弱虫ペダル

アニメ【弱虫ペダル】第4話「鳴子章吉」関西弁の少年が何者なのか気になる…

こんにちは、シズです。

どんどん面白くなっていく弱虫ペダル。

第4話はバリバリ関西弁の、気になる少年が出現!!

 

 

スポンサーリンク

大阪から来たバリバリ関西弁の少年「鳴子章吉」

アキバでバリバリ関西弁の少年に出会った坂道。

彼は大阪から親の転勤で最近引っ越してきた「鳴子章吉」という少年。

お店でプラモデルを買おうとしたところ、お金が足りずに坂道に千円を貸してくれないかと頼んできます。

この少年、初対面の坂道に千円借りるとかちょっとずうずうしいな(笑)

私も関西人だけど、関西人がみんなこんな風にずうずうしいわけではありませんよ。

それにしても、鳴子少年の関西弁がコテコテしすぎ(笑)

自分のことを「ワイ」とかいう高校生は多分そんなにいないと思う。。。

 

大阪は自転車の街?

大阪出身の鳴子少年、坂道に大阪は自転車の街だと話をします。

大阪には自転車の工場がたくさんあって、ママチャリもロードレーサーもいっぱい乗られているのだと。

へー、そうなんだ。大阪って自転車の工場がいっぱいあるんですね。知らなかった。

確かに大阪のおばちゃんはみんなママチャリ乗ってますよね。

(私もママチャリ乗ってます。)

 

鳴子少年の自転車愛がスゴイ

突然道路に現れたチンピラ風の男が乗った、黄色いスポーツカー。

それを見て鳴子は「カッコイイ!」 と近寄っていきます。

がしかし、チンピラ風の男がタバコを坂道の自転車の方に向かって投げた瞬間、顔色が変わります。

「おい、チャリに当たったで。」

それを聞いた男は、

「そんな汚いママチャリ、どうせ捨ててあんだろー。」

と言います。

それを聞いた鳴子はさらに怒りをあらわにし、

「捨ててないわ、ボケー!!」

と男に言い放つのです。

鳴子少年の自転車愛、スゴイですね。

でもタバコのポイ捨てはホンマに許せん。

 

車を自転車で追いかけようとする鳴子と坂道

自転車で帰り際、さきほどのチンピラが乗る黄色の車を発見した鳴子は、追いかけてタバコを突き返そうと坂道に言い出します。

歩道から車道へ飛び出し、車を追いかける鳴子、必死についていく坂道。

坂道のケイデンス(=ペダルを回す速さ)を見た鳴子は、坂道のことをオモロイやつと言います。

鳴子も本領を発揮しようとするも、そこで坂道がこう言います。

「待って。これ以上は無理!」

ここで鳴子は改めて、坂道が乗っているのはロードレーサーではなく、ママチャリだったのだと気付きます。

 

坂道のママチャリに幹がした細工とは?

「せめてギアがもう一個、アウターが付いとったら!」

鳴子は悔みます。

アウターギアが付いていれば、ギアチェンジができてペダルを重くすることができるんですねー。

変速式自転車っていうんですか? あれです、あれ。

でも普通のママチャリには変速機はついてないですよね。

 

がしかし、坂道の自転車を見た鳴子はフロントディレイラーが付いているのを見つけます。

実はこれ、同級生の自転車オタクの女子、幹(みき)がいざというときのために付けてくれたのです。

※フロントディレイラー:変速装置のこと

 

自転車に運動神経は関係ない

鳴子はギアを付けた幹のことを、

「お前をロードの世界へ引き入れようとするニオイがプンプンやで!」

と坂道に言います。

それを聞いた坂道は、体育はいつも成績が悪いからムリだと答えます。

そんな坂道に鳴子が一言、

「そんなん関係なく早うなるのが、自転車やて!」

運動神経が悪くても早くなれる可能性がある自転車、なんか夢がありますね!

自転車は身近だし、誰でも挑戦できるというところが興味深い!!

(でもロードレーサー、絶対高い。。。)

 

自転車の天敵、見えない壁とは…?

ギアチェンジをしてスピードを上げる坂道。

もうすぐで追いつきそうというところで、難関が二人を待ち受けます。

「この先は壁や!」

そう叫ぶ鳴子。

自転車の天敵、壁とは風のこと。

周りに何も遮るものがない場合、風が行く手を遮ることになるのです。

橋の上にさしかかった鳴子と坂道は、この風に遮られ、スピードを落としてしまいます。

確かに追い風と向かい風とで、自転車をこぐ楽さってすごい変わるよなー。

 

自転車の天敵、風には自転車列車で対抗!

「ワイの後ろにぴったりついてこい。一気に引っ張る!」

タイヤとタイヤがくっ付くくらい、自転車を近づけろという鳴子。

鳴子を信じ、必死で自転車を後ろにくっ付ける坂道。

すると急に、自分の周りだけ風が止んでいるように感じ、引っ張られているような感覚に。

これは、先頭を交代しながら風に対する幕を作って、スピードを維持する「列車」と呼ばれる走行方法。

この方法で坂道と鳴子は一気に加速をつけていきます。

向かい風が強いときは、誰かの後ろを走れば楽に走れるのね。

(実際はこんなピッタリくっついて走るのは無理だけど。)

 

 

坂道のポテンシャルに興味を持つ鳴子

加速をして一気に車に追いついた坂道。

そんな坂道の走りを見た鳴子は、ロードレーサーを乗らせたらもっと面白くなる、坂道に興味を持ちます。

ここまではひたすらママチャリで走り続けてきた坂道だけど、早くロードーレーサーに乗った坂道がどうなるか見てみたいですね!

ママチャリでこれだけ早く走れるって、ロードレーサーだったらどれだけ早くなるんだよ! って感じです。

それにしても鳴子少年、気になりますね!

坂道の親友候補か!? という感じもします。

 

弱虫ペダル、Huluで観ています!