本のレビュー

有料noteよりも100倍役立つ本を5冊紹介します【モノの見方が変わる】

こんにちは!シズです。

最近は少しでも何かの分野で結果を出すと、有料noteにして販売する人が増えましたよね。

でもぶっちゃけ私は、有料noteよりも本を読んだ方が100倍役に立つと思っています。

成功した人の方法やテクってただ実践すればいいというわけではなく、「なぜその方法で実践すれば成果が出せるのか?」ということを理解した上で実践しないと同じように再現することは難しいと思います。

そして成功している人がやっていることを理解するのに最適な方法が、「本を読む」ということです。

今回は私が実際に読んで役に立ったなと思う本を5冊紹介したいと思います。

これを読めば成功している人の思考が分かるようになって面白いですよ。

スポンサーリンク

稼げる人は有料noteなんて買わなくても稼げる

本を紹介する前に、「なぜ有料noteよりも本の方が役に立つのか?」ということについて私なりの考えをお話します。

稼ぐノウハウや情報は無料で手に入る

ぶっちゃけ有料noteを買わなくても稼げる情報は無料でいくらでも手に入ります。そして稼ぐ能力のある人なら無料の情報で十分成果は出せると思います。

無料で入手できる役に立つ情報で個人的におすすめなのが、ブロガーのマナブさんが運営している「manablog」。

かなり網羅的に情報が書かれているので、これを読むだけでも十分稼ぐことは可能だと思います。

そしてもう一つ個人的に役に立つなと思う無料情報が、イケハヤさんが発信しているイケハヤメルマガ

イケハヤさんに関しては賛否両論あってアンチも多いですが、メルマガの内容はかなりクオリティが高くて「なぜこんなにも叩かれているイケハヤさんが継続して成果を出し続けているのか?」ということがよく分かります。

結局のところ、稼げる人は有料noteを買わなくても稼げるし、稼げない人は有料noteを買ったところで稼げるようにはなりません。

稼ぐために本当に必要なのはテクじゃなく試行錯誤

多くの人が稼ぐための近道を探そうとしてノウハウやテクニックに頼りがちですが、稼ぐために本当に必要なことって試行錯誤だと思うんです。

だから有料noteでノウハウを読んだとしても試行錯誤なしに実践すれば、上手くいかないときに「なぜ上手くいかないのか?」ということが分からず、そういう人は「このノウハウは役に立たない」という結論に行き着きます。

どれだけ役に立つ情報が書かれていたとしても、それを自分でしっかり理解して「正しく」実行しなければ全然意味がありません。

優良な有料noteの見分け方

有料noteなんか買わなくても稼げるという風に思っている私ですが、全ての有料noteが役に立たないと思っているわけではありません。私も過去に有料noteは買ったことがあるので。

そして私が優良かそうでないかという判断をするのに見るのはたったの一つだけです。それは、誰が書いているかということ。

私は有料noteの内容ではなく、誰が書いているのかということを重視します。そして自分が信頼している人の有料noteしか買いません。

有料noteの内容が優良かどうかって、その人自身の実績や人柄・発信内容を見れば大体分かりますよね?

だから優良かそうでないかって、誰が書いているかで私は判断します。

稼いでる人の情報源はほとんどが書籍だったりする

いろんな本を読んでいると気付くのですが、稼いでる人や成功している人のやってることや言ってることの多くが、本に書かれていることと同じだったりします。

成功者が実践している内容って「成功している人がやっていること」みたいな本に書かれていることと本当によく被ってるんですよね。

だから成功している人も「本を読む→実践する→成果が出る→実践したことを発信する」という流れで発信していて、元を辿れば本に行き着くのではないかなと私は思います。

実際成功している人の多くが本を読む習慣がありますしね。

有料noteよりも100倍役立つ本を5冊紹介します

ちょっと前置きが長くなりましたが、私が実際に読んで役に立ったなと思う書籍を5つご紹介します。

①自分のアタマで考えよう

社会派ブロガーのちきりんさんが書かれた本です。

悲しいですが、現実としてこの世の中は情報弱者が搾取される世界です。そして情報弱者とは、「知らない人」というよりも「自分で考えることが出来ない人」だと私は思っています。

そしてTwitterなんかを見ていると、「自分で考えることが出来ない人」がたくさんいます。情報に振り回されたり鵜呑みにしたりする人ってすごく多いですよね?

