世の中の気になるコト

【水道水は体に害なし】実はミネラルウォーターよりも安全らしい

こんにちは。水道水には全く抵抗のないシズです。

私は普段、お茶やミネラルウォーターは買いません。日常的に飲んでいるのは、水道水です。

私が住んでいる地域は水道水も美味しいのでもはや水を買う必要性を感じていないのですが、水道水って日常的に飲んでも体に害ってないのか少し気になりました。

そこで水道水の安全性について調べてみたところ、水道水は害がないどころかミネラルウォーターよりも安全だということが分かりました!

スポンサーリンク

水道水が安全な理由

日本の水道水は「水道法」で水質基準が定められています。

そして水道水は、生涯にわたって摂取しても健康に影響がない水準をもとに設定されています。

この水道水の水質基準項目は非常にたくさん設定されており、なんとミネラルウォーターよりも厳しく設定されているのです!

つまり、水道水はミネラルウォーターよりも安全に飲めるということ。

それだったら、別にわざわざミネラルウォーター買う必要はありませんよね。

では、ミネラルウォーターが水道水よりも優れている部分は何なのでしょう? それはズバリ、

ミネラルウォーターは塩素がはいっていないので、カルキ臭さがありません。

私は水道水の「臭さ」は全く気にならないので、お金を出してまでミネラルウォーターは買わなくてもいいやって思っちゃいました。

水道水の塩素は人体に害はないの?

水道水は安全であるということが分かりましたが、やっぱり気になるのが塩素。塩素って人体に影響はないんでしょうか?

塩素は発がん性物質があるとよく言われています。

その観点から、水道水を飲み続けると体に悪い影響を与えると思っている人もたくさんいます。

しかし、水道水に含まれている塩素の量は人間の体に悪い影響は与えない量なので、日常的に飲み続けても全く問題ないのです。

アジアで水道水が飲めるのは日本だけ!

世界で水道水が飲める国は全部で15ヵ国ありますが、その多くがヨーロッパ圏でアジアの中ではなんと日本だけなのです

 

☆水道水が飲める国☆

  1. フィンランド
  2. スウェーデン
  3. アイスランド
  4. アイルランド
  5. ドイツ
  6. オーストリア
  7. クロアチア
  8. スロベニア
  9. アラブ首長国連邦
  10. 南アフリカ
  11. モザンピーク
  12. オーストラリア
  13. スイス
  14. ニュージーランド
  15. 日本

 

南アフリカとかこう言っちゃ失礼ですが、以外でした。

ヨーロッパは『アルプスの水』 ということもあって、なんとなく水が美味しいイメージはありますよね。

まとめ

水道水ってそんなにいいイメージはなかったけど、今回調べてみたことでかなりのイメージアップとなりました!

これを知ってから、今まで以上に水道水をガブガブ飲んでいる私です。

水道水の臭いが私のように気にならない人は、わざわざミネラルウォーターを買う必要はもはやないですね!

ところで、じゃあ浄水器って必要なの? という疑問が出てくるところですが、水道水の臭いが気になる人やアレルギーがある人にはメリットがあります。

ちなみに日本の中で水道水のおいしい都道府県は、『熊本県』『鳥取県』『福井県』 だそうです。

残念ながら私の住んでいる地域は入っていませんでしたー(でも私的にはおいしいのですが)。