生き方

【アホな人ほど成功に近い説】アホになった方が人生は楽になる!?

こんにちは!シズです。

以前、こんなツイートをしました。

日本人って過剰に失敗を恐れるし、自分のアホな部分をダメな部分って思ってる人が多いけど、

アホになった方が人生は楽になると思う。

賢い人ほど考えすぎて行動できなかったり行動に移すまで時間がかかる。

でも行動しない限り成功しないし、どれだけ失敗したとしても行動の数が多い人はそれだけ成功にも近くなる。

私は自分でも「アホだな~」って思うことがよくあるけど、アホだからこそ思いっきり自分の人生を楽しめてるし、簡単にいろんなことを実現させられたのだと思っています。

スポンサーリンク

アホな人ほど成功に近い説

私には下記のようなアホ要素があります。

  • 後先考えずにやり始めちゃう
  • 物事を深く考えない
  • 失敗したらその時考えようと思う
  • 根拠はないけど自信はある
  • 間違えても気にしない
  • やたら素直
  • どんなことでもなんとかなると思っている

まぁ、アホっていうか楽観的って感じですかね。

しっかり者の姉からは「自意識過剰すぎ」とか、「ちゃんと考えてから行動して」とよく言われます。

でも私は、アホな人ほど成功に近いんじゃないかなって思うのです。

後先考えずにやり始めちゃう

私はやりたいって思ったことがあれば、後先考えずにやり始めちゃいます。

計画性はゼロなので、やり始めたものの途中で挫折することなんてしょっちゅうです。

失敗することも多いんだけど、やってみたら意外と簡単にできたりすんなり物事が進んだなんてこともあります。

例えば「英語が話せるようになりたい!」って思い、中学生レベルの英語力しかなかったのに英語を使う留学カウンセラーの仕事に応募したら運良く採用されたり、

関連記事

38歳未経験でWEBデザイナーに転職できたり。

関連記事

考えすぎて行動できないくらいなら、失敗覚悟でとりあえず行動してみた方が絶対成功率は上がると思うんですよね。

だって、何事もやってみないと分からないから。

物事を深く考えない

考える時間ってときには無駄になると思っていて。

私たちって考えても答えが出ないことについて延々と考えてたりするじゃないですか?

「未経験でもできるんだろうか?」
「この年齢でもなれるんだろうか?」
「スキルが低くても大丈夫だろうか?」

みたいな感じで。

でもさ、こういうことっていくら考えたところで絶対答えは出ないし、結局こういうことを考えるのって「自分でもできる」っていう自信や確信が欲しいだけだと思うんですね。

で、多くの人が自分には難しそうと判断したことは諦め、自分にもできそうって思ったことは挑戦する。

ちなみに私はというと、

やりたいと思ったことは難しそうでも無理って言われたとしてもやります。

私は何かやろうと思ったときに「自分にできそうかどうか」ってことは全く関係なくて、それよりも「自分がやりたいかどうか」で判断してます。

難しいのレベルって人によって違うし、100人中99人が難しいということであったとしても、自分は簡単って思う残り1人の方に入る可能性だってある。

結局「難しいかどうか」「無理かどうか」っていうことも、やってみないことには絶対分かりません。

失敗したらその時考えようと思う

失敗を恐れて行動できない人って多いと思うけど、やる前から失敗することを考えてても意味がないと思う。

もちろん、失敗に備えて「失敗したらこういう風にリカバリーしよう」と対策を練るのはいいと思いますよ?

でも、ただただ「失敗したら…」っていうことを考えるのは本当に意味のないことだと思う。

私も今までたくさん失敗してきたけど、正直失敗したところでいくらでもリカバリーはできます。

だからやる前から失敗を恐れるんじゃなくて、「失敗したらその時考えればいっか」くらいの軽い気持ちでやればいいと思う。

行動に移すハードルを自分の中で下げれば自然と行動量は増えるし、行動量が増えれば自然と成功率も上がる。

失敗すればするほど成功率も上がりますしね。

根拠はないけど自信はある

根拠のない自信があると、何かやろうと思ったときに

「ま、できるやろ(なんとかできるやろ)。」

っていう思考だから、行動に移すまでのスピードがものすごく早い。

例えば私は38歳でWEBデザインの職業訓練に通っていたとき、

「雇用形態選ばんかったら就職先は絶対見つかるやろ」

って思っていたので、4ヶ月の職業訓練の半分を受講したところで就職活動を始め、アラフォー未経験というかなり不利な状況で応募2社目でWEB制作会社から内定をもらいました。

人間って自信がないと自信のなさが顔や態度に出ちゃうんですよね。

逆に自信があるときはそれが例え根拠のない自信であったとしても、自信に満ちた雰囲気になるから他者から信頼されやすいし、「この人なら大丈夫そう」って思ってもらいやすい。

だから根拠のない自信があると、物事が断然成功しやすくなる。

やたら素直

素直な性格だと他人からのアドバイスをすんなり受け入れ、「とりあえずやってるか」って感じでどんなことでもまずは挑戦するようになります。

行動の数が多い分失敗の数も多くなるけど、その失敗経験があるからこそ成功にも近づきやすくなる。

逆に思慮深い性格の人はどんなことでも「本当にそれで成功するの?」って疑ってしまうから挑戦の数が素直な人より必然的に少なくなる。

そして挑戦(行動)の数が少なければ、成功の数も少なくなってしまう。

もちろん、他人のアドバイスを素直に実行すれば成功するっていうわけじゃないけど、実行の数が多くなれば「どのやり方が自分に合ってるか?」っていうことが分かるようになる。

そして自分に合ったやり方を見つけられれば、自分にとって成功への最短の道を歩めるようになる。

どんなことでもなんとかなると思っている

「なんとかなるさ」っていう思考が常にあれば、どんなことにも恐れず挑戦できるし、失敗しても冷静に対処できるようになる。

多分、たくさん失敗してきた人は自然と「なんとかなるさ」っていう思考が身につくのだと思う。

実際、ほとんどの失敗ってなんとかなるもんですしね。

失敗をいっぱいしてきた人は「なんとかなる」っていうことが分かってるから、挑戦に対するハードルはかなり低くなる。

思考は現実化するとも言われてるし、「なんとかなるさ」って思っている限り、どんなことでもなんとかできるようになるんですよね。

アホになった方が人生は楽になると思う

私たちって過去の失敗をいつまでも後悔していたり、起こってもいない失敗を恐れたりして「現在」を無駄に過ごしてるけど、

どうあがいても「今」しか生きれないんだから、過去や未来のことを必要以上に考えても仕方がない。

私、思うんですが、

アホな人ほど「今」を楽しんでるし、人生イージーモードにしてる。

そして賢い人ほどあれこれ考えて人生を難しくしてる。

人生を楽にするのもハードにするのも、結局のところは自分次第だと思うんですね。

それなら深いことは考えずに、

「私ならできるやろ」
「ま、なんとかなるでしょ」
「とりあえずやってみるか」

くらいの軽いノリで何でもやってみたらいいと思う。

やってみるとよく分かりますよ。

やれないことって案外ないのかもなって。