生き方

他人よりも自分が大事!もっと自己中に生きてもいいんじゃない?

こんにちは!シズです。

今朝こんなツイートをしたら、結構反響がありました。

私たちって無意識に「他人を傷付けないように…」とか「他人が嫌がることをしないように…」ってことを考え、自分の言動を抑制しながら生きてますよね。

でもさ、

他人を傷付けないようにすることで自分が傷付いてたら意味なくない?

他人に気を遣いすぎる人や他人の顔色を伺う人って自分が疲れるだけでなくて、結果的に相手も疲れさせてると思うんですよね。

私は他人を傷付けないようにしてる行為って逆に他人を傷付けるような気がします。

だから私たちは「他人を大事にする」のではなく、「自分を大事にする」ことを一番に考えるべきだと思うんです。

ぶっちゃけもっと自己中に生きてもいいんじゃない?

スポンサーリンク

「自己中に生きる」とは「自分勝手に」ではなく「自分に正直に」生きること

自己中っていうとどうしても「自分勝手」とか「他者を振り回す」みたいな悪いイメージがあるけど、そうじゃなくて「自分に正直に生きる」ことが大事なんじゃないかなって私は思うんです。

(自分はそう思ってないのに)気を遣って相手に合わせたり、
(自分はやりたくないのに)気を遣って相手に何かしてあげたり。

こういう行為って誰も幸せにしないと思うんですよね。

だってさ、

相手に気を遣われてるのってめっちゃ分かるし、気を遣われてこっちもしんどくない?

結局のところ、自分に正直にならずに無理して他者のために何かやったとしても誰も報われないんですよ。

自分が幸せになれば自然と他者にも優しくなれる

自分が幸せなときと自分が不幸なとき、他者に優しくできるのはどっちですか?

絶対自分が幸せなときですよね。

だったらまずやるべきことは自分を幸せにすることなんじゃないの?

これって考えたら当たり前のことなのに、なんで私たちって小さい頃から「自分を傷付けないように」ではなくて「他人を傷付けないように」って教えられるんでしょうね…

自分が幸せだったら小さいこととか気にならなくなるし、他人に対しても寛容になれる。

だから自分を大事にすることで結果的に他人も大事にできると思うんです。

他人に対して批判的な感情が湧いてくるときこそ自分を大事にする!

人の悪口を言ったり批判する人って、自分が幸せじゃないからそういうことをすると思うんですね。

だって、自分が幸せだったらそんなこと絶対しないもん。

私はTwitterが大好きでしょっちゅうTwitterを見てるんだけど、他人のツイートに対して批判的な感情ばかり湧いてくるときって常に自分の状態がよろしくないときです。

自分が幸せじゃないから他人の成功や幸せに僻みの気持ちが生まれてしまうんですよね。

でも自分が上手くいってるときや幸せなときは、どんなツイートを見ても負の感情が湧いてくることはありません。

なんていうか、どんなことも許容できるようになります。

だから他人に対して批判的な感情が湧いてくるときこそ自分を大事にする!

他人よりも自分が大事!もっと自己中に生きてもいい!!

私は他人よりも自分が大事です。そしてこれは他の人もみんな同じだと思います。

他人より自分の方が大事って、別に自己中でもなんでもなく当たり前のことですよね。

それなのに私たちって普段の生活の中で「自分」よりも「自分以外のこと」に目を向けてることが多くないですか?

世間の目とか…
社会の常識とか…
周りの期待とか。

私たちに必要なのって、一旦こういうのは一切忘れて「自分はどうしたいの?」ってことをちゃんと自分に聞いてあげ、自分のやりたいことをやらせてあげることなんじゃないかな。

私は自分を抑制していたときよりも、自己中に(自分に正直に)生きるようになってからの方が自分にも他人も優しくなったなって感じます。

みんなもっと自己中に生きようぜ!