ヨガ

目が疲れた時に効くヨガポーズ!実際試して即効性のあったもの5つ!

こんにちは。ヨガを独学で極めているシズです。

スマホを長時間使っていたり、仕事でパソコンを使っていると目がすごく疲れますよね。

私も昨夜、すごく目の疲れを感じてヨガでなんとかこれを解消できないかと思ったんです。

そこで眼精疲労に効くと言われているヨガポーズをいくつか試してみたところ、即効で目が楽になったんです!

今回は私が実際に試して即効性のあったヨガポーズを5つ、紹介します!

スポンサーリンク

①立位前屈のポーズ

何で立位前屈のポーズが目の疲れに効くのでしょうか?私にも分かりません。

でもこのポーズをした瞬間、目の奥がすーっと楽になったんです!

体の柔らかい人は、背中を伸ばした状態で床に手を着きます。股関節から折り曲げる感じです。

体の硬い人は床に手が届かなかったり背中が丸くなってしまうので、腰に負担をかけないように膝を曲げます。

曲げた足の太ももにお腹を乗せるような感じで前屈してくださいね。(※写真参照)

ポーズをキープしたまま、何度か深呼吸を繰り返します。

②ダウンドッグのポーズ

ダウンドッグのポーズは四つん這いの状態からお尻を天井に突き上げるように持ち上げ、体で三角形を作るポーズです。

ヨガ初心者の方や体が硬い人はつらいと思うので、膝を曲げたりかかとを上げたりして楽な姿勢を見つけてくださいね。

ポイントは背中を真っ直ぐに保つことです。目線はつま先あたりを見るようにします。

腕がつらい人は、肩を上にずらしてみてください。

こんな形でも十分効果はあります。

③うさぎのポーズ

ウサギのポーズは正座の状態で手を前につき、頭頂部を床につけるポーズです。

頭のてっぺんには百会(ひゃくえ)というツボがあり、目の疲れだけでなく頭痛や肩こり・自律神経を整えるのにも効果があるんですよ。

肩こりも気になる人は、肩甲骨を寄せて背中で手を組み、組んだ手を天井に向かって伸ばすとより効果的です。

私は目の疲れを感じた時は頭痛や肩こりも同時に感じることが多いのですが、頭頂部をグリグリするとすごくスッキリします。

④魚のポーズ

魚のポーズは仰向けで寝転がり、両手をお尻の下に入れて肘で床を押し、背中を反らすようにして頭頂部を床につけるポーズです。

このポーズも頭頂部を刺激するので目の疲れが和らぎ、胸を開いて呼吸をすることでリラックス効果も得られます。

初心者や体の硬い人でも行いやすいヨガポーズですが、ポーズを解くときには注意が必要です。

いきなり頭を起こすことはせず軽く頭を持ち上げ、背中を床に下ろしてから後頭部をゆっくりと床に下ろします。

体を痛めないように少しずつ体を動かしてポーズを解いてくださいね。

⑤鋤(すき)のポーズ

鋤(すき)のポーズは、体の硬い人やヨガ初心者にとってはちょっと難しいポーズです。

仰向けに寝転がった状態で足を90度に上げ、そこから足を頭の後ろに持っていきます。

体の硬い人や足が上がらないという人は、腰に手を添えた状態で膝を曲げておでこにつけた状態でもOKです。

ポイントは背中を真っ直ぐに保つこと。

肩立ちが出来る人は、一度肩立ちの状態になってから足を頭の後ろに下ろすと背中が真っ直ぐの状態を保てます。

生理中のときは、このポーズをやるのは控えてくださいね。

目が疲れた時のヨガポーズは即効性あり!

私はよく眼精疲労に悩まされるのでいろいろ試してきましたが、ヨガポーズって即効性があってかなりおすすめです!

目が疲れた時って目のストレッチをしてみたり眉間をマッサージしたりする人が多いと思いますが、それよりも今回紹介したヨガポーズの方が効きますよ!

ヨガに興味のない人も、いくつかヨガポーズを覚えておくだけで調子の悪い時にすぐ試せるので便利ですよ。

私はヨガを独学でやるようになってから、体の不調はヨガで治すようになりました。

体だけでなく心の疲れを取ることもできるので、かなり重宝しています。

目の疲れを簡単に解消したい!っていう人は、是非今回紹介したポーズを試してみてください!

どれか一つを行うだけでも、すぐに効果を実感できると思います。