ベトナムベトナム旅行記

【ベトナム・ダナン旅行記①】ダナンの空港でスーツケースがなくなった…!!

こんにちは。シズです。

2018年1月11日~15日まで、ベトナム中部のリゾート地「ダナン」へ行ってきました!

日本に帰ってきたので、旅の回想をしながら旅行記を書きたいと思います。

初日はダナンの空港でいろいろ焦りました…

スポンサーリンク

こんなものが手荷物検査に引っ掛かった

片道3,990円という激安の航空券をゲットした私は、関空を午前9時15分に出発するジェットスターに乗るために朝の6時に家を出ました。

2時間前に空港に到着し、チェックインを済ませた後は手荷物検査へ。

今まで引っかかったこともないし今回も引っかかるようなものは持ってないので、ベルトコンベアを通ってチェックされた荷物を回収していたところ、係員の人に止められました。

カバンの中身をちょっと見せて欲しいと言われたので、その場でカバンを開きました。

「ペンケースとか持ってない?」

係員の人にそう聞かれました。

いつもはボールペンだけをパスポートケースに入れて持ってくるのですが、今回はカバンの中に元々ペンケースが入っていたのでそのまま持って来たのです。

ペンケースを出して係員の人に渡すと、

「シャーペンの芯が反応したんだね」

ということでした。

特に問題はなかったようなので、チェックだけされて没収とかはありませんでした。

エンターテイメントなしのフライトは長く感じる

LCC(格安航空)は機内食が付いてないので、機内食を付けるには追加で料金を支払わないといけません。

私は機内食のオプションは付けなかったので、飛行機に乗る前にファミリーマートでおにぎりとお菓子と飲み物を買いました。

LCCなので定刻通りに出発するのか心配してましたが、やっぱり時間になっても搭乗は始まらず。

1時間くらい遅れて飛行機に乗り込むことが出来ました。

関空からダナンまでの飛行時間は5時間くらい。前回と前々回の海外旅行は移動時間が長かったので、5時間くらいだったら楽勝♪って思ってました。

でもLCCは映画などのエンターテイメントはありません。エンターテイメントなしのフライトってすごい長く感じるんですよね…

本を読んで時間を潰し、読み終わった後にご飯を食べてから寝たのですが、これでも3時間くらい。

あとの2時間くらいはお菓子食べたり外の景色見たりして、まだかまだかとずっと心の中で思いながら機内で過ごしました。

スーツケースがなくなった…!!

ベトナム・ダナンには午後2時くらいに到着。当初は12時到着予定だったので、2時間遅れでの到着となりました。

飛行機を降りてからバスに乗り、到着ターミナルに移動。

ダナンの空港はそこまで大きくないようで、ターミナルに入るとすぐにイミグレーションがありました。

イミグレっていつも並ぶ列に迷うんですよね…どの列が一番早く進むかを瞬時に判断して並ぶ列を選びます。

ところが今回は失敗しました。どの列もすごい進むのが遅かったんですが、私が並んだ列は特別遅かった…

おそらく同じ飛行機に乗っていた人の中でも、かなり最後の方だったと思います。

そういえば、飛行機の中で入国カードが配られなかったから到着してから空港で書くのかなー?って思ってたのですが、入国カードはありませんでした。

調べたところ、空路での入国の場合は出入国カードは不要のようです。

イミグレを通過するとすぐ左手にSIMカードを売っているカウンターを見つけました。

スーツケースを先に取りに行くべきか…と一瞬悩んだのですが、先にSIMカードをゲットすることに。

カウンターのお姉さんに滞在期間を聞かれ、4日と答えると7US$だと言われました。7日まではこの値段でいけるようです。

モバイルWifiをレンタルすると一日400円くらいかかるから、それに比べるとめっちゃ安い!

クレジットカードが使えたので、先に両替したりATMでお金を下ろす必要がなくて助かりました。

料金を支払った後はお姉さんにiphoneを渡し、SIMカードの差し替えやら設定を全部やってもらいました。

ところが2回ほど「アクティベーションエラー」となり、設定が完了できず。

画面を見ると、サポートに電話してくださいの文字が…でもここはベトナム。電話はできません。

とりあえず一度電源を切り、もう一度最初から設定をやり直してもらうことに。

ところが今度もまた同じエラー。もしかしたら私のiphoneはベトナムのSIMカードを入れて使うことができないのか!?

どうしても諦めきれず、「なんとかならない?」とお姉さんに頼んでみた。

すると後ろに座っていた別のお姉さんが立ち上がり、「ちょっと見せてみて」と私のiphoneを操作し始めました。

そしたら今度は設定が完了し、iphoneにはベトナムの通信会社「mobiphone」の文字が!

3Gだけど…まぁ、そこはしょうがない。

ネットがちゃんと繋がってるか確認するために姉にLINEを送り、問題なく繋がっていることを確認。

ホっとしてスーツケースが流れてくるベルトコンベアの方に目を向けると、そこには誰ひとり乗客はおらず、ベルトコンベアもすでに止まっている…

や、やばい。SIMカードをゲットするのに必死になっていたらスーツケースがどっかに行ってしまった…

焦って周りを見渡すと、私のスーツケースらしきものを持った空港職員の人がどこかに電話をしていました。

走ってその人のところに行くと、やっぱり私のスーツケースだった!

一瞬スーツケースがなくなったかと思いましたが、ギリセーフでした。