コラム世の中の気になるコト

障害者が必要としているのは助けよりも理解なのかもしれない

こんにちは。シズです。

私は現在、体のどこにも障害はなく健康な状態です。

私の家族や身近な人にも日常生活に支障があるほどの障害を抱えている人はいないので、普段病気について深く考えるようなことはほとんどありません。

ところがある日、とある海外ドラマを観たことがきっかけで、たとえ病気に縁がなくても病気のことを知ることは必要なのではないかと思いました。

そして障害者が必要としているのは健常者の助けよりも、健常者の理解なのではないのかなと思ったんです。

スポンサーリンク

海外ドラマで知った自閉症という病気のこと

私が観た海外ドラマは、「ユニークライフ」というNetflixオリジナル作品だったのですが、このドラマは自閉症をテーマとしたドラマでした。

自閉症なら私も聞いたことがあります。ですが自閉症がどういう病気なのかということは、詳しく知りませんでした。

私がイメージしていたのは、自閉症って人とコミュニケーションを取るのが苦手な、内にこもったような人なのかなって感じでした。

でも実際は全然違いました。

自閉症の人はそうでない人が気にならないようなことが我慢できないくらいに気になったり、人の考えていることや言っていることが上手く理解できなかったりします。

このドラマの主人公の男の子サムも、同級生が自分をからかって笑っていてもなぜ彼らが笑っているのかということだけでなく、自分が笑われているということも理解できません。

そして自閉症は、見た目では分からない病気です。

彼がたびたび起こす奇妙な行動に、周りの人は好奇の目で見ます。

見た目からは障害者に見えないので、彼の行動を見た人は「この人、なんか変…」と思ってしまうのです。

このドラマを観て私は、病気だけど見た目が健常者に見える人やその家族は、周りの理解が得られずに生活しにくいだろうなって思いました。

障害者が必要としているのは、助けよりも理解なのでは?

私はドラマを通じてなんとなく自閉症という病気がどういうものか、理解できました。

なので今後、ドラマの主人公のような人物を見ても、「おかしな人」だと思うことはありません。

きっとこれからは、「もしかしたらあの人は病気なのかもしれない」と真っ先に思うと思います。

もし私のように病気のことを知る人がもっと増えれば、障害者の人がもっと生きやすい世の中になるのではないでしょうか?

そして障害者の人が必要としているのは、手助けよりもまずは理解なのではないでしょうか?

病気を知るということは、その病気の人を助ける一歩になると私は思うのです。

将来自分や自分の身近な人が病気になるかもしれない

たとえ今は自分や家族が病気でなかったとしても、将来病気になる可能性は誰にだってあります。

そんなときに病気について少しでも知識があれば、全然知らないのと比べてだいぶ違ってくると思います。

病気の症状や苦しみ・どういう助けが必要なのかを知っていれば、病気になった人の苦痛を和らげる手助けができます。

今は全く自分に関係のない病気であったとしても、その病気のことを知るということは自分にとっても家族にとっても他人にとってもプラスになるのではないかなって思いました。

病気のことを知ることで感じられる健康ということのありがたみ

普段生活していて起き上がれることや歩けること、走れることに感謝をする人ってなかなかいないのではないでしょうか?

でも私が今こうやってこの文章を書いていることでさえも、両手の指が正常に機能しているからなのです。

当たり前のことって忘れちゃいがちですが、何不自由なく生活できてるってものすごくありがたいことですよね。

私なんか、指をケガして頭が洗いにくくなっただけでも不便を感じてしまいます。

パソコン仕事で肩こりになったときは「この肩こりどうにかしてー!」って思いますが、肩こりが感じられるということだって、もしかしたらありがたいことなのかもしれません。

病気を知るって案外面白い

こんなことを言うとちょっとアレかもしれませんが、病気を知るって案外面白いんですよね。

私は小学生の頃、家にあった家庭の医学というものすごく分厚い本を読むのが好きでした。

ちなみにこれの古い版です。めっちゃ分厚いですよね。

今でも覚えているのですが、特に脳梗塞とか脳卒中の項目をよく読んでいました。

というのも、私の父親は私が小さい頃からずっと高血圧の薬を飲んでいて、父の口癖が「父さんは高血圧だからいつ脳の血管がプチっていって死ぬか分からんからね。」って言っていたからです。

父が万が一家で倒れたときのために、対処法を勉強していたのです。なんて父思いの娘なんでしょう!(笑)

幸い今のところはそんなこともなく、元気に今年75歳になりました。口癖が嘘のようにピンピンしています。

って話がちょっとずれちゃいましたが、とにかく小学生の私でも夢中で読んでしまうくらい、病気のことってすごく興味深いのです。

人体の不思議展とかって結構人気があって、多くの人が来場しますよね?てことはやっぱり、人間みんな体のことには興味があるんですよね。

私は普段Twitterをよく使うのですが、最近は病気の当事者が呟いていることなどを興味深く読んでいます。

ただそれを見て「勉強になった!」って思っても、いいねを押すのはちょっとためらっちゃいますが。

こういう場合っていいねを押してもいいもんなんですかね??