フリーランス生き方

3ヶ月でフリーランスWEBデザイナーになった私の働き方と仕事の取り方

こんにちは!フリーランスWEBデザイナーのシズです。

私はアラフォー未経験でWEB制作会社に入社後、3ヶ月で退職してフリーランスとなりました。

スキルも経験も十分ではない中、勢いでフリーランスになったわけですが、最近いろんな人に「仕事ってどうやって取ってるの?」と聞かれます。

そこで今回は、3ヶ月でフリーランスWEBデザイナーになった私の働き方と仕事の取り方をご紹介します。

フリーになりたいけどスキルがなくて悩んでいる人、スキルはあるけど仕事を取れるかどうか不安な人、将来的にフリーになりたいという人は是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

新米フリーランスの私に仕事があるワケ

私はフリーランスになってすぐに仕事をもらえたのですが、これはTwitterで知り合ったある人物のおかげなんです。

私はTwitterが大好きで普段から暇さえあれば見ているのですが、ある日こんなツイートをしたんです。

そしたら一人の方が「自分のスキル教えますよ~」ってお声を掛けてくれたんです。

それが今の私の師匠であり、一緒にお仕事をさせてもらっているパートナーのよしさん(@shitan26614486 )です。

そしてお仕事はよしさんが取ってきてくださり、クライアントさんとのやり取りも全て対応してくださってます。

私が優秀なワケではなく、ただただ人に恵まれました

「3ヶ月でフリーランスとかすごいですね!」ってよく言われるのですが、私は別に優秀なんかじゃないんですよ。

ただ、ものすごく人に恵まれたなと。

でもこれって実は、フリーランスになる上で一番重要なのかもしれません。

どれだけスキルがあったとしても、仕事を取ってくる営業力や人脈がないと仕事にはありつけません。

逆にスキルがそこまでなかったとしても、人脈や人望があればお仕事に困ることはないと思います。

私はそこまで人脈も人望もありませんが、Twitterで毎日情報発信することで応援してくださる方がたくさん増えました。

Twitterをやっていなかったら師匠と出会うこともなかったし、本当にTwitterをやってて良かったなって思います。

チームでお仕事をするということ

私は現在師匠の力を借りて一緒にお仕事をさせて頂いているワケですが、分からないことはすぐに聞けるし作業のチェックもしてくれるのでめちゃくちゃ助かっています。

ただ、チームで仕事をするっていいことばかりではありません。

実は私、師匠とタッグを組む前は別の方とチームで仕事をする予定でした。

でもその方とは結局上手くいかず、チームはすぐに解散となりました。

一度失敗したからこそ分かるのですが、一緒に仕事をする相手は慎重に選んだ方がいいです

ちなみにこんな人は要注意!

  • 上から目線な態度
  • 自分の意見を押し付ける
  • 人の意見を聞かない
  • 自分の都合で動こうとする

チームを組むとは言っても、個々のスキルには差があります。

そうなるとやっぱり、スキルの低い人がどうしても立場が弱くなってしまいます。

だから自分のスキルや経験に自信のない人ほど、一緒に仕事をする相手はかなり重要になってきます。

誰かと一緒にチームを組んで仕事をする場合は、違和感や不信感を抱いたら我慢せずにはっきり伝えた方がいいですよ。

こちらが思ってることや意見を伝えたときに相手がどう反応するかを見れば、その方が信頼出来るかどうかはすぐに分かると思います。

フリーになる前にやっておきたいこと

もしこれからフリーになりたいというのであれば、少しでも横の繋がりを広げておくことをオススメします!

私のオススメはやっぱりTwitter!

Twitterで気になる人をフォローするだけでなく、積極的に声も掛けていった方が絶対いいと思います。

そしてこれはいろんな人が言ってますが、情報を発信することでいろんな情報が入ってくるようになります。

それからTwitterって自分という人間を売り出すにはもってこいの場です。

自分を少しでも多くの人に認知してもらえれば、それだけ仕事のチャンスも広がります。

スキルや経験が少なくても、「あの人だからお願いしたい!」って思ってくれる方もいるかもしれません。

Twitterは気軽にいろんな人と絡めるだけでなく、ツイートがバズったときの拡散力は凄まじいです。

そしてツイートがバズると、フォロワー数も千人単位で一気に増えたりします。

だから「フリーランスになりたいけど何からしたらいいか分からない…」っていう人は、とりあえずTwitterに力を入れてみてはどうでしょうか?

これだったら今からでもすぐに出来ますよね!