世の中の気になるコト

【トランプラブレター】パートナーがいないので自分の好きなところを52個書いてみた

こんにちは、シズです。

海外ではトランプラブレターなるものが流行ってるそうです。

52枚のトランプ1枚1枚に、相手の好きなところを書いて渡すというものです。

悲しいことに私はトランプラブレターを渡す相手がいないので、自分に書いてみました。

 

スポンサーリンク

私の好きなところ52個!!

それでは早速いきまーっす!!

  1. 好奇心旺盛なところ
  2. 熱しやすく冷めやすいところ
  3. わがままなところ
  4. すぐに行動するとこ
  5. 両親を大事にしているところ
  6. 姉が大好きなところ
  7. 一人が好きなところ
  8. 優しいところ
  9. 髪が長いところ
  10. 長い髪を上手に巻けるところ
  11. 外見に気を遣っているところ
  12. 年齢より若く見えるところ
  13. ウォーキングをしているところ
  14. ヨガをしているところ
  15. アニメが好きなところ
  16. プロテインを飲んでいるところ
  17. 英語が話せるところ
  18. 色白なところ
  19. ブログを書いているところ
  20. 一人でラーメン屋に入れるところ
  21. 読書が好きなところ
  22. 何でも自分でやろうとするところ
  23. 鼻筋が通っているところ
  24. 手が小さいところ
  25. 足も小さいところ
  26. よく寝るところ
  27. よく泣くところ
  28. 妄想好きなところ
  29. タイピングが早いところ
  30. 小さな幸せを感じられるところ
  31. お金をケチらないところ
  32. めんどくさがりなところ
  33. 料理ができるところ
  34. 真面目なところ
  35. でもたまにぶっ飛んでいるところ
  36. 気分屋なところ
  37. 猫が好きなところ
  38. いろんな経験をしているところ
  39. 落ち込んでもすぐに立ち直るところ
  40. マイペースなところ
  41. 思いきりがいいところ
  42. 自立してるところ
  43. 痛みに強いところ
  44. 自転車で買い物に行って自転車を忘れて帰ってくるところ
  45. 向上心があるところ
  46. 野菜をよく食べるところ
  47. 負けず嫌いなところ
  48. 適当なところ
  49. 一人で海外に行けるところ
  50. 何でも検索するところ
  51. 空き巣を現行犯逮捕したところ
  52. 自分の好きなところを52個書いているところ

以上!!

 

私って素敵やん

半分くらい書いたところで苦しくなってきましたが、無事に52個達成しました!

52個も好きなところを書いたら、

私って素敵やん!!

って自分のことがもっと好きになりました。

自分のことを好きになれない人は、一度自分自身にトランプラブレターを書いてみてはどうでしょうか?

「自分に自身がない…」

そんな風に思っていましたが、私は結構自分のことが好きなのだと気付きました。

そういえば昔から姉によく、

「あんたは自意識過剰やねん!!」

って言われてました。

 

ちょっと補足を…

自分の好きなところ44に書いた、「自転車で買い物に行って自転車を忘れて帰ってくるところ」。

これ、私だけでしょうか?

自転車で買い物行ったのに、帰りは歩いて帰ってきて、家に着いて気付くんです。

「あ、自転車忘れた。」

今までに2、3回やりました。

たまに自分の忘れっぽさがひどすぎて、心配になります。。。

 

あと51に書いた、「空き巣を現行犯逮捕したところ」。

こんな状況にもかかわらず、冷静に対処できる人はなかなかいないと思います。

自分でも自分の冷静さにちょっとビビります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

 

自分の外見を褒めることって大事

日本人って謙遜の文化があるから、きっと自分の好きなところを書くとなると、内面部分ばかり書くと思います。

でも私は、自分の外見を褒めることも大事だなって思うんです。

私は自分の外見、割と好きです。

好きって思えば思うほど、絶対綺麗になっていくと思うんですよね。

私は今37歳ですが、27歳の自分よりも今の自分の方が綺麗だと思っています。

年を重ねることは止められませんが、綺麗に年を重ねることはできます。

私は外見を褒められたら素直に、「ありがとう! 嬉しい!」 って言います。

「そんなことないよー。」

とか言ってたら本当にそのようになりますよ。

 

こんな素敵な私は絶賛売り出し中です!!

素敵な女性を探しているそこのあなた!

こんなにも素敵な女性が絶賛売り出し中ですよ(バツイチですが)。

もしこんな私に少しでも興味を持っていただけたら、是非Twitterで絡んでください。