Netflixオリジナル作品

【Netflix】ユニークライフの感想・レビュー。自閉症のことがよく分かり、心が温かくなるドラマ

こんにちは、海外ドラマ好きのシズです。

最近、Netflixのオリジナル作品にハマっています。

今回は「ユニークライフ」の感想とレビュー。

スポンサーリンク

ユニークライフのあらすじ

主人公のサムは、自閉症を抱える高校生の男の子。

賑やかな音楽や照明、人ごみが大の苦手で、空気を読んだり人の気持ちを上手く理解することができません。

そんなサムがデートに興味を持ち始め、ガールフレンドを作るために頑張ったり、女の子をデートに誘ったりといろんなことに挑戦していきます。

しかし「好き」という感情がよく分からないサムは、女の子に対して失礼なことを言ったり、相手の気持ちが理解できずに傷付けてしまいます。

失敗を何度も重ねながら徐々に人の気持ちを理解したり、新しいことに挑戦することでサムが成長していくストーリーです。

ユニークライフのみどころ

見た目は健常者と変わらない自閉症患者の人が抱えている問題や、自閉症患者の家族が抱えている悩みなどがとても分かりやすく描かれています。

自閉症患者の方にとって苦手なことは何なのか、どんなことを考えながら生きているのかということが、すごく興味深くて面白いです。

健常者にとっては当たり前にできることも、自閉症の方には難しいということがたくさんあります。

エピソードが進むにつれてサムの言動が少しずつ変化していくのが、見ている私も家族のように嬉しくなります。

サムの成長を感じる行動や言葉には心が温かくなり、観ているだけで心地いい気分にさせてくれるドラマです。

自閉症を知らない人ほど観るべきドラマ

おそらく身近に自閉症の人がいないと、自閉症について興味を持つことはないと思います。

でもこのドラマを観ることで、自閉症という病気に興味を持ち、自閉症という病気がどのような病気かということが少し分かります。

もし自閉症という病気について何も知らなかったら、サムのような自閉症患者の人を見たときに「変な人」って思ってしまうかもしれません。

でも自閉症の人たちの言動が病気によるものだと知っていれば、彼らの言動を見てもおかしいとは思いません。

多くの人が自閉症という病気を知ることは、自閉症患者の方がもっと生きやすい世の中になるということだと思うのです。

海外ドラマという一つの娯楽によって、病気のことが多くの人に知れ渡るというのはすごくいいことだなって思いました。

自閉症に興味のない人ほど、このドラマを是非観てほしいです。

ユニークライフは小さな喜びがたくさん詰まった心温まる作品

ユニークライフは小さな喜びがたくさん詰まった心温まる作品です。

笑わないサムが笑顔を覚えたり、告白したり、自分が悪いことを認めて謝りに行ったり…

健常者にとっては当たり前のことでも、サムにとっては大きな一歩になることがたくさんあります。

エピソード毎にその一歩を観るのが嬉しくて、観だしたら止まらなくなります。

Netflixオリジナル作品で一番好きなドラマは「Sense8」でしたが、ユニークライフを観てからこれが一番になりました。

サムの成長する姿にはかなり胸キュンとなるので、胸キュンしたい方は是非観てみてください。