生き方

やっぱり自分の好きなことで勝負したい

こんにちは。シズです。

私はこのブログを2017年の4月に開設し、今日まで8ヶ月弱もの間いろんな記事を書いてきました。

自分の好きなことに関する幅広いジャンルについて書いてきましたが、これからはちょっと方向性を変えようと思います。

きっかけは、安室ちゃんがテレビに出なくなった理由「面白いことを言わなければいけないということに苦しくなった。」ということ。

私はSEOを考えてブログを書くのが苦しくなりました。

スポンサーリンク

大事なのは書くジャンルではなく書き方だった

ここまでブログを書き続けてこれたのも、好きなジャンルの記事を書いていたからです。

でもここに来て苦しくなったのは、好きなジャンルを書いていても好きな書き方で書いていなかったから。

大好きなヨガのことも、海外ドラマのことも、書くときはいつもSEOのことを考えて記事を書いていました。

キーワードの設定・需要・記事タイトルなど、記事を書く前に時間をかけてリサーチした上で書いていたのです。

これってブログを一人でも多くの方に読まれるためには必須のことだし、人気ブロガーさんが当たり前にやっていることだと思います。

でも私にはなんだかしっくり来なかった。それもそのはず、これは私が好きな書き方じゃなかったから。

私は自分の体験したことや感じたこと・考えたことを書くスタイルが好きなんです。

つまり私は、自分の好きなことをコラムやエッセイとして書きたかった。

ただ自分の思うままに指を動かし、自分の思いをそのまま文字に乗せたかった。

本当に大事なことは、好きなことを好きな書き方で書くということだと気付きました。

一人でも共感してくれたり面白いと思う人がいれば書きたい

無名の私がコラムやエッセイを書いても、読んでくれる人はきっとものすごく少ないと思います。

でも今まで書いたコラム系の記事に対して「面白い!」とか「わかる!」という感想を頂いたとき、なんとも言えないくらい嬉しかったんです。

自分が紹介した商品が売れたときよりも、アフィリエイトで発生したときよりも、一人の方の記事を読んだ感想の方が正直何倍も嬉しかった。

コラム記事ならいくらでも書けるって思うし、いくら書いても全然負担になりません。

一人でも私が書いた記事に共感してくれたり面白いと思ってくれる人がいるなら、私はコラムを書き続けたい。

やっぱり自分の好きなことで勝負したい

私はコラムを書くのが好きであって、文章を書くのが好きだというわけではありません。

今までの私はこの部分を勘違いしていました。

「ブログを書くのが好きだからライターの仕事は自分に向いている」そんな風に思っていたんです。

でも実際にWEBライターのお仕事を始めてみると、制約がある中で文章を書くことにストレスを感じました。

お仕事だからもちろんきっちりやりますが、はっきり言ってこれは私の好きなことではありません。

今では完全に「仕事」として割り切ってやっています。

ブログは自分のものであり、ありのままの自分で勝負できるステージです。

だからこそ私は、このブログでは自分の好きなこと・自分の好きなやり方で勝負したいと思いました。

今後はコラムとエッセイをメインで書いていきます!

これからはコラムとエッセイをメインに書いていこうと心に決めました。

とはいっても、たまにレビュー記事などやその他ももちろん書く予定です。

っていうか、コラムとかエッセイって言ってるけどコラムとエッセイの違いとかよくわかってません。

ちょっとググってみましたが、コラムもエッセイもほとんど同じでした。

ウィキペディアによると、

筆者の体験や読書などから得た知識をもとに、それに対する感想・思索・思想をまとめた散文

引用元:Wikipedia:随筆

とのことでした。

そうです、これです、これ。私が書きたいのは。

アフィリエイト記事とかね、正直全然書きたくないんですよ。だって書いてて面白くないもん。

アフィリエイトに力を入れてそれで生活できるようになったとしても、それは好きなことではないから本来の私のやりたいことではないですしね。

ということで、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!