WEBデザイナー

【WEBデザイナーの年収】大事なのは給料じゃなくてどうなりたいか

こんにちは!シズです。

私は30代後半で全くの未経験からWEBデザイナーになったので、WEBデザイナーを目指す人からよく質問をもらいます。

その中でちょくちょくあるのが、

WEBデザイナーってどれくらい稼げるんですか?

っていう質問。

これね、正直答えにくいのよ。

WEBデザイナーっていっても働き方や働く場所によって収入は大きく変わるし、一概に「年収300万くらいですかね」なんて言えません。

だからWEBデザイナーを目指す人に言いたいのは、

大事なのは給料じゃなくてどうなりたいか

ってこと。

スポンサーリンク

WEBデザイナーの年収っていくらくらいなの?に対する私の回答

WEBデザイナーとしてどこで働かくによって大きく変わってきます。

一番給料が少ないのはおそらくWEB制作会社。

WEB制作会社は小さい会社が多く、給料が安くて業務量が多いといういわゆる世間で言われているブラック企業なとこが多いんじゃないかと。

私が働いていたWEB制作会社は未経験入社の場合、基本給は19万でした。めっちゃ少ないでしょ?

ただ、私が働いていた会社は土日祝休みで残業も多くて2時間くらいしかなかったので、WEB制作会社の中では楽な方だと思います。(給料は安いけど)

これが一般企業のWEB部門で働くWEBデザイナーの場合(インハウスデザイナーと呼びます)、WEB制作会社に比べると給料や待遇は良くなります。

そしてフリーランスとして働く場合、WEBデザイナーとしてどこまでのスキルを持っているかによって稼げる金額は大きく変わってきます。

たとえばWEBデザインしかできなかったらそこまで稼げませんが、WEBデザイン~コーディング・WordPress構築までできるスキルがあればそこそこ稼げます。

WEBデザイナーといっても人それぞれできる範囲って全然違うんですよね。

働く会社によってもどこまでの業務を行うかっていうのは変わってきます。

大きい会社だったらWEBデザインとコーディングは分業されてるし、私が働いていたような小さな会社の場合はWEBデザイナーがディレクションからコーディングまで行うことは珍しくありません。

WEBデザイナーとして稼ぐ方法はある

WEBデザイナーには興味があるけど稼げないのだったらちょっと…と悩んでいる人もいるかなと思うのですが、稼ぐ方法はあります。

1.給料がいい会社のインハウスデザイナーとして働く

給料がいい会社のインハウスデザイナーとして働けば、当然それなりに稼ぐことはできます。

リクナビNEXTで「WEBデザイナー」と入力して検索してもらえれば分かると思いますが、年収400万くらいの求人は普通にあります。

ただ、求人はやっぱり東京とか大阪とか都市部がほとんどなので、地方の方はちょっと厳しいかも。

2.WEB制作会社でスキルをつけた後に転職して給料アップを狙う

まずはスキルが伸ばせるWEB制作会社に就職してスキルを磨き、スキルがある程度身についたらそのスキルと経験を活かしてもっと給料のいい会社へ転職すれば給料は上げられます。

当たり前の話ですが、スキルが低いうちは当然給料は少なくなるし稼げません。

だから稼ぎたいのであればこの時期は頑張ってスキルを磨くことに集中し、長期的な目線で収入を少しずつ上げていくしかありません。

3.スキルを横展開で増やしていく

WEBデザインだけでなくWEB制作に使える他のスキルを横展開で増やしていくと、稼ぎやすくなります。

例えば、

  • コーディング
  • WordPress
  • SEOライティング
  • WEBマーケティング

このようなスキル。

WEBデザイン勉強中の人はWordPressでブログを書いていれば、「SEOライティング」「WEBマーケティング」「WordPress」の知識を身につけることができるので、ブログ開設は絶対やっておいた方がいいですよ。

ちなみに日記ブログを書いているだけではSEOライティングやWEBマーケティングの知識は身につかないので、ブログをやるならブログアフィリエイトに挑戦してみてください。

参考:【ナゼ?】ブログを書くだけで収入が得られる仕組み【徹底解説】

WEBデザイナーになりたいなら考えるべきは給料じゃなくてどうなりたいか

WEBデザイナーになりたいなら考えるべきは給料のことではなく、WEBデザイナーになってどうなりたいかです。

将来的にフリーランスになりたいならスキルを磨くことが必要だから、最初は給料が安くてもWEB制作会社に就職した方がいいし、

会社で安定した給料をもらいながらWEBデザイナーとして働きたいならインハウスデザイナーを目指せばいい。

どこを目指すかによって今やるべきことは変わってくるので、まずは自分がどうなりたいのかをよく考え、そのためには今何をすべきかということを考えるべきです。