ベトナム旅行記

【ベトナム・ダナン旅行記⑩】ダナンで有名なチョコレート店は「PHEVA」とその隣にある「D’art」

ダナン最終日。

五行山へ観光に行った後は、市街地にあるバインセオが美味しいと有名な人気店へ行くことにしました。

その前に現金が少なかったので、両替をすることにしました。

スポンサーリンク

両替店でボラれそうに!?

現金が少なかったので、バインセオのお店に行く前にお金を下ろすことにしました。

ところが市街地にあるATMでもクレジットカードでお金を下ろすことが出来ず。

ダナンに来てATMから問題なくお金が下ろせたのは空港だけでした。

しょうがないので両替店で日本円をベトナムドンに両替することに。

ネットで両替店を検索すると、ハンマーケットの隣にある「TAM THINH LOI」という貴金属屋さんがいいということだったので、ここへ向かいました。

店員さんに声を掛けて「両替したい」と伝えると、レートを教えてくれました。レートは「198」とのこと。

つまり、1万円を両替すると198万ドンになるということ。

ベトナムドン、桁数多すぎるんだよな…

レートはそんなに悪くはないと思ったのでこれでOKして両替してもらうことにしました。

店員さんが店の奥に行ってベトナムドンを用意し、私の目の前で紙幣を数えてくれました。

ベトナムドンで一番大きいのは50万ドン紙幣です。でも大きい紙幣は使いにくいので20万ドンで用意してくれました。

「ワン、ツー、スリー…」と数えていき、198万ドンあるよね?と私に同意を求める店員さん。

しかし私が見てた限りでは20万ドン少なかったような…

「少なくない?」

そう伝えると、もう一回目の前で数えてくれました。

「ほらね、ちゃんとあるでしょ?」

という顔の店員さん。

いや、足りないと思うんだけど…

どうしても納得できなかったので、その場にあった紙幣を自分で数えることに。

2回数えた結果、やっぱり178万ドンしかありませんでした。

「20万ドン少ないよ。」

そう伝えるとようやく店員さんが納得したようにもう一度店の奥に行き、20万ドン紙幣を追加して戻って来てくれました。

店員さんがボッタくろうとしたとは思いたくなかったのですが、さすがに自分で2回も数えていたのに気付かなかったとは思えません…

まぁ、どっちにせよボッタくられなかったのでよしすることにしました。

ダナンで有名なチョコレート屋さんを発見!

市街地を歩いていると、ダナンで有名なチョコレートのお店を発見しました。

PHEVA(フェヴァ)というチョコレート店です。

なぜここが有名なチョコレート店だと知っていたかというと、数日前にネットでダナンのおすすめ土産を調べていたときにこの名前を目にしたからです。

私は海外に行く前や現地でもよくネットで情報を調べるので、ブラブラ歩いてるときにたまたまネットで見たお店を見つけるってことがよくあるんですよね。

せっかくなので中に入ってお土産を買うことにしました。

人気店ということもあり、お店の中には観光客の人がたくさんいました。

チョコレートは安いものだと3万ドン(約150円)からありました。

棚にディスプレイされているチョコレートを見ていたのですが、ふとカウンターの方を見ると自分で好きなチョコレートを詰め合わせに出来るボックスを見つけました。

チョコレートは2枚重ねて入れられるようになっているので、全部で12枚のチョコレートを自分の好きなように詰めることができます。

チョコレートの種類はたくさんあって、普通のミルクチョコレートからペッパー(コショウ)入りという面白いものまでありました。

正確な値段は忘れちゃったのですが、12枚入りのボックスで500円くらいだったような気がします。

今回はあんまりお土産は買わないと決めていたので、この12枚入りのチョコレートだけ購入して店を出ました。

またまたチョコレート店を発見!

お店を出ると、何軒か先にまたチョコレート店を発見。

こっちのお店にも入ってみることにしました。

こちらは先ほどのお店とは違い、お客さんは一人もいませんでした。

でも、私的にこっちのお店の方がなんか好き!

だって、売っているチョコレートがめっちゃカワイイんですよ!

左上の動物のチョコがすごい可愛くて、いろいろ買っちゃいました。

バラまき用にもちょうどいいですよね!(私は友達がそこまでいないのでバラまけないんですけどねー)

そのほかにもオシャレな感じのチョコがたくさんありました。

店員さんは一人しかいなくて英語も話せないようだったけど、とても感じのいい女の子でした。

ネットでダナンのお土産を検索するとPHEVAが出てきますが、私はこちらのD’artを強くおすすめします!