公開日:2017/06/15最終更新日:2017/06/22
オーストラリア旅行記

【オーストラリア・メルボルン旅行記①】プライオリティパスのおかげでタイでの乗り継ぎも快適に♪

こんにちは! 海外旅行大好きなシズです。

念願のオーストラリア・メルボルン旅行へ行ってまいりました~!

忘れないうちに旅行記をアップしておきます。

みなさんの一人旅の参考にしていただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

関空~乗り継ぎ地バンコクへ

今回はタイ航空のチケットを取ったので、バンコク経由でメルボルンへ行きます。

前日にオンラインチェックインは済ませてあったので、関空のチェックインカウンターではスーツケースを預けて航空券を発券してもらうだけです。

 

私、今まで海外旅行のときにオンラインチェックインってしたことなかったんです。

でもオンラインチェックインはやっておいた方がいいですよ!

一度オンラインチェックインをしなかったことが原因で、当日に空港のチェックインカウンターでオーバーブッキングで席がないと言われたことがあるんです。

結局、連れと離れた席になることでその便に乗ることはできたのですが、せっかくの旅行が台無しでした。

 

関空は何度も使用しているので、小心者の私でも一人で全然平気です。

あいにくの雨模様でしたが、飛行機を見るとやっぱりテンションが上がります♪

 

この紫の感じがなんか好き!

 

飛行機の出発時間までは、ラウンジでコーヒー飲みながらゆっくりしました(念願の初ラウンジ)。

 

タイ航空ってこんな感じ

私は海外旅行に行く時は必ず、通路側の席を選びます。いつでも気兼ねなくトイレに行けるようにです。

今回は3席ならんだシートの通路側でしたが、隣に誰も座らなかったので割とゆっくりできました。

 

関空からバンコクまでの飛行時間は6時間程度。

私が最初にチェックしたのは機内で観れる最新映画。

 

 

観たかった「Logan(ローガン)」があったので、早速観ちゃいましたよ!

でもね、日本語字幕がなかった…

アクション映画だからまぁ楽しめたけど、英語はあまり理解できなかった…

 

そして楽しみにしていた機内食。

チキン or ビーフでしたが、チキンはスパイシーチキンと言われたので、辛いものが苦手な私はビーフを選びました。

 

 

ビーフはハンバーグでした。。。(あまり美味しくなかった)

左上のわらびもちが美味しかったです(ただ、クリームはクソまずかった)。

まぁ、エコノミーの機内食なんてこんなもんか(いつかビジネス乗りたい)。

 

機内食の後ってトイレが混み合う傾向にあるので、食べたらすぐトイレに直行しました。

今までいくつかの航空会社を利用しましたが、初めてでした。

タイ航空のトイレ、便器の真ん前が鏡になっています。

 

 

思わず写真撮っちゃいましたが、安心してください。ちゃんと履いてます。

 

ほら、こんな風に自分が用を足しているのが丸見えです。

なんだかちょっと複雑な気分でした。。。

 

映画観たり、ご飯食べたり、トイレに行ったりしているとあっという間に時間は過ぎていきました。

そして到着前にはデザートのアイスクリームが出ました。

 

機内で食べるスーパーカップ、美味しかった。

 

 

乗り継ぎ地バンコクへ到着!

6時間のフライトは案外あっという間でした。これくらいの時間なら疲れずに乗れるかな。

 

乗り継ぎって最初の頃は不安で仕方なかったけど、慣れてくると小心者の私でも結構平気になっちゃいます。

とりあえず空港内の「Transfar」って書かれてある案内表示の方へ、歩いて行けばいいんです。

でもね、ちょっと甘く見てました。

 

 

バンコクのスワンナプーム空港、めっちゃ広い

 

 

搭乗券は出発地の関空で「バンコク~メルボルン」の分も受け取っていたので、搭乗口へ向かえばいいだけだったんです。

でもゲート番号は搭乗券には記載されていないので、自分で調べないといけません。

調べる方法は2つ。

 

  • インフォメーションボードを見る
  • インフォメーションマシーンで確認する

 

一つ目は空港によくある各航空会社の出発時間やゲート番号が書かれてある、インフォメーションボードで確認する方法。

でもこの方法は自分の便を探すのがめんどくさいので、私は二つ目の「インフォメーションマシーン」をオススメします。

いや、そもそも「インフォメーションマシーン」という名前かどうかは分からないんですけど、とにかく空港内にはいくつか設置されてるんです。

 

このマシーンに搭乗券をかざすと(スキャンすると)、一発で自分の便の詳細情報が画面に出てきます。

「Print」という部分をタッチすると、その情報がプリントアウトされます。

大体の人が必死にインフォメーションボードで自分の便を確認しているので、マシーンは結構空いています。

というか、私以外誰も使用していませんでした。

 

私はというと、もちろんそんなマシーンの存在なんて知りませんでしたよ、最初は。

搭乗券を持ってさまよっていると、親切な空港スタッフのおじさんがマシーンで調べてくれたんです。

それを見て、

「そういう使い方するんだ~、へぇ~。」

と思ったというわけです。

 

プライオリティパスで空港ラウンジ使用してみた!

タイの空港でやりたかったこと…それはプライオリティパスでラウンジを使用すること。

プライオリティパスとは、国内外1,000ヶ所以上の空港ラウンジが利用できる会員プログラムのことです。

 

 

飛行機の座席はエコノミーだけど、空港ラウンジを利用することでVIP気分が味わえちゃいます。ふふふ。

タイのスワンナプーム空港では、「Miracle First Class Lounge」と「Miracle Business Class Lounge」がこのプライオリティパスで利用できます。

 

早速入ってみました。

いろんなドリンクが飲み放題で、軽食も食べれちゃいます。

 

 

私はシークァーサージュースとフルーツ、チョコレートマフィンをいただきました。

 

チョコレートマフィンが美味しかった!!

そして、野菜も食べれますよ~。

 

私は大好きなブロッコリーをガッツリいただきました。

空港ラウンジでまったりゆったりと、出発までの時間を過ごすことが出来ました。

ラウンジだと出発までの時間を本当に快適に過ごせます!

 

さて、それではいよいよメルボルンへ出発です!!

続きはコチラ⇓