就職・転職

テレビ局で働いてた私がテレビ局の裏側をちょっと紹介します

こんにちは。テレビ局で派遣事務をしていたシズです。

普段見ることのないテレビ局の裏側ってちょっと気になりませんか?

今回は実際テレビ局で働いてその内部を見た私が、テレビ局の裏側をちょっと紹介します。

スポンサーリンク

芸能人に会えるの?

一番気になるのはやっぱり、テレビ局で働いてたら芸能人に会えるの?っていうところだと思います。

会えるか会えないかで言ったら、会えます。テレビ局には多数の芸能人が出入りしてますからね。

ただ、私はあくまでも事務として働いていたので、普段仕事をする中で会うことはありませんでした。

芸能人と会うときはエレベーターの中や休憩スペース、社員食堂でした。

芸能人と会うかどうかは、働く部署によっても異なってきます。

あと、キー局と地方局でもだいぶ変わってくると思います。

テレビ局も普通の会社と同じ

テレビ局って撮影スタジオがあって楽屋があって…という部分を想像する人がほとんどだと思います。

でもテレビ局にも普通の会社と同じように、営業部や経理部・総務部などがあります。

私が働いていたテレビ局はスタジオや楽屋があるフロアとオフィスフロアは完全に分かれていたので、オフィスフロアは普通の企業と大して変わりません。

ただ、編集部や制作部・アナウンサー部などがあるのは一般の企業とはちょっと異なるかな。

アナウンサー部も隔離などされているわけではなく、その他の部署と同じ並びにありました。アナウンサーといってもその局の社員ですからね。

普通の企業と違う部分は、スーツを着ていない社員さんがいっぱいいるということ。

普段着かと思うようなラフな格好をしている人もいるし、ジーパンやブーツを履いている人もいました。

オフィスには一日中テレビが流れている

テレビ局なので、オフィスにはたくさんのテレビが設置されています。

すべての局の放送が流されているので、仕事をしながらテレビも見れます。

気になるニュースなどが流れたときは、社員さんみんながテレビの前に集合するなんてこともしょっちゅうでした。

やっぱりテレビ局の社員さんって常にアンテナを張っていて、いろんな情報に敏感な方が多いです。

社員食堂は安くてクオリティが高い

写真食堂は社員だけでなく、派遣社員やアルバイトも利用できました。

メニューはうどんやラーメン・カレーなどの定番メニューから毎日変わる日替わりメニューもあり、結構充実していました。

1食300円程度なのに、クオリティは高かったです。

がっつり食べても500円くらいなので食堂を利用する社員さんは多く、お昼時はいつもかなり混み合っていました。

社員さんのスペックがかなり高い

テレビ局の社員さんって、みなさんスペックが高いです。

弁護士や会計士などの難関資格を持っている人はゴロゴロいるし、中には医学部を卒業した医師免許を持っている方もいました。

医師免許を持っている方は、リアルな医療ドラマを作りたいという思いでテレビ局に入社されたそうです。

私が所属していた部署の社員さんも仕事ができる人ばかりで、「住んでいる世界が違う…」といつも思っていました。

普通に働き続けたら30歳で年収1,000万円を超えると聞き、やっぱり住んでいる世界が違うと驚きました。

視聴者プレゼントになぜかよく当選する人

バラエティ番組なんかだと、毎週のように視聴者プレゼントを行っている番組もあります。

もちろん当選者は公正に抽選で選んでいるわけですが、なぜかよく当選する人がいました。

視聴者プレゼントを担当していた社員さんが当選者を見たら、「またこの人だ!」って思うことがよくあると言っていました。

私も一度、視聴者プレゼントの当選者に商品を発送する作業をしたことがあるのですが、当選ハガキを見たらカラフルに装飾をしている人もいれば、ボールペン一色で書いている人もいました。

こういう視聴者プレゼントって番組の感想を細かく書いてカラフルにした方が当選しやすいとはよく聞きますが、当選ハガキを見た限りそういうわけでもなさそうでした。

出入りする人が多すぎて誰が社員か分からない

テレビ局には社員さんの他にも広告代理店の人、スポンサー、芸能人などいろいろな人が出入りしています。

廊下を歩いているといろんな人とすれ違いますが、その人が社員さんなのか外部の人なのか、正直よく分かりません。

私は普段テレビを見ないので、芸能人とすれ違っても全く気付かないということもよくありました。

同じ派遣の子に「今さっき○○さんいたね!」って言われるまで、近くに芸能人がいることにも全く気付きませんでした。

社長も若くて気さくな人だったので、初めて見たときはビックリしました。

テレビ局で働いている方ってやっぱり、一般企業の人とはどこか違うなぁという印象を抱きました。

テレビ局で働いているといろんなものがもらえる

私がテレビ局で働いていて一番嬉しかったのは、いろんなものがもらえるところ。

番組の非売品グッズやスポンサーから届いた商品など、結構いろいろもらえる機会がありました。

一番もらって嬉しかったのは、プロ野球のバックネット裏のVIP席のチケットと、ミュージカルのチケットでした。

プロ野球には全く興味がありませんでしたが、バックネット裏の良席で見るプロ野球は迫力があってすごく面白かったです。

その他イベントの入場券や優待券などは、割と日頃からよくもらえます。

入社式がすごい豪華

テレビ局の入社式ってものすごい豪華です。

キー局だったりすると、有名なタレントさんや俳優さんが入社式に登場したりします。

私が働いているテレビ局でも入社式はある番組が撮影されているスタジオで行われ、タレントさんもゲストとして用意されていました。

入社式というよりも、何かのイベントのように派手で豪華な催しでした。

こんな入社式をしてもらえたら、仕事に対するモチベーションも上がるだろうなって思いました。

テレビ局での仕事は貴重な体験でした

私は登録していた派遣会社の人にたまたまテレビ局事務の仕事を紹介してもらい、条件が良かったのとミーハー心で入社したのですが、貴重な体験ができたのでいい経験でした。

テレビ局入社はかなりの難関ですが、派遣やアルバイトなら結構入りやすいです。

テレビの裏側が見てみたいという方は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

テレビ局のアルバイトを探す