「自分は騙されたりなんかしない」と多くの人が思っていると思いますが、そういう人たちの多くも自分の気づかないところで情報に操作されています。私もそうでした。

でも、ちきりんさんの「自分のアタマで考えよう」を読むと、自分が今まで「自分の考え」だと思っていたことは全然自分の考えなんかではなく、情報としてそのままインプットしただけのものだったんだなと気付きました。

自分の頭で考えられるようになると、むやみに情報に左右されることなく物事の本質を見ることができるようになります。

搾取される側の情弱になりたくないのであれば、「自分の頭で考える」ということが具体的によく分かるちきりんさんの本を読んでおくことをおすすめします。

②残酷すぎる成功法則

マネー関係の本をたくさん出されている橘玲さんが監修・翻訳をされた本です。

この本を読んでて面白かったのは、成功している人たちが実践していることが多く書かれていたというところ。

例えば成功している人の多くが「Give精神が大事」と言っていますよね?最初はひたすらGiveをしろ!みたいな。

そしてGiveをすることで将来的に自分はどのようなものが得られるのかということが、この本にはものすごくわかりやすく書かれています。

イケハヤさんはよく「情弱をカモにして稼いでいる」なんて言われていますが、この本を読めばイケハヤさんの考えていることや実践されていることの本質がよく分かります。

なんていうか、イケハヤさんは成功法則をまさに体現されている方という感じです。

あれだけアンチが多いのにその一方で多くの成功者からも支持されているイケハヤさん。

私はこの本を読んでいる途中にイケハヤさんのYoutubeを見たのですが、まさにこの本に書かれていることを実践されていたので「なるほど!」となりました。

実績を出されている方のやっていることや言っていることの本質が知りたい方は、この本を読むとよく分かりますよ。

③1440分の使い方

この本は成功者がいかに時間管理をしてその成功を掴み取ったのかということが詳しく書かれています。

「隙間時間を有効に使いたい」「やりたいことがあるのに時間がない」という人がこの本を読めば、時間を簡単に捻出できるようになります。

私もこの本を読んで書かれていることを実践したら、ビックリするくらい時間が増えました。増えたというか、今までいかに無駄なことに時間を使っていたのかということが分かりました。

仕事の効率も今までの3倍くらい上がったので、この本を読んだおかげで一日でやれることの数がめちゃくちゃ多くなりました。

時間だけは全人類に平等に与えられているものなので、これをいかに有効に使うかで成功するかしないかが決まってくると言っても過言ではないと思います。

④予想通りに不合理

これは行動経済学に関する本です。

私たちは毎日のように何かを選択しながら生きていますが、自分で選んだと思っている多くのことが実は「選ばされて」いるのだということがよく分かります。

そして、「人間はどのような状況でどのような判断をするのか」ということが実験を元に実証されているので、これを読むことで「相手を自分の思い通りに動かすにはどのように操作すればいいのか」ということが分かります。

行動経済学の本を読めばマーケティングにすごく活かせるので、仕事でマーケティングを使う人はぜひ読んでおきたい一冊です。

⑤100円のコーラを1000円で売る方法

これはマーケティングに関する本です。題名からして気になりますよね。

ブログアフィリエイトをやっているブロガーや、自分の商品やサービスを売っているフリーランスの人なら読んでおいて損はないと思います。

コミックなのでマーケティングの知識が全くない人でも、すんなり頭に入ってくると思います。読み物としても普通に面白いです。

100円のコーラを1000円で売る方法をを見れば、「なるほど…!!」ってなりますよ。

本は1冊ずつではなく同時読みした方が理解度早くなる

本は3冊とか5冊とか一気に購入し、全部同時進行で読んでいく方が理解度は早くなります。理由は点と点が線でつながるからです。

同じジャンルの本って似たようなことが書いていることも多いので、同時に読むことで「この部分、なんか別の本でも出てきた!」となったり、別の言い方をされていて「あの本で言っていたことはこういうことだったのか!」みたいにもなります。

ページ数が多い本だと1冊読み終えるのって大変ですが、同時に読むと気分転換も出来るし読むスピードも早くなりますよ。

ということで、今回は有料noteよりも100倍役立つ本として5冊の本を紹介しました。

Amazonプライム会員であれば、5冊全て購入してもたったの2,500円程度です。(※無料で読める書籍もあります)

そう考えると、有料noteを購入するより書籍を購入した方がお得でより良い情報が得られると思いませんか?