ヨガ

ヨガ初心者が独学でどこまでヨガを極められるのか挑戦してみる

こんにちは。ヨガ歴約半年のシズです。

今までヨガスタジオに通っていたのですが、本格的にヨガを学びたいと思い始めました。

まだまだヨガに関しては初心者の私ですが、これからは自宅で独学でヨガを極めていこうと思います。

スポンサーリンク

アシュタンガヨガを極めたい

私が通っているヨガスタジオにはいろんなインストラクターさんがいますが、その中で私が一番好きな方がアシュタンガヨガのインストラクターさんでした。

体はものすごく鍛えられていてポーズの一つ一つがとにかく美しく、この人みたいになりたい!って思いました。

アシュタンガヨガとは

アシュタンガヨガは流れるように次々とポーズを取っていくヨガで、最も運動量が多いヨガと言われています。

ポーズを行う順番が決まっていて、アクロバティックなポーズもその中には入ってきます。

アシュタンガヨガには6つのシリーズがあり、初級から上級レベルまで順番にヨガを極めていけるようになっています。

その最初のシリーズがプライマリーシリーズと言うのですが、正直これだけでも初心者にとっては相当難易度が高いです。

プライマリーはフルで行うと2時間程度あります。そのため、ヨガスタジオではプライマリーの半分だけ行うハーフプライマリーをいつもやっていました。

アシュタンガヨガは本当にずっと動きっぱなしなので、ハーフプライマリーだけでもものすごく体力を使います。

初心者が独学でヨガを行うのに必要となる課題

私は今日初めてアシュタンガヨガのプライマリーフルを動画を見ながらやってみたのですが、45分くらいしたところで力尽きました。

私が参考にした動画↓↓↓

後半からできないポーズが増えていくこともありますが、何よりも体力がそこまで持ちません。

45分くらい経ったところでハンドスタンド(倒立)が出てきたことには驚きました。

アシュタンガヨガのプライマリーをフルでこなせる人って、私にとってはもはや超人レベルです。

それだけ難易度の高いヨガなのでアシュタンガヨガを極めようと思えば、柔軟性・筋力・持久力の3つは欠かせません。

私は柔軟性と上半身の筋力はそこそこあるのですが、下半身の筋力と持久力が全然足りません。

アシュタンガヨガは太陽礼拝の後に立位のポーズが続くので、下半身の筋力が弱いとこの部分で早くもつまずいてしまいます。

柔軟性・筋力・持久力はどれが欠けてもヨガを行うことができないので、弱い部分を強化しながらバランス良く高めていこうと思います。

まずは太陽礼拝を極める

アシュタンガヨガのプライマリーはハーフでも難易度の高いポーズが出てくるので、前半部分の太陽礼拝だけをまずは極めようと思います。

太陽礼拝はAとBがありますが、どちらも難易度の低いポーズばかりで構成されているので、初心者にとっては行いやすいです。

太陽礼拝だけであれば15分程度でできるので、朝にさっと行うことができるのもいいなと思いました。

初心者にとっては順番も覚えやすいし、ちょうどいいくらいの運動量にもなります。

太陽礼拝は朝にやると活力が湧き、夜にやるとリラックス効果が得られると言われています。

どれくらいの期間をやったらいいのかなんて私には全く分かりませんが、自分が納得するまでとりあえずやってみようと思います。

時間があるときにヨガポーズの練習

太陽礼拝の他にも、時間があるときにはヨガポーズの練習も行おうと思います。

私は後傾のポーズが苦手なので、弓のポーズやラクダのポーズ・バックベンド(ブリッジ)などを練習したいです。

▼弓のポーズはめっちゃ苦手…

▼ラクダのポーズはなんとかできるように…

▼ブリッジも相当頑張ってます

お風呂上りには柔軟性を高めるポーズを30分くらい毎日やっています。

これも今後、なるべく欠かさないように続けていきたいです。

独学だからこそ絶対に無理はしない

ヨガで体を痛めてしまう人ってすごく多いらしいです。

私もヨガスタジオで頑張りすぎて、肉離れを起こしたことがあります。

独学でヨガをやる上で一番注意が必要なのがケガですが、一人で行うので自分で好きなだけ調節はできます。

上級者のきれいなポーズには憧れますが、初心者が同じようにできるわけはないので、私は私の行える気持いい範囲でやっていこうと思います。

痛いときは決して無理をせず、自分のできないことはできないと認める。

毎日ヨガを行う中で、少しずつ成長していけたらいいなと思います。

疲れているときは思い切って休む

今すごくヨガにハマっているので、毎日やりたい!と思う気持ちが強いのですが、やりすぎると逆に良くないのでこの辺は気をつけようと思います。

ちょっと前にヨガをやりすぎて1週間ヨガができなくなったので、疲れているときは思い切って休むことも大切だなと思いました。

ヨガは毎日やった方が効果が出るような気はしますが、一日休んだくらいで体が戻るわけではありません。

ヨガをお休みする日でも、お風呂上がりに体に負担をかけない程度の柔軟をすればいいだけの話。

体を痛めてしまったらヨガができなくなるので、自分の体の声はしっかり聞きながらヨガに取り組もうと思います。

終わりがないからこそ楽しい!

アシュタンガヨガを極めたいとは言っても、一生かかっても極めることはできないと思います。

でも終わりがないからこそずっと続けられるし、続ける限り成長も止まらないのですごく楽しいと思うんですよね。

ヨガをやっていなかったら年を重ねるだけ衰えていく一方ですが、ヨガをやることによって体が成長していくんです。

年を取るたびに体が美しくなっていくって想像したら、すごいワクワクしますよね!

1年後・3年後・5年後・10年後と、自分がどのように変化していくのか本当に楽しみです。