弱虫ペダル

アニメ【弱虫ペダル】第2話「部員をふやすため」自転車って奥が深くて面白そう!!

こんにちは、シズです。

新しく見始めたアニメ「弱虫ペダル」の第2話を観ました。

1話を観た後、「なんとなく面白そう…」 と思いましたが、2話を観て確信しました。

このアニメ、絶対面白い!!

 

 

スポンサーリンク

部員を増やすため…

同級生の今泉に自転車での勝負を挑まれた坂道は、断ろうとします。

がしかし、ここで今泉は坂道にこんなことを言い出します。

入ってやるよ。俺が負けたらこのアニ研に。

そう言われた坂道は、アニメ・マンガ研究部の部員を増やし、部活動を再開するために勝負を受けることにします。

 

ここでまた一つ驚いたのが、

  • 今泉のロードレーサー:8kg
  • 坂道のママチャリ:20kg

なんと坂道は12kgも重量の重いママチャリで上り坂を上っていたんですねー。

やっぱり坂道のポテンシャル、ヤバい。

 

ママチャリで原付と並走!?

坂道と今泉は、学校の裏門へ続く上り坂2kmを含めた、全5kmのコースを勝負することになります。

ここで今泉が坂道に与えたハンデが15分。

坂道が出発した15分後に、今泉は出発すると言います。

 

サイクルコンピューター(速度や走行距離が分かる装置)をハンドルに付けてもらった坂道は、緊張しながらもスタートします。

自転車を思いっきりこいで走っている坂道は、サイクルコンピュータを見て、自分が原付と並走するくらいのスピードが出ていることに気付きます。

ママチャリって思いっきりこいだら何kmくらい出るんだろう?

でもママチャリで30km出たら、結構すごいよね!?

坂道のポテンシャルよ…

 

10分で3km地点を通過した坂道に今泉は…

順調に走る坂道。

平坦な道を終え、いよいよ学校裏門へ続く上り坂にさしかかります。

この時点で出発してから約10分。

15分のハンデを与えた今泉は、まだ出発すらしていません。

「ここで少し待った方がいいのかな…」

ふとそう思った坂道でしたが、心を鬼にして先に進むことを決意します。

 

あれ? あっさり勝っちゃう展開?? これ。

15分のハンデってちょっと多すぎだよね…

 

一番力の入るサドルの位置?

ゴールを確信して上り坂を走る坂道の背後に、今泉が迫ってきます。

今泉が出発してから10分も経たずに、今泉は坂道の後ろをとらえます。

そしてあっという間に抜かされてしまった坂道。

もう勝てないと思った坂道は、上り坂の途中で止まってしまいます。

 

そこに現れたのが2人のレースを見に来ていた寒咲 幹(かんざき みき)。

坂道に自転車から降りるように指示し、サドルを調整し始めます。

幹が大幅に上にずらしたサドルにまたがった坂道は、地面に足がつかない状態に。

でも幹は、これが一番力の入るサドルの位置だというのです。

 

ほほー、なるほど!

低いサドルの自転車に乗っていた坂道は、まだ100%の力を出していなかったということだったんですねー。

 

サドルの高さでロスする力は60%以上!?

サドルに座って膝を伸ばして、かかとがペダルに乗る高さ

これが一番早くこげる高さなんだって!

小学4年生のときからサドルの高さを変えていなかったという坂道…

それ、低すぎでしょ。

スピードをつけて上り坂を走り始める坂道に、幹がこんなことを言います。

60%。サドルの高さでロスする力の量は、60%以上だと言われているわ。

 

サドルの高さでそんなにこぐ力が変わるなんて知らなかった!

いやー、自転車って奥が深いですね!

普段何気なく乗っている身近な自転車が、こんなに面白いなんて思わなかった!!

 

自転車って奥が深くて面白い!

最近ロードバイクって周りでも流行ってるけど、なんとなくハマる気持ちが分かるような気がする。

自転車って奥が深くて面白そうだし、風を切って走るのってすごく気持ちよさそう!

私自身、ロードバイクってそんなに興味はなかったけど、このアニメの第2話を見て一気に興味持った!

いやー、久々に面白いスポーツアニメと出会いました!!

 

自転車の奥深さ、めちゃくちゃ面白いですよ!