ベトナム旅行記

【ベトナム・ダナン旅行記⑤】有名観光スポットドラゴン橋を散策してバインミー食べた!

51SPAでホットストーンスパを受けた後、お店のスタッフに無料送迎サービスが利用できると言われました。

10km圏内であればどこでも好きな場所まで無料で送ってくれるとのこと。

ちょうどこの後は市街地に行こうと思っていたので、いろんなお店が集まっているというバクダン通りまで連れて行ってもらうことにしました。

スポンサーリンク

英語表記のないメニューと英語が話せない店員さん

バクダン通りで車を降ろしてもらった後、お昼を食べるお店を探しました。

入りやすそうなお店を発見したので早速入店。席に座ると男の子がメニューを持ってきてくれました。

英語表記がない…

とりあえず食べ物は写真があるので写真を見て注文。困ったのが飲み物です。水とビール以外は全く分かりません…

店員の男の子にドリンクメニューは何があるのか聞くも、英語が話せない様子。

ドリンクの種類を一つ一つ言ってくれるも、ベトナム語なので理解できず…

「それってどんなドリンク?」と英語で聞くと、こちらの言ってることはなんとなく分かったようで説明しようとしてくれるも、英語が話せないのでどう説明したらいいものか困ってしまった店員さん。

店員さんも「Sorry…」と英語が話せないことを申し訳なさそうに謝ってくれたので、これ以上困らせると可哀そうだと思いコーヒーを注文しました。

自分でも何でコーヒーを注文したのか分かりませんが、ベトナムと言えばベトナムコーヒーが有名なので、頭に思い浮かんだものをそのまま言っちゃいました。

一人旅の日本人が隣の席に

注文が終わって料理を待っていると、日本人風の50代くらいの男性が店に入って来て私の隣の席に座りました。

注文しているときに「ミネラルウォーター」とカタカナで言っていたので日本人だと確信。

思わず「日本人の方ですか?」と話しかけちゃいました。

ちょうど今日ダナンに着いたとこばかりらしく、英語が話せず海外にもあまり慣れていないのでこの先の旅がちょっと不安だとのこと。

いつもは奥様と一緒に旅行しているけど、今回は一人旅なのだということでした。

一人旅をしてるときに一人旅の日本人を見かけると、なんか嬉しくなっちゃいます。

品があってとても丁寧な話し方をされる、感じのいいおじさんでした。

年が近くて独身の方だったら逆ナンしてたかも(笑)

スプリングロール(春巻き)が美味しかった!

品のあるおじさまと話していると、注文した料理が運ばれてきました。

麺料理には空の器が別に用意されていて、そちらに麺を移してポットみたいな器に入っている具とスープをかけて食べます。多分…

実は今朝、ゲストハウスで出された朝食が同じ感じの麺料理だったんです。だから食べ方は多分合ってるハズ…!

ベトナムの麺料理はハズレがないですね。何食べても美味しいです。

そしてスプリングロール(春巻き)、外側がすごくパリパリしてて甘辛いソースとすごくマッチしていてめっちゃ美味しかった!

ただね、さすがに12個全部食べきれなかった…

こういうとき、「誰かが一緒だったらなー」って思うんですよね。人数が増えると料理をシェアできますからね。

一人旅は食べたいものがたくさんあっても全部注文できないのが残念です。

有名観光スポット「ドラゴン橋」を散策♪

ご飯を食べた後は、ドラゴン橋がかかるハン川のほとりを散策しました。

天気が悪いのが残念ですが、オフシーズンの雨期だからしょうがない…雨が降ってないだけまだマシです。

海外に来て一番楽しいことって散歩なんですよね、私。こういうところをブラブラ歩くのが大好きです。

歩いてる先にはダナンで有名な観光スポット「ドラゴン橋」が見えます。

ドラゴンの尻尾側しか見えてませんが、黄色のやつがドラゴンです。

気持ち良く歩いていたら、突然尿意が襲ってきました。ちなみに公衆トイレはこの辺りにはありません。

こんなときは綺麗めなホテルに入ってトイレを借りるべし!

この辺りはホテルがたくさんあるので、その中から良さそうなホテルを選んで入りました。

ドアボーイの男の子に「トイレ借りてもいい?」と聞くと、笑顔でトイレの場所を教えてくれました。

トイレだけ借りてホテルを出た私でしたが、ホテルのスタッフはこんな私にも宿泊客のように丁寧に送り出してくれました。

ドラゴン橋の近くまで歩いて行くと、どうやら歩いて渡れるようだったので歩いて渡ってみることにしました。

橋のてっぺんまで来ると、向こう側にチャンティリー橋が見えました。

橋の上は結構風が強くて寒かったです。

そしてベトナム、10年前に来たときと変わらずバイクが多い…

めちゃくちゃ可愛いお土産をゲット!

ドラゴン橋を堪能して「さて、宿まではどうやって帰るものか」と考えていたのですが、タクシーはちょっとコワいので歩くと30分くらいかかるけど歩いて帰ることにしました。

知らない街を歩くのって楽しいし、途中で素敵なお店を見つけられるかもしれないですからね!

10分くらい歩くと、お土産屋さんを見つけました。

結構立派な感じのお土産ショップなのですが、中に入るとお客さんが1組しかいなくて閑散としていました。

まぁいっかと思ってお土産を物色していると、めちゃくちゃ可愛いお土産を発見!

マンゴスチンの形をした石鹸!すっごい可愛い~!!

私、マンゴスチンが大好きなんです!味ももちろん好きなのですが、この可愛らしい見た目がたまらん!

しかもこれ、ちゃんと香りもするんです。

300円くらいだったので、マンゴスチンの他にもココナッツとチェリーを買いました。

海外に行ったら石鹸は絶対購入します。石鹸大好きなんです。

ちなみに収集しているわけではなく、しっかり使います。

大好きなバインミー

帰り道で大好きなバインミーの屋台を見つけました。

バインミーとは、フランスパンのサンドイッチです。

10年前にベトナムに来たとき、このバインミーにハマりました。フランスパンがとにかく美味しいの!

「いくら?」とおばちゃんに聞くと、英語が話せないようで1万ドン紙幣を見せてきました。

1万ドンは日本円にすると約50円です。安い!!

1つ注文すると、パンの中に具をたくさん詰めてサンドイッチを作ってくれました。

パンを素手で持つおばちゃんの手が結構汚れているような気はしたのですが、ここは気にしないことに…

これがベトナムスタイルなんだと自分に言い聞かせます。

買ったバインミーは宿に持って帰って美味しく頂きました!

美味しかったしお腹を壊すこともなかったよ!

夜ごはんを食べた後に宿の近くでバインミーの屋台を見つけたので、夜食用にまた買っちゃいました。

こちらは値段がちょっと高く2万ドン(約100円)でした。

おばちゃんの屋台と違うことは、手袋をちゃんと着用していたこととパンを焼いてくれたことでした。

どっちも美味しかったけど、温かい分こっちのバインミーの方が美味しかったかな。