英語コラム

日常英会話を習得したいなら、単語と文法の勉強はそんなに必要ない

こんにちは。英語は独学で習得したシズです。

英語を学習している人の多くが、目標は「日常英会話」の習得ではないでしょうか?

もしそうであるなら、単語と文法の勉強ってそこまで必要ありません。

今回は単語力と文法力がなくても英会話ができちゃう方法、教えます。

スポンサーリンク

学生の頃に習った英単語で日常英会話は十分できる

私たち日本人ってみんな学生時代に英語を勉強していますよね。

よく耳にする、「学生時代に習った英語だけで日常英会話はできる」というのは、本当にその通りなんです。

日本人が英語を話せないのは、ただ「会話の仕方」を知らないだけなんです。

だって、学生の頃って一番大事な「スピーキング」に重点を置いた授業ってほとんどなかったですもんね。

でも会話の方法を知ることで、少ない単語と学生時代に勉強した文法だけで、英会話はできるようになるのです。

英会話に必要なのは単語力ではなく表現力!

日常英会話ができるようになった今だからこそ、私はこう思うのです。

英会話に必要なのは単語力ではなく表現力

英会話の習得が目標なのに、いつまでも単語や文法の勉強をしている人はいませんか?

そんなあなたはもう、英会話に必要な単語力と文法力は既に身に付いています。

少ない単語力・ボキャブラリーで英会話をする方法

では既に十分な知識が身に付いているあなたに、少ない単語力とボキャブラリーで英会話をする方法を教えます。

知らない単語は知っている別の単語で説明する

例えば「キュウリが好きです」と言いたかったとします。でも「キュウリ」の英単語が分からなかったらどうしますか?

多くの人が、ここで諦めちゃうのではないでしょうか?こんな風に。

 

「I like アー、エー、ウー………(チーン)」

 

でも「キュウリ」という単語が分からなくても、別の知っている単語を使って伝えればいいのです。

例えば、こんな単語を使ってみるのはどうでしょうか?

  • vegetable(野菜)
  • green(緑)
  • long(長い)

「長くて緑色の野菜!」って言ったら、キュウリだということが伝わる可能性は高いですよね?

ちなみに英訳すると、こうなります。

I like the vegetable that is long and green.

そして相手がキュウリだということを理解してくれたら、すかさずこう聞いてください!

「How do you say it in English?」
(英語で何て言うの?)

すると相手は、キュウリという単語を教えてくれます。

キュウリという単語はちなみに、「cucumber(キューカンバー)」 ですね!

これで相手に伝わると同時に、あなたは新しい単語を覚えることができました!!

「How do you say」 は私が未だに、ネイティブと話すときによく使っている言い回しです。

これを使うことで、新しい言葉や表現をネイティブから学べるので、是非活用してみてください。

とりあえず言ってみる

私はあるとき、元旦那(アメリカ人)から「不満ってどういう意味?」って聞かれたときに、「不満」という言葉が出てきませんでした。

ただ、満足(Satisfied)っていう単語は思い浮かんだんですよ。なので、こう言ってみたんです。

「unsatisfied」

英語って否定するときに「Un」とか「In」とかよく前に付けますよね? 「Impossible(不可能な)」とか。

すると元旦那はすぐに理解し、このように訂正してくれました。

「dissatisfied」

不満は「unsatisfied」ではなく、「dissatisfied」でした。

単語としては間違っていましたが、ネイティブにはちゃんと伝わりました。

英会話は正しい単語や文法を使うことが大事なのではなく、「相手に伝わるかどうか」が一番大事なのです。

私たちはネイティブではないので、例え間違えたとしても相手は全く気にしません。

間違えを恐れずに、とりあえず思いついたことを言ってみましょう!

反対語を言いたいときはとりあえず「No」を付けとく

私は元留学カウンセラーなのですが、はじめは英語が全く話せませんでした。

そんな中でも、英語を使って仕事をしなければいけませんでした。

ある日現地の語学学校スタッフに、お客さんが滞在する寮のリクエストをしなくてはいけなくなりました。

寮には「英語寮」と「普通寮」の2タイプがあり、お客さんの希望は「普通寮」でした。

このとき私は「英語寮=English Dorm」と知っていたのですが、普通寮は何と言うのかが分からなかったんです。

でもなんとかして伝えないといけなかったので、こう伝えました。

「No Englsh Dorm」

とりあえず「No」を付けてみたんです。すると現地スタッフが、

「Normal Dorm?」

と返事をくれました。そしてここで初めて、「普通寮=Normal Dorm」ということを知りました。

Normalすら出てこない程の英語力で留学カウンセラーの仕事をしていたんですよね、私。ある意味すごいでしょ?(笑)

ということで、反対語が言いたい場合は、とりあえず「No」を付けておけばなんとかなります!!

正しい英語にこだわる必要は全くない

私たち日本人の英語力に影響しているのは、間違いなく「間違えたら恥ずかしい」という考え方だと思います。

私は英語ができるようになってから外国人の友達も増えましたが、英語ネイティブでない外国人ってみんな文法を間違えまくっています。

正しい英語にこだわってるのって日本人だけなんですよね。

私たちは日本人なんだから、完璧な英語を知らなくて当たり前なんです。

正しい英語にこだわる必要なんて全くないんですよ。

私のミャンマー人の友人は、LINEで話すときいつもめちゃくちゃ文法間違えていますが、オーストラリアに移住してそこで仕事もしています。

ビジネスシーンであったとしても、正しい英語より伝わる英語を求められるのです。

ヨーロッパ人も中国人も韓国人も中東人も、みーんな間違えまくってるから、私たちも気にせず間違えまくりましょう!(笑)

スピーキングの練習をするならオンライン英会話がおすすめ

スピーキングの練習なら、自宅で好きな時に授業が受けられるオンライン英会話がオススメですよ。

 

オンライン英会話には無料体験があるので、これを利用して英語を話すことに慣れてしまいましょう!

私が上記でお話した、「単語力や文法力がなくても会話する方法」を実践すれば、英語は話せます!

DMM英会話なら2回無料体験授業が受けられるので、おすすめです。

DMMで無料体験授業を試してみる