生き方

「負け組」「勝ち組」ってなんやねん!幸せかどうかは全て自分次第

こんにちは!シズです。

先日、質問箱にこんな質問をいただきました。

え~っと…まず最初にちょっといいかな。

「失礼な質問で申し訳ないんですけど」ってさ、失礼って分かってるならやめてくれるかな?

あのね、自分が失礼だと思うことって確実に相手にとっても失礼だと思うの。

でさ、失礼なことをされたらどんな気持ちになるかって考えたら分かるよね?

楽観的でポジティブ思考の私でもさすがにヘコんだよ!

…とまぁ、文句はこの辺にしておきます。ネガティブを引きずるのは嫌なので。

で、私が特に気になったのはこの質問の中にある「負け組」って言葉。

人の人生に勝ち負けなんてないのに、「勝ち組」「負け組」って言葉があること自体、私はものすごく違和感を感じます。

スポンサーリンク

独身アラフォーって最高なんですけど

質問者は独身アラフォーである私のことを負け組と言ってますが、それは「独身アラフォー」に対してこんなイメージや考えを持ってるからではないでしょうか?

いい歳してパートナーがいない

アラフォーっていう年齢に対しても、独身っていうことに対してもネガティブな側面しか見ていない。

でも「独身アラフォー」にはこんなポジティブな側面もあります。

  • 自由に恋愛ができる
  • お金と時間を全て自分のために使える
  • 独り身だから身軽

お金も時間も全て自分のためだけに使えるし、決まったパートナーがいないから恋愛だって自由にできる。

そして独り身だから誰の許可もなくふらっと海外にだって行けちゃうし、仕事を辞めたりスナックでアルバイトを始めたりすることもできちゃうんです。

独身アラフォー、最高なんですけど。

どんなことにもネガティブな側面とポジティブな側面があるんです。

そしてどっちを見るかは自分次第。

だから私にとって、独身アラフォーは全然ネガティブなことじゃありません。

世間的に見て「勝ち組」の条件を持っていたとしても、幸せとは限らない

現在は「アラフォー独身・定職なし」の私ですが、以前は「大手外資系企業勤務・夫は7歳下の外国人」という状況でした。

条件だけを見ると、世間的には「勝ち組」と言われるステータスなのではないかなと思います。

でもどれだけ世間的に見て勝ち組の条件を持っていたとしても、その本人が必ずしも幸せというわけではありません。

大手外資系に勤めてたので待遇も給料も良かったですが、仕事内容がキツくてうつになったし、7歳下の外国人夫とも結婚後は上手くいかず、幸せとは程遠い状況でした。

幸せって「世間の常識」とか「条件」で決まるものではなく、「本人がどう感じているか」が全てだと思います。

定職なんてなくたって別にいいんじゃない?

私、飽き性なんですよ。だから同じ仕事をずーっとやり続けるのは私にとって苦痛でしかなくて。

だから私、決めたんです。

定職は持たずにいろんなことをやって生きよう

って。

だから今はWEBデザインやったりブログ書いたりコンサルしたりスナックのバイトしたり等、定職と呼べるようなものは持っていません。

私の理想は本業を一つ持つことでもなく、本業と副業を持つことでもなく、本業がなく副業をいくつか持っていてそのときやりたいことに比重を置くっていうスタイルなんです。

そんな私は、こんな風に思っています。

定職なんてなくたって別にいいんじゃない?

どんな状況でも私が幸せって感じていたら幸せだし、逆にどれだけ世間的に幸せだと思われるような状況でも私が幸せを感じてなかったら幸せじゃない。

幸せかどうかは全て自分次第

独身ってことに対して「寂しい」「誰からも選ばれてない」ってネガティブな側面を見てネガティブな感情を抱けば不幸になるし、

逆に「自由」「身軽」ってポジティブな側面を見てポジティブな感情を抱いていたら幸せになる。

年齢に対して「いい歳だから…」ってネガティブな感情を抱けば不幸になるし、

逆に「今が一番若い!」ってポジティブな感情を抱けば幸せになる。

地位や世間体を守るためにやりたくもない仕事をするより、地位も世間の常識も捨てて自分のやりたいことをやる方が幸せ。

結局のところ、幸せかどうかなんて全て自分次第なんですよね。

人それぞれ幸せを感じることは違うし、その基準も違う。

だから幸せって他人が決めるものじゃないし、人の幸せに口出す権利なんて誰にもない。

何をしててもどんな状況であったとしても、自分が幸せって思えるなら誰が何と言おうと幸せなんですよ。

だから私はこれからも世間の常識や他人の言うことなんて気にせず、自分が幸せを感じることをして生きていきたいなって思います。