オーストラリア旅行記

【オーストラリア・メルボルン旅行記⑤】セントパトリック大聖堂は綺麗なステンドグラスと幻想的な雰囲気が見どころ!

お洒落なメルボルンの街並みと綺麗な自然に癒され、早くもメルボルンが好きになった私。

今回は「セントパトリック大聖堂」を観光してきます!

 

 

スポンサーリンク

初トラム in メルボルン

ホテルからセントパトリック大聖堂までの行き方を調べたところ、トラムで行けるようです。

王立植物園までの道のりと同じくらいでホテルからは1時間弱。

トラムの駅は電車の駅と間違えて一度行ってるので、今日は迷う心配なし♪

余裕で歩いていると、駅に着く手前でトラムが既に到着してる!

近くを歩いていたトラムの方へ走って行ったので、私もその男性について行って無事に飛び乗れました。

 

トラムに乗り込むとすぐにMykiをタッチする機械があったので、迷わずタッチ。

 

でも他の乗客を見ていると、タッチする人としない人がいます。

よく考えるとこのトラム、無賃乗車できるよね!?

係員が出口に立っているわけでもなく、乗るときと降りるときにタッチしなければいいだけ…

結構普通にいましたよ。無賃乗車してる人。

 

ネットで調べたところ、たまに捜査員の方が乗って来るみたいです。

私は小心者なのでもちろん、無賃乗車なんてしませんよ。

 

乗ったり降りたりする人を見ていると、どうやら降りるときは赤いボタンを押すみたいです。

「降りる駅が近づいてきたらボタンを押さねば…」

と身構えていた私ですが、ボタンを押さなくてもトラムはちゃんと停まりました。

 

駅に人がいればトラムは自動的に停まるんですよね。

別の誰かがボタンを押している場合もあるし。

車内には案内板があるので、そこを見てると次に停まる駅が分かるようになっています。

誰かがボタンを押すと「次、停まります」みたいな表示も出るので(英語表記忘れた)、分かりやすくて安心でした。

 

グーグルマップの矢印に惑わされる

トラムの駅からセントパトリック大聖堂までは歩いて6分。

もちろん、グーグルマップは必須です!!

でもね、私のグーグルマップ、矢印の方向が何かヘン。進行方向向いてないんですよ。

とりあえず歩いてみて進行方向を確認するっていう…

 

あっち行ったりこっち行ったりしましたよ。

どうにかならないの、この矢印。

ネットで色々調べてみたけど、改善できなかった。。。

 

幻想的なセントパトリック大聖堂

そして到着しました、セントパトリック大聖堂!!

ちょっと圧倒されて、中に入っていいものかどうか数分外でさまよいました。

恐る恐る中にはいってみると…

わぁ、幻想的…!!

窓から太陽の光が差し込んで、何とも言えない雰囲気が漂っていました。

 

ずらーっと並んだイスの一番前に座り、お祈りしている人もいましたよ。

 

そしてセントパトリック大聖堂の一番の見どころはステンドグラス!

こんな感じでずらーっと教会の中並んでいました。

 

よく考えたら私、ステンドグラスとかあまり興味なかったかも。

せっかく来たのでとりあえず流し見して教会を後にしました。

さて、次はいよいよ一番楽しみにしていた「ビクトリア・マーケット」です!