思います。

…って架空のケーキ屋さんなんですけどね!(汗)

想像力が豊かすぎて、ロゴデザイン一つ作るのにいろいろ考えちゃいました。でもこれがすっごい楽しかった!!

デザインは心で創るものなのかも

今回初めてお店のロゴをを創ってみて、デザインって手で創るのではなく心で創るものなのかな?って思いました。

正直私、イラストレーターめっちゃ苦手で機能とか全然覚えられないんですよ。

思うように書けなくてイライラすることなんてしょっちゅうだし、「絶対向いてない!」ってはじめは思いました。

でもただ絵を描いたりデザインを描くのではなく、それを描く上での背景を考えたりコンセプトを考えると、デザインはただの作業じゃなくなるんです。

デザインは描いたり作ったりするものではなく、創造(想像)するものなんだなって思ったんです。

そういう風に考えると今までイライラしていた作業がすごく楽しくなって、もっといろいろやりたい!って思いました。

これからもっともっと、いろんなものを創造していこうと思います。

どなたか私の考えたコンセプトと似たようなケーキ屋さんを開くっていう方がいらしゃったら、無料でロゴを提供するので是非お知らせください!(笑)

あと、WEBデザイナーを目指してるので、私の伸びシロを評価してくださる方がいたら誰か雇ってください(笑)