Netflixオリジナル作品

【Netflix】アンブレイカブル・キミー・シュミット シーズン1・第4話の感想とレビュー※ネタばれあり

こんにちは、シズです。

最近Netflixオリジナル作品の「アンブレイカブル・キミー・シュミット」にハマっています。

今回はシーズン1・エピソード4の感想とレビュー。

 

スポンサーリンク

アンブレイカブル・キミー・シュミット シーズン1・第4話のあらすじ

金持ちマダム、ジャクリーンは夫の気を引くために、夫が好きな足を美容整形しようと考えます。

辛い結婚生活を「外側」から何とかしようとするジャクリーン。

そんな中、タイタスはスパイダーマンの舞台オーディションに臨みます。

タイタスを売り込むために大手事務所に突撃したキミーは、そこで事務所の人にモグラ・ウーマンだということに気付かれてしまいます。

モグラ・ウーマンだと言われたくない気持ちから、顔を整形しようと美容整形外科の乗り込むキミー。

しかしキミーはそこで観たあるCMをきっかけに、外側だけを変えても何の意味がないと気付くのです。

 

とりあえずバブリーズのCMがめっちゃ気になる

最初出てきたバブリーズのCM、めっちゃ気になった。

ゴミが散らかりまくりの部屋で目隠しされた女性が2人、

「ラベンダーの香りね。」
「潮風のにおいも。」
「育児には最適な環境ね。」

そう言いながら目隠しをはずしてビックリ!!

何このCM、めっちゃ面白いやん。

この後も2回、別バージョンでバブリーズのCMが流れる場面があったけど、どっちも全編見たかった。

 

タイタス、歌は上手いけど踊りめっちゃ下手

スパイダーマンの舞台のオーディションに臨むタイタス、歌は上手いのに踊りが全然ダメでしたね。面白かったけど。

あと、タイタスのライバルも4話で登場。

でもライバルも成功しているようで実は成功していなかったようだし、タイタスには今後も頑張ってほしい。

 

さらっと暴露された大家さんの旦那の話

スパイダーマンの舞台で俳優が重傷を負ったニュースを見て、スパイダーマンの代役のオーディションが自分にとってのチャンスだと言うタイタス。

それを聞いて大家さんは自殺行為だと反対します。

さらに大家さんが一言。

「美しい黒人の男をまた失いたくない。」

夫は大家さんたちが住むアパートで殺されたと話します。

夜中にトイレに行ってベッドに戻ってきたところを撃ち殺されたらしい。

(そうか、大家さんはそんな事件で旦那さんを亡くしていたのか…)

そんな風に思っていると、ここでタイタスからの突っ込みが。

「あなたにね。」

え? 大家さんが撃ち殺したの!?

「暗闇で黒人がベッドに近付いてきたから…」

と話す大家さん。

さらっと暴露しちゃったよね、旦那を撃ち殺した過去の話。

 

外側をいくら変えても内面の問題は解決しない

美容整形外科の待合室で、患者の女性に言ったキミーの一言。

「外側をいくら変えても内面の問題は解決しない」

確信をついているなぁって思っちゃいました。

ジャクリーンの足がいくら魅力的な足になったとしても、結婚生活が円満になるわけではない。

問題を解決したいならまず内側から始めないといけない。そして何があっても壊れない自分を探す。

なんかこのドラマ、人生の指南書みたいなドラマだなーって思いました。

 

エピソード4の感想とレビュー

★★★★☆

バブリーズのCMがとにかく面白かった。そして大家さんリリアンの過去も。

ジャクリーンやタイタスがキミーによって変わっていく姿も見ていて面白い。

最初バブリーズのCMから始まって、最終的にこのCMがきっかけになってキミーが外側だけを変えても意味がないと気付くというストーリーの流れは好き。

出張がまた6週間伸びて、日本から北京に行ったジャクリーンの夫についても気になる。

「実は浮気ではありませんでした」 ってジャクリーンがハッピーになるのを期待したい。

なんだかんだでジャクリーンのキャラクターは結構好きなんだよなぁ。