就職・転職

超ホワイト企業は社員も役員もみな優秀でさらに優しかった

こんにちは、シズです。

ブラック企業の話はよく聞きますが、ホワイト企業の話ってあまり聞かないですよね?

私は転職をたくさんくり返してきたのですが、その中で一つ、超ホワイト企業がありました。

その企業は社員も役員もすごく優秀な方ばかりで、さらにすごく優しい人たちでした。

スポンサーリンク

風通しのいい社内と優秀すぎる社員さん

私は派遣社員として、とあるマスコミ関係の企業に入社しました。

社内はとても風通しがよく、社員さんはとても伸び伸びと仕事をしていました。

そして私が所属していた部署の社員さんは、見事にみなさん優秀だった!

私はこんなに優秀な人たちが集まった部署を、未だかつて見たことがありません。

何が優秀かというと、

  • 仕事が早い
  • 指示が的確
  • 部下の扱いが上手い

私から見た社員さんの印象は、みんな頭良すぎ!!

社員さんの頭の回転がとにかく早いので、最初はそれについて行くのに苦労しましたが。

優しすぎる取締役

私は取締役の秘書的業務も少しやっていたのですが、この方が本当に優しかった。

コピーは自分で取る

ある日、取締役が何か自分でコピーを取っているのを見かけたので、私は慌てて取締役に「私がやりますよ!」と声を掛けました。

そしたら取締役は、私にこう言いました。

「いいよいいよ。これくらい、自分でやるよ。」

すっごい忙しい方なのに、自分で出来ることは自分でするというスタンスの素晴らしい方でした。

ちなみに私が働いている間、取締役にコピーを頼まれたことは一度もありませんでした。

ビックリするくらい腰が低い

私の業務は結構少なく、大体いつも時間を持て余していました。

でも取締役は、そんな私にでも何か指示をするということは絶対にありませんでした。

取締役が私に指示するのではなく、お願いしてくるのです。

例えば来客があったとき、気づいたときはお茶出しをするのですが、たまに作業をしていて気づかないときもありました。

そんなとき、取締役はわざわざ私の席に来て、

「すみませんが、お茶を出してもらってもいいですか?」

とお願いをしに来てくれるのです。

その言い方がいつも丁寧で、そして申し訳なさそうに言ってくるので私からしたら、

「むしろ気づかなくてすみません!」って感じでした。

お茶出しって好きな業務ではないですが、こんな風にお願いされたら嫌な気せずにできちゃいますよね。

何か手伝うたびにお礼を言ってくれる

取締役は私が名刺の整理をしたりコーヒーを入れたりするといつも、「すみません、ありがとうございます。」とお礼を言ってくれました。

取締役に関する雑務は必須業務ではなかったのですが、本当に優しくていい人だったので何も言われてなくても「何かお手伝いさせていただきたい!」という気持ちでいっぱいでした。

世の中にはたいした仕事もしてないのに態度だけ偉そうな重役がいっぱいいますが、これってその人にとっても何もいいことないですよね?

部下は上司が頑張れば頑張るほど自分も頑張ろうって思うものです。

所属長も優しすぎた

役員の方だけでなく、私が所属していた部署の所属長も本当に優しかった。

依頼されたことをやると、それがすごく簡単なことであっても「ありがとう! 助かったわ!!」といつも気持ちよくお礼を言ってくれました。

そしてこの方、社員全員が口を揃えて、「所属長は本当にいい人!」というくらいみんなから信頼・尊敬されてました。

何がすごいって、他の社員の誰よりも忙しく働いていました。

仕事ができるし、優しいし、部下の育て方も上手い…

上司としてだけでなく、人間としても尊敬できる人でした。

やっぱりトップが優秀な方だと、部下もみんな優秀になるんですねー。

いろんなものをくれる

働いている間、私はいろんなものをもらいました。

結構大きな会社だったので、クライアントの企業からお歳暮とかお礼の品とか、いろいろ届くんですよね。

それをいつも、「持って帰っていいよー」っていろいろくれました。

あとスイーツ好きの社員さんがよく、自分が食べたいからと言いながら、女子にスイーツを買ってきてくれました。

普段自分では買わないような高級スイーツばっかりだったので、「ラッキー!」って感じでした。

それ以外にも、優待チケットやミュージカルのチケット、イベントの入場券などもよくもらってました。

一般事務なのに時給が高かった

私の住んでいる地域では、一般事務の時給の相場は1,200~1,300円です。

私は特別なスキルも資格もなく高卒ですが、このとき時給1,500円もらってました。

マスコミという業種だったから時給が高かったのかなーとは思いますが、することは一般事務とたいして変わりませんでした。

というかむしろ、雑務メインだったので仕事自体はものすごく簡単なものばかりでした。

辞めるときの送別品もすごかった

派遣ということで最初から契約期間が決まっていました。そして退職するとき、私は送別品としてテレビをもらいました。

テレビですよ、テレビ。送別品にテレビとかすごくないですか?

当時テレビを持っていなかった私に、社員さんがみんなでテレビを買ってくれたのです。

もう本当に、最後の最後までお世話になりっぱなしでした。

ホワイト企業って優秀な人材が集まってる

やっぱりホワイト企業って優秀な人材が集まってますね。

私は自分が所属していた部署しか分からないので、他の部署にはもしかしたら仕事のできない人はいたかもしれませんが。

とはいっても話を聞いているとこの会社には、弁護士・公認会計士・社労士・税理士などなど、一般社員でもこういう資格を持っている人たちがいっぱいいました。

優秀な人も多かったけど、個性的な人も多い感じでした。

私はもともとこの企業に応募した理由が、「なんか面白そう」というミーハー心だったのですが、いい経験をいろいろさせてもらえたので働けて良かったです。