Netflixオリジナル作品

【Netflix】アンブレイカブル・キミー・シュミット シーズン1・第1話の感想とレビュー※ネタばれあり

こんにちは、シズです。

Netflixオリジナル作品の「アンブレイカブル・キミー・シュミット」が面白いと聞いたので、観始めました。

シーズン1エピソード1「キミー、自由になる!」の感想とレビューです。

 

スポンサーリンク

アンブレイカブル・キミー・シュミットのあらすじ

カルト集団の教祖に中学生時代に拉致・監禁された主人公のキミーは、10代を地下の狭い部屋の中で過ごします。

キミーは教祖から、「世界は核によって滅びた」と聞かされていたのです。

ようやく地下から助け出され、地下生活から解放されたキミーは、ニューヨークで新たな生活を始めようとします。

長年地下で生活していたキミーは、世の中の変化も知らずに育ち、学力も中学生レベル。

そんなキミーがニューヨークでアパートを見つけ、仕事を探し、これからの新たな人生を生きていくために奮闘するストーリです(多分)。

まだエピソード1しか観てないので、私から言えるこの物語のあらすじはこんなもんです。

 

早くも住む場所を発見!?

広告を見てアパートがある場所に行き、大家に会っていきなりルームメイトを紹介されて…

住む場所見つけるの、めちゃくちゃ早かったですね。

ルームメイトがゲイの男性っていうところが、気になります。

この2人は今後、親友になっていきそうですよね。

なんだかんだでルームメイトのタイタスはいい人そうな気がする。

アンブレイカブルな精神の持ち主、キミーの影響でタイタスも変わっていくんだろうなーって思います。

 

寄付金を盗まれて一文無しに…

寄付金としてもらった1万ドルを、クラブで盗まれてしまうキミー。

これ、なんか予想できた。

そもそもそんな大金持って何でクラブに行ったんだって感じなんですけど。

キミーがリュックを下した時点で「あ、これは盗まれるフラグだ…」って思いました。

 

タイタスの言葉が妙に突き刺さった

タイタスがキミーに言った、

「脱出と成功は違うのよ。」

っていう言葉。何か妙に突き刺さりました。

確かにアメリカンドリームを夢見て田舎からニューヨークに出てきたところで、スタート地点に立っただけですもんね。

そこから成功するかどうかは分からない。

ライオンキングのオーディションに15年間で20回も落ちて、ビラ配りをしているというタイタス。

世の中そんなに甘くないってことを、改めて考えさせられました。

そこをキミーの精神で、どのように変わっていくのかが気になるところですね。

 

主人公のキミーが誰かに似ている…

主人公のキミー、日本の女優さんの誰かに似てません?

あー…テレビ観ないので名前が出てこない。

それが気になって気になって…

主人公の年齢がもうちょっと若い方がいいなーなんて思ったのですが、まだ1話しか観てないですからね。

1話を観終わったところの主人公のキミーの印象は、あまり魅力的ではないかな。。。私的には。

いやだって、まだだいぶダサいですからね。

 

エピソード1の感想とレビュー

★★★☆☆

☆で評価をすると、3つくらいですかね。

1話ではまだそこまで盛り上がりはなかったです。

ストーリーはこれから面白くなってきそうだけど、1話の時点ではまだそこまで惹き込まれるような要素はないかな…。

25分くらいのドラマと言えば、「フレンズ」や「ビッグバンセオリー」などのコメディが思い浮かぶのですが、これらに比べると面白さにはちょっと欠ける。

まぁ、アンブレイカブル・キミー・シュミットはコメディではないんですけどね。

25分程度のドラマでサクッと観れるので、引き続き観ていこうかなとは思います。