コラム

【最高4万RT】Twitterでバズらせる方法を誰よりも分かりやすく解説する

こんにちは!ツイートでバズを作る天才シズです。

Twitterで初めてバズを経験したのは8ヶ月くらい前だったのですが、そこからいろいろ実験したり狙ったりするうちに自分の中でバズを作る方法がある程度確立できました。

そこで今回は、Twitterでバズらせる方法を誰よりも分かりやすく解説しようと思います。

この記事を書く前に一応Google検索で「Twitter バズらせる方法」と検索してみたのですが…

、、、全然役に立たない!!!

だって、記事を書いてる本人が全然バズを作ってないんだもん。1回バズを経験しただけで「こうすれば バズる!」みたいに言われても説得力ないし!

だから私は他の誰よりも分かりやすく細かく、自分が分析した内容をこの記事にギュギュギュっと詰め込みます。

ちなみに私のTwitter運用実績はこちら。

  • フォロワー数:9,000人
  • 過去最高RT数:4万RT
  • いいね500超:15回
  • いいね1,000超:7回
  • いいね1万超:4回

8ヶ月の間でこれなので、月に2回は500超のいいねがつくツイートを生み出している計算になります。

また、8ヶ月前はフォロワー数が1,000人くらいだったので、バズを作れるようになってからフォロワーを8,000人増やすことが出来ました。

「自分の力でバズを生み出したい!」「ツイートをバズらせてフォロワーを増やしたい!」という方は、是非こちらの記事を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

Twitterでバズらせる方法

Twitterでバズりやすいツイートにはいくつか種類があります。

Twitterでバズりやすいツイートの種類

Twitterでバズりやすいのはこんなジャンルのツイートです。

  • 面白系
  • 共感系
  • 励まし系
  • 代弁系

面白系のツイートは拡散されやすいですが、バズらせるのは結構難しいです。私もネタ系ツイートは結構するのですが、大体スベります(笑)

面白系は笑いのセンスがないと難しいですが、センスがなくてもバズらせる方法が一つあります。それは、

自分の面白いと思ったことをそのままツイートする

ちょうど最近私が面白いなと思ったことをそのままツイートしたのですが、見事にバズりました。

面白系でバズを狙うなら、面白いことを考えるよりも面白いと思ったことをツイートした方がバズりやすいと思います。

そしてTwitterで一番バズを作りやすいジャンルが「共感系」です。例えばこちらのツイート。

当時Twitterである方が「入社日に会社を辞めた!」みたいなツイートをして炎上していましたが、炎上した理由は多くの方が非常識だと思ったからですよね?

そこで私はこの非常識だと思っている多くの方が共感するであろう内容をツイートしました。そしたらいいねが1,000以上つきました。

次に「励まし系」のツイートは、バズりやすいだけでなくバズるとフォロワーが一気に増えます。なのでフォロワーを増やしたい人は励まし系を狙うといいですよ。

私は励まし系のツイートがバズり、1週間で2,000人フォロワーが増えました。

何かを達成したときは「私スゴイでしょ!」アピールではなく、「こんな私でも出来たからあなたも出来るよ!」というような励ましツイートをすれば、多くの人に支持されます。

最後に代弁系ツイートもバズりやすいです。

多くの人が思っているけど言いにくいという内容をツイートすると、いいねがつきやすくなります。

ただ人間誰しも「他人からどう思われるのか」ということを気にしてしまうので、代弁系ツイートは難易度が高いです。

Twitter民に多いタイプを把握しておく

Twitter民にはどういうタイプの人が多いのか?ということを把握しておくと、どういうツイートをすればバズりやすいのかが分かってきます。

ちなみに私が考えるTwitter民に多いタイプがこちら。

  • 意識ユルい系
  • 自己肯定感が低い

Twitter民は意識高い系よりもユルい系の方が圧倒的に多いです。なので、意識高い系ツイートよりもユルい系ツイートの方が共感されやすく、バズりやすいです。

例えばこちらのツイート。

これはフリーランスになりたいと思っている人に向けて発信したツイートなのですが、①~⑤の内容は意識ユルい系の多くの人に当てはまる内容となっています。

Twitter民は基本的に会社嫌いで働きたくないって思ってる人が多いので、このツイートを見ると「自分もフリーランスの素質がある!」となり、思わず「いいね」をしたくなるのだと思います。

そして励まし系のツイートがバズりやすいのも、自己肯定感が低い人が多いからです。

箇条書きツイートはバズりやすい

狙ってバズを作ってる人の多くが使っているテクニック、それが箇条書きです。

実は私のバズったツイートも多くが箇条書きツイート。

バズを2、3回経験したときに「箇条書きはバズりやすい」と分かったので、その後何度か狙って箇条書きツイートをしましたが高確率でバズりました。

あるあるネタや◯◯の特徴などは共感が得やすく難易度が低いので、箇条書きツイートは誰でもバズを狙いやすいです。

ツイートする時間帯も大事!

いいツイートを思いついてもすぐにツイートしちゃダメ!バズを狙うならツイートインプレッションが多くなる時間帯を狙うべし。

私は何かいいツイートを思いついても、時間帯が悪かったらとりあえず下書きに保存しておきます。そして見られやすい時間になったらすかさずツイートします。

ツイートが見られやすい時間帯はこちら。

  • 朝の8時台
  • ランチタイム
  • 18時台
  • 20時~22時

朝の8時台と18時台は通勤で電車に乗ってる人が多いから、Twitterは結構見られています。そしてランチタイムの12時台も見られやすい。

20時~22時は、ご飯を食べてお風呂に入ってゆっくりしている人が多いから見られやすいです。

バズを狙うなら時間帯も考えてツイートするべきです。

バズを作りたいならプライドは捨てる

バズを狙って起こしたいならトライ&エラーは必須。

ツイートをする中でどういうツイートが反響を得やすいのか?どういうツイートは反響が悪いのか?ということを検証すれば、バズを起こしやすくなります。

そして検証するためには実験が必要。

失敗を恐れず自分がウケそうだと思ったことはとりあえずツイート!

バズを作りたいならスベることを恐れていてはいけません。どんどんスベりましょう。スベっているうちに変なプライドがなくなります。

私が過去にバズを狙って思いっきりスベったツイートを貼っておきます。

ウケると思った自分が恥ずかしい…!!(でも気にしない)

当然フォロワー数が多い方がバズりやすくなる

バズりやすいかバズりにくいかというのは、当然フォロワー数も大きく関係してきます。

私はフォロワーが1,000人超えたあたりから反響が多くなり、5,000人超えるとバズりやすくなりました。

フォロワーが1,000人以下でもバズってる人はたくさんいますが、やっぱり1,000人以上いる方がバズりやすいです。

でもフォロワーが少ない人ほど気にせずツイート出来ると思うので、少ない間にたくさん実験ツイートをして検証しておくといいと思います。

バズりやすいツイートネタを考える方法

私が普段どのようにツイートをネタを考えているのかということをお教えします。

ツイートネタがないか常にアンテナを貼っておく

私はTwitterが大好きなので、常にツイートネタがないかアンテナを張って探しています。

アンテナを張ってないと面白いことがあっても「あー、面白かった」で終わりますよね?でもアンテナを貼っていると「面白い!あ、ツイートネタになるかも!」とすぐにTwitterに結びつけることが出来ます。

バズるツイートって自分で一から考えるのではなく、何かがきっかけで思いつくことがほとんどです。

少しでもツイートネタを思いついたら下書きに保存しておく

私は何かツイートを思いついたらすぐに下書きに保存しています。なので下書きがネタ帳のようになっています(笑)

調子のいいとき(?)は何個もツイートネタが思い浮かぶので、それらはすぐにツイートせずに一旦下書きに保存するようにしています。

ツイートネタをいくつかストックしておけば、ツイートが全然思い浮かばないときでもネタストックからツイートすることが出来ます。

そのときは面白いと思ったツイートでも、あとあと見返すと「寒っ!」てなるものもあるので、すぐにツイートするよりも一旦温めておいた方がスベりにくくなると思います(笑)

バズってるツイートを見たらなぜバズってるのか考えてみる

バズっているツイートを見たときは必ず分析するようにしています。

「なぜこのツイートはバズっているのか?」ということを考えると、どういうツイートがバズるのかということが分かってくるからです。

成功するためには人の真似をするのが一番の近道とは言いますが、Twitterのバズについても同じです。

ただ、真似るとはいっても言われたことをそのままやるのではなくて、必ず「なぜそれをやるとバズるのか?」ということを考えます。

そしてバズったツイートを分析して「このツイートは◯◯だからバズっているんだ」と自分の中で答えが出れば、自分が同じ状況になったときすぐに「これはツイートネタになる!」って思い出すことが出来ます。

考えることや分析するのが苦手な人は、ちきりんさんの「自分のアタマで考えよう」という本がおすすめです。

この本を読めば、「どのように考えればいいのか」ということが具体的に分かるので、分析が苦手な人も分析できるようになりますよ。

バズったらこんなメリット・デメリットがあるよ

バズることによって得られるメリットとデメリットをお話します。

バズったら必ず批判リプや批判引用RTはある

これはどうしても避けられない!Twitterには批判するのが好きな人がいっぱいますからね。

批判リプや批判引用RTを見るとどうしてもヘコんではしまいますが、そんなときはこう思いましょう。

共感してくれてる人の方が圧倒的に多いもんね!

バズると100%否定的な意見を受け取りますが、人それぞれ考え方が違うので「ふーん、そういう意見もあるのね」くらいに思っておくことです。

私は批判を受けすぎてだんだん慣れてきました。

批判してくる人には「メンタル強くしてくれてありがとう!」って思っておきます。

バズによっては一気にフォロワー数が増える

バズのメリットの一つがフォロワーが一気に増えるということです。特に励まし系のツイートがバズるとめちゃくちゃ増えます。

そして励まし系のツイートで増えたフォロワーさんは、いい人が多い。(気がする)

類は友を呼ぶというようにネガティブツイートで増えたフォロワーはネガティブな人が多いし、ポジティブツイートで増えたフォロワーはポジティブな人が多いです。

ちなみに面白系のツイートはバズってもフォロワーはそこまで増えません。

バズったらすかさず宣伝!効果は抜群だぞ!

バズったツイートに追加ツイートで何かを宣伝すると、かなり見られます。

私はバズったらいつもブログ記事を貼るのですが、これだけでかなりのPV数が稼げます。

過去に一番バズったツイートに貼ったブログ記事は、いいねが1,000以上つきました。

貪欲な私は調子に乗ってもう一つブログ記事を貼ったのですが、そしたらこちらもいいねが1000以上つきました。

宣伝するという行為を「なんかやらしいって思われそう…」って気にする人もいますが、そんなん気にしてたら機会損失するだけです。

別に怪しい商品を売りつけてるわけでもないんですし、ここぞとばかりに貪欲に宣伝しちゃいましょう!

承認欲求が満たされまくってめちゃサイコー!

ツイートがバズることで得られる一番のメリットは、承認欲求が満たされるということかもしれません。

止まらない通知とアナリティクスのリアルタイムをずーっと交互に延々見ちゃいます(笑)

批判を受け取るというデメリットはあるものの、やっぱり圧倒的にメリットの方が多いのでこれを読んだ方はさっそく挑戦してみてくださいね。