ヨガ

ヨガ初心者におすすめの本「YOGAポーズの教科書」は丁寧でとっても親切!

こんにちは、ヨガ中毒のシズです。

ヨガにハマりすぎて毎日ヨガをしているのですが、ヨガのポーズって正しく行えてないとあまり意味がないんですよね。

というか、間違ったやり方をしていると体を痛めてしまう危険性があります。

でもヨガポーズのことってヨガスタジオでもそこまで丁寧に教えてくれないし、見よう見まねでやっている人も多いのではないでしょうか?

そんな方には、ヨガポーズの基本が丁寧に解説されている「YOGAポーズの教科書」という本がおすすめです!

スポンサーリンク

ヨガスタジオでは教えてくれないヨガポーズの基本

ヨガスタジオって一人のインストラクターが数十人の生徒を見ているので、そこまで丁寧にポーズについては教えてくれません。

私もヨガスタジオには通っているのですが、参加されている生徒さんを見ていると思いっきり体を傷めそうなポーズをとっている人がたくさんいます。

せっかく美容や健康のためにヨガをしているのに、効果が出ないどころか体を傷めてしまっては意味がありません。

高いお金を払ってヨガスタジオに通っているのも、無駄になってしまいますよね。

ヨガって基本を知っているのと知らないのとでは、体にかかる負担も大きく変わってきます。

ヨガを正しく行い効果を最大限に出すためには、ヨガポーズの基本は絶対に知っておかないといけません。

ヨガポーズの基本を学ぶにはYOGAポーズの教科書がおすすめ!

ヨガに関する本っていっぱい出ていますが、正直私はこの一冊で十分なのではないかなと思っています。

YOGAポーズの教科書。

日本ヨーガ瞑想協会の会長である綿本彰さんが書かれた本です。

綿本さんのお父さんは日本ヨーガ瞑想協会の名誉会長であり、綿本さんは幼いころからヨガに親しんでこられたそうです。

この本のおすすめポイントは、とにかく解説が丁寧なのと、初心者に優しいところ。

ヨガポーズの基本を知らなかった私にとっては、まさにかゆいところに手が届く本でした。

ヨガポーズが果たす役割

ヨガポーズの効果って柔軟性が上がったり筋肉がついたり…ということは初心者の方でもわかると思います。

でもヨガポーズって私たちが思っている以上に、いろいろな効果があるんですよ!

そのことがYOGAポーズの教科書には丁寧に書かれています。

この一つのポーズでこれだけ作用があるなんて、知ってました?私は知らなかったです。

ヨガポーズには筋肉を伸ばすだけでなく、マッサージやバランス・逆転効果で整体効果もあるんです。

だから体の表面だけでなく、体の内側から不調が改善されていくんですね。

ポーズをとるのに重要なバンダ

ヨガをやっているみなさんはバンダってご存知ですか?

バンダとはヨガポーズをとるときのテクニックで、骨盤底・お腹・喉の三ヶ所を軽く締めることです。

この本にはバンダについても、詳しく解説されています。

バンダを知った後に私も早速試してみたんですよ。

そしたら今まで太ももが辛かった英雄のポーズが、バンダを意識するだけですごく太ももが楽になったんです。

バンダを意識すると、体が上にふわっと持ち上げられる感じがするんですよ。

これを体感したときは「おぉっ!!」って感動しました。

こんなに重要なバンダのことを、私はこの本に出会うまで知りませんでした。

初心者でも無理なくポーズがとれるように解説されている

YOGAポーズの教科書がいいなと思うところは、完成形のポーズに関する解説だけではないところ。

たとえばバランス系のポーズで、立ち木のポーズ(ヴリクシャ・アーサナ)があります。

私もバランス系のポーズは苦手なのですが、このポーズって慣れるまではふらふらしてしまいませんか?

でもそんな初心者のために、段階を踏んでポーズを完成形に持っていけるようにしてくれているのです。

完成形のポーズをとることが重要なのではなく、自分の形を見つけることが大切だとこの本では解説されています。

つま先をついた状態なら、初心者でも無理なく行えますよね。

YOGAポーズの教科書は、「ヨガって頑張らなくてもいいんだ!」ということをしっかり教えてくれる教科書なんです。

ポーズを行う際の注意点やポイントがわかりやすい

ヨガポーズって間違った形で行うと、体に負担をかけるだけになってしまいます。

そんなことにならないよう、YOGAポーズの教科書には注意点やポイントがわかりやすく解説されています。

もうね、知らなかったことがたくさん書いてあってめちゃくちゃ勉強になりました。

辛いときはこういうアイテムを使えばいいですよーとか、こういう風に足を動かせばいいですよーということが書かれていて本当に親切なんです。

私のような完璧主義の人間は最初からパーフェクトを目指そうとしてしまうので、この解説はありがたいです。

YOGAポーズの教科書は誰も教えてくれない大切なことを教えてくれる本

YOGAポーズの教科書を読んでから、ヨガに対する考え方が変わりました。

ただなんとなくでポーズを行うのではなく、一つ一つのポーズを丁寧に行うようになりました。

最近は体の柔軟性もどんどん上がってきて、ヨガ中毒になるくらいヨガにハマっています。

YOGAポーズの教科書は、ヨガの初心者やヨガの効果があまり感じられない人におすすめの本です。

正直ヨガに関する本ってこれ一冊で十分かなくらいに私は思っています